メルセデスベンツAクラスのカラーと内装色!人気色のお勧めカラーは

プレミアムコンパクトカーとして人気のメルセデスベンツAクラス。今回は、デザインに風格のあるメルセデスの意匠を残すインテリアと最先端のエアロダイナミクスを持つボディーカラーについてモデル・パッケージ別にご紹介致します。

輸入車の売却なら外車マスター

あなたは、外車・輸入車の下取りどうしてますか?
スムーズな売却手続きとご契約後の入金スピードに自信があり!
査定はストレスが少ない外車マスターをお勧めします。
・出張査定可能・・・出張費用無料、キャンセル料なし!
・車両引き取り後の減額交渉一切なし!
・高い査定も多数
・外車マスターのみの電話で煩わしさがない
かんたん30秒で!まずは気軽にお見積もりから!いかがでしょうか?

メルセデス ベンツAクラスのボディーカラー紹介

メルセデスベンツAクラスのカラーをご紹介致します。

Aクラスはパッケージやグレードに関係なくカラーラインバリエーションが展開されており自由に選択が可能です。

今回はスタンダートモデルのA180/A200DとAMGラインのエクステリアでご紹介致します。

無償カラー

ポーラーホワイト

AMGライン 引用 http://www.mercedes-benz.jp/

ポーラーホワイトは清潔感のあるホワイトが魅力のカラーです。

曲線的なフォルムを持つメルセデスベンツAクラスにマッチするカラーリングで、風格を残しつつも威圧感の無い自然な仕上がりになっています。

スポンサーリンク

有償カラー

サンイエロー

32,000 円(税込)

AMGライン 引用 http://www.mercedes-benz.jp/

エネルギッシュで爽やかなイエローです。

スタンダートモデルでは陽気さを感じられるカラーですが、AMGラインの場合は装着されたエアロパーツやホイールによりAMG A45譲りのパワフルかつレーシーなイメージを持たせてくれるカラーとなっています。

Aクラスに限らず、イエロー系のカラーはラインアップ自体が珍しいカラーリングなので、オンリーワンが欲しい人にもオススメボディーカラーです。

デジタルホワイト

76,000 円(税込)

AMGライン 引用 http://www.mercedes-benz.jp/

ホワイトとグレーの中間的なカラーリングで、前述したポーラーホワイトよりも厚みと迫力のあるホワイトとなっています。

有償カラー特有のクリア層の厚さはボディー全体に迫力を与えてくれるカラーとなっています。

コスモスブラック

76,000 円(税込)

AMGライン 引用 http://www.mercedes-benz.jp/

高級感と迫力のあるブラックとなっています。

ハッチバックスタイルのAクラスに、セダンの威厳と風格を感じられるカラーとなっていて、セダンからハッチバックタイプに乗り換えという人にオススメしたいカラーとなっています。

グリルやドアサッシのメッキパーツのコントラストも美しく、高級車としてのオーラを纏っています。

デニムブルー

76,000 円(税込)

AMGライン 引用 http://www.mercedes-benz.jp/

落ち着きのある深いブルーが特徴のカラーです。

スタンダートモデルでは馴染みやすいブルーでありながらもスタイリッシュなカラーとなっていますが、AMGラインの場合はクール&スポーティーを感じられるカラーとなっており、AMG A35Sedan譲りのスポーティーな仕上がりとなっています。

イリジウムシルバー

76,000 円(税込)

AMGライン 引用 http://www.mercedes-benz.jp/

現在のメルセデスベンツのイメージカラーにもなっているシルバーです。

シルバー独特のソリッド感がAクラスのヘッドランプやボディー造形を美しく際立たせいるのが特長です。

どの車にも設定されているシルバーですが、このイリジウムシルバーは 一目でメルセデスベンツと分かるカラーに仕上がっているのもポイントです。

マウンテングレー

76,000 円(税込)

AMGライン 引用 http://www.mercedes-benz.jp/

ガンメタリックのようなグレーが特徴のカラーです。

スタンダートモデル、AMGライン共にスポーティーな仕上がりとなっています。メルセデスベンツAクラスにスポーティーさが欲しいと考えている人にオススメのカラーです。

スポンサーリンク

メルセデス ベンツAクラスの内装色!

メルセデスベンツAクラスの内装色をモデル、パッケージ別に解説致します。

スタンダードモデル

ブラック/レザーツイン パネル;カーボン調&レザー

引用 http://www.mercedes-benz.jp/

落ち着いたブラックを基調にまとめられた内装となっています。

スタンダートモデルにおいてもレザーやソフトパッドでしっかりと作り込まれた内装は、高級感と居心地の良さを与えてくれます。

引用 http://www.mercedes-benz.jp/

エアコンルーバーやインパネ、コンソールの 一部はカーボン調とメッキパーツとのコントラストも美しく仕上がっています。

AMGライン

ブラック/レザーDINAMICA(レッドステッチ) パネル:DINAMICA

引用 http://www.mercedes-benz.jp/

スタンダートモデルよりもワンランクアップした内装を持つAMGラインは、ホールド性が高められたスポーツシートが装備されています。

引用 http://www.mercedes-benz.jp/

インテリアパネルにはレザーとDINAMICAを使用したレーシーな演出がなされた内装となっています。

ステッチもレッドの物が入り、運転中もその気にさせてくれます。

※DINAMICAとは?

https://asahi-kasei-mobility.com/products/dinamica/
引用 https://asahi-kasei-mobility.com/products/dinamica/

旭化成グループが開発した人工皮革で、スウェード似た肌触りを持ちます。

表面層、中間層、裏面層の 3層で構成されており、表裏層では髪の毛の約 1/18の細さの超極細繊維が 3次元に絡み合い、中間層にはスクリムという薄手の特殊織物が寸法安定性と強度を向上させています。

自動車だけでなく航空機のシートにも採用された実績をもつ高機能な素材でかつ、リサイクル原料も使用している環境と人に優しい素材であるのもポイントです。

AMGレザーエクスクルーシブパッケージ

AMGラインから更にグレードアップしたレザーエクスクルーシブパッケージは、ツートーンカラーの本革シートとアルミニウムインテリアトリムを装着するプレミアムモデルです。

・チタニウムグレー&ブラック(本革) パネル:アルミニウム

引用 http://www.mercedes-benz.jp/

グレー&ブラックのシートとドアトリムを持ち全体的にAMGのレーシーな部分を凝縮した仕上がりとなっています。

このカラーリングだとアルミニウムパネルが非常に映える物となっています。

アルミ“調”ではなく本物のアルミを使う事で、本物のドライビング空間を肌で感じられるのが魅力の内装となっています。

・クラシックレッド&ブラック(本革) パネル:アルミニウム

引用 http://www.mercedes-benz.jp/

レッド&ブラックのシートとドアトリムを持ち、スポーティーかつスタイリッシュな仕上がりとなっています。

ブラック内装にレッドが入る事で、スポーツ一辺倒にならないメルセデスらしさを感じられるのがポイントです。

【ベンツAクラスや外車の買い替えをお考えの方へ】

ディーラーやお店の方の言いなりで車を下取りに出していませんか?

あなたの車の買取価格を後悔しない金額で、次に買う新車の頭金を増やすことができます。

あなたの愛車を最高額で売りましょう。

外車マスターならかんたん30秒で!まずは気軽にお見積もり!

    

 

メルセデス ベンツAクラスのお勧めの人気色は

メルセデスベンツAクラスのお勧めカラーを 3色ご紹介致します。

イリジウムシルバー

AMGライン 引用 http://www.mercedes-benz.jp/

カタログカラーにもなっているイリジウムシルバーはスタンダートモデル、AMGラインどちらにもオススメしたいカラーリングとなっています。

奇抜なカラーでなくとも一目でわかるカラーリングはオーナーとして非常に満足度の高いカラーだと思い選ばせて頂きました。

デニムブルー

AMGライン 引用 http://www.mercedes-benz.jp/

AMGライン装着の際におすすめしたいカラーです。

ホワイトやブラックだと迫力が付きすぎるところをこのデニムブルーはカジュアルにまとめている所が筆者としては非常に魅力を感じられた為、選ばせて頂きました。

コスモスブラック

引用 http://www.mercedes-benz.jp/

スタンダートモデルにおすすめしたいのはこのコスモスブラックです。

じっと息を潜めているようなその姿は高級車としての威厳と風格を持っています。

専用のエアロパーツに頼らずとも出せるこのオーラに魅力を感じて選ばせて頂きました。

メルセデスベンツAクラスのカラーと内装色!人気色のお勧めカラーはのまとめ

今回のご紹介は如何でしたでしょうか。

メルセデスベンツAクラスには魅力的なボディーカラーと選べるパッケージによって自由度の高い選択が魅力でした。

引用 http://www.mercedes-benz.jp/

特に、内装の仕上がりは他クラスと比較しても遜色ない仕上がりになっている所はメルセデスベンツの伝統とブランド力のなせる技だと感じました。

皆さんの車選びの参考になれば幸いです。

それでは楽しいカーライフを!

アイキャッチ画像 https://www.mercedes-benz.co.jp/