ミニバン界の帝王とも言えるアルファード。広い室内空間と高級感ある内装は高級サルーンであるセダンタイプを退いて公用車にもなるほどに進化してきました。今回はそんなトヨタ・アルファードのグレード別価格と買って後悔しないポイントをご紹介致します。

アルファード 新型はどんな車?

トヨタ・アルファードは現行モデルで 3代目となり、初代の初登場は 2002年に同社のエスティマをベースにより広い室内空間を持つミニバンとして登場しました。

引用 toyota-catalog

この頃のライバルは日産のエルグランドで、LLクラスのミニバンとして 一足先にエアロパーツや本革シートのモデルをラインアップして地位を確立していた事から苦戦を強いられましたが、タウンエースやレジアスといったアルファードの先祖とも言える車のオーナーの受け皿となった事やエスティマを起点としたミニバンブームの到来により販売は好調となり、輝かしいデビューとなりました。

引用 toyota-catalog

2代目は 2008年に登場し、初代同様にエスティマをベースとして開発されました。

先代モデルから質感が大幅に向上し、キャプテンシートだけでなく、現行モデルにもある上級キャプテンシートのエグゼクティブパワーシートがラインアップされていました。

ハイブリッドも先代の THSから現行モデルにも採用されている THSⅡとなり、動力性能が大幅に向上した他、エンジンも上級モデルに 3.5Lの V型6気筒エンジンを採用するなど力の入ったモデルとなっていました。

販売チャンネルを拡大する為、アルファードの兄弟車としてヴェルファイアも登場しました。

この頃はミニバンブーム真っ只中で、日産:エルグエルグランド、プレサージュ、ホンダ:オデッセイ、エリシオンが熾烈な争いを繰り広げていました。

引用 https://toyota.jp/alphard/

そして、2015年には現行となる 3代目が登場しました。

大きく変わったのは今までエスティマをベースに開発されていたシャシーがアルファード専用に開発された点です。

これによって今までアルファードが苦手としていた走行性能が大幅に向上し、乗り心地や静粛性といった部分で大きな進化を果たしました。

この頃でもミニバンブームは健在でしたが、トヨタのアルファード/ヴェルファイア、エスティマ、ノア/ヴォクシーといった面々がミニバン争いを制し、ミニバンという枠ではトヨタの 一人勝ち状態となっていました。

最近のSUVやトールワゴンブームの中でも好調な売れ行きをキープしています。

スポンサーリンク

アルファード 新型のグレード別価格とおすすめグレード

アルファードのグレードを価格別にご紹介致します。

ガソリンエンジン 2.5Lモデル

X

2.5L
2WD 8人乗り
3,520,000円(税込)~

4WD 8人乗り
3,774.000円(税込)~

引用 https://toyota.jp/alphard/

アルファードのベースとなるグレードで、装備は最も簡素ですがLEDヘッドライトを装備する他、フルオートエアコンを標準装備するなど不足な装備はなくコストパフォーマンスの高いグレードです。

S

2WD 8人乗り
3,864,000円(税込)~

2WD 7人乗り
3,908,000円(税込)~

4WD 8人乗り
4,119,000円(税込)~

4WD 7人乗り
4,163,000円(税込)~

引用 https://toyota.jp/alphard/

Xをベースに専用のエアロパーツ、18インチホイールを装備したモデルです。

G

2WD 7人乗り
4,539,000円(税込)~

4WD 7人乗り
4,793,000円(税込)~

引用 https://toyota.jp/alphard/

3眼のLEDヘッドライトに照明・灯火類がLEDとなり、助手席のオットマン、運転席/助手席のシートヒーター&クーラーなど内装の装備を中心にグレードアップしているアルファードのミドルグレードモデルです。

S“Cパッケージ

2WD 7人乗り
4,664,000円(税込)~

4WD 7人乗り
4,918,000円(税込)~

引用 https://toyota.jp/alphard/

Gグレードをベースに Sグレードのエクステリアを持つグレードです。

エグゼクティブパワーシートに、ステアリングヒーターなど 3.5Lのグレードと同等の装備を持つ 2.5Lで最上級グレードです。

ガソリンエンジン3.5Lモデル

GF

2WD 7人乗り
5,185,000円(税込)~

4WD 7人乗り
5,389,000円(税込)~

引用 https://toyota.jp/alphard/

Gグレードのエクステリアに 2.5LのSCパッケージと同等の装備を持つ 3.5LのV型6気筒エンジンのエントリーグレードモデルです。

SC

2WD 7人乗り
5,260,000円(税込)~

4WD 7人乗り
5,457,000円(税込)~

2.5LのSCパッケージの 3.5Lモデルです。

エアロボディに身を包んだV6エンジンのパワフルな走りが魅力のスポーティーグレードです。

Executive Lounge

2WD 7人乗り
7,269,000円(税込)~

4WD 7人乗り
7,466,000円(税込)~

引用 https://toyota.jp/alphard/

ファーストクラスのおもてなしとくつろぎの空間を提供するエグゼクティブラウンジシートを装備する豪華グレードです。

Executive Lounge S

2WD 7人乗り
7,421,000円(税込)~

4WD 7人乗り
7,619,000円(税込)~

Executive Loungeにエアロパーツを纏ったエクステリアを持つ豪華絢爛なアルファードの最上級グレードです。

ハイブリットモデルAWD 2.5L+モーター

HYBRID X

8人乗り
4,547,000円(税込)~

7人乗り
4,590,000円(税込)~

引用 https://toyota.jp/alphard/

ハイブリットモデルのエントリーグレードモデルです。

基本装備はガソリンエンジンモデルのグレードと同様です。

HYBRID S

7人乗り
4,799,000円(税込)~

Xグレードをベースにエアロパーツを装備したグレードです。

HYBRIDモデルでは車両重量の問題からホイールはエアボリュームを確保する為、17インチとなっています。

HYBRID G

7人乗り
5,344,000円(税込)~

アルファードハイブリッドのミドルグレードモデルで、基本装備はガソリンエンジンモデルのグレードと同様です。

HYBRID SR

7人乗り
5,491,000円(税込)~

HYBRID GグレードをベースにSグレードのエアロパーツを装備したグレードです。

HYBRID G“Fパッケージ”

7人乗り
5,507,000円(税込)~

エグゼクティブパワーシートを装備したワンランク上のくつろぎ空間を持つグレードです。

HYBRID SRC

7人乗り
5,654,000円(税込)~

G“Fパッケージ”にSグレードのエアロパーツを装備したグレードです。

HYBRID Executive Lounge

7人乗り
7,599,000円(税込)~

ハイブリットの静粛性とファーストクラスのおもてなしとくつろぎの空間を提供するエグゼクティブラウンジシートを装備する豪華グレードです。

HYBRID Executive Lounge S

7人乗り
7,752,000円(税込)~

HYBRID Executive Loungeにエアロパーツを纏ったエクステリアを持つ豪華絢爛なアルファードの最上級グレードです。

★特別仕様車

Sグレードをベースに専用のゴールドエクステリアパーツに加え、Sグレードでは装備されていなかった 3眼LEDヘッドライトを特別装備しています。

内装は専用のウルトラスェードのシートに加え、スマートフォンとの連携を前提としたディスプレイオーディオを標準装備している特別仕様です。

位置付けは Gグレードと Sグレードの中間ですが、価格が抑えられているコストパフォーマンスの高いグレードです。

引用 https://toyota.jp/alphard/

S”TYPE GOLD” 2.5L

2WD 7人乗り
4,240,000円(税込)~

4WD 7人乗り
4,495,000円(税込)~

HYBRID S”TYPE GOLD”

AWD 7人乗り
5,073,000円(税込)~

スポンサーリンク

アルファード 新型買って後悔しないためには

後悔したくないアルファードの中でのオススメグレードをご紹介致します。

・2.5L  2WD 7人乗り X

アルファードという高級ミニバンを 300万円台前半で入手できるのはかなり魅力的です。

引用 https://toyota.jp/alphard/

展開しているグレードは 7人乗りが主流となっていますが、8人乗りも個人的に好きです。

アルファードは室内空間が広い故に運転・助手席との会話も遠くなりがちですが、8人乗りは丁度良い距離感での会話ができるため、家族・友人と楽しい空間を作る事ができます。

また、フルフラットも 7人乗りモデルよりも快適なので、車中泊等のアウトドアにも最適です。

・3.5L Executive Lounge S

引用 https://toyota.jp/alphard/

アルファードの最上位グレードを V6エンジンで走らせる贅沢なグレード。

全シートが本革&電動式となり、極上のくつろぎを与えてくれるエグゼクティブパワーシートを装備しています。

また、エンジンはアルファードの大きなボディを暴力的なまでに加速させる 3.5LのV6エンジンと 8速AT、17インチディスクブレーキ、17インチアルミホイール、フルエアロを標準装備し、走行性能も内装の豪華さに負けていません。

ドライバーズカーとしてもショーファードリブンとしてもオーナーの所有欲を満たしてくれる至高の 一台です。

・HYBRID S”TYPE GOLD”

AWD 7人乗り
5,073,000円(税込)~

アルファードに環境性能と動力性能を追加したオールラウンドモデルの特別仕様車です。

リッターあたり 18.4kmというアルファードの中では群を抜いて良い燃費と、モーターによる 4WD(E-Four)でどんなステージもこなせる頼もしさを備えたモデルとなっています。

また、後席にはリラックスキャプテンシートを装備し、アルファードの快適さと超ロングスライドによる広大な室内空間を手に入れる事ができます。

アルファード 新型のグレード別価格と買って後悔しないためには!のまとめ

今回のご紹介は如何でしたでしょうか。

新型アルファードには豊富なグレードがラインアップされ、用途やライフスタイルに合わせて選べる所が非常にいいと思いました。

引用 https://toyota.jp/alphard/

特に後期モデルとなってからは 2.5L、ハイブリット、3.5Lの棲み分けがはっきりとしていて、グレードの良さが引き立っていると感じました。

ダウンサイジングが進む現代では自然吸気の V6エンジンモデルはこの代で最後となる可能性が高い為、余裕のある人には是非選んでもらいたい 一台です。

皆さんの車選びの参考になれば幸いです。

それでは楽しいカーライフを!

アイキャッチ画像 https://toyota.jp/alphard/

スポンサーリンク