新型シビックハッチバックは今年 2020に初のマイナーチェンジを行い、より安全で流麗なスタイルとなりました。今回はそんな新型シビックハッチバックの性能と装備についてご紹介致します。

新型シビックハッチバックマイナーチェンジのエクステリア

引用 https://www.honda.co.jp/CIVICHATCHBACK

エクステリアはワイド&ローを基調としたスポーティーなデザインとなっています。

マイナーチェンジが行われてからはフロントが更にシャープにフェイスリフトされており、より低さを感じられるようになっています。

引用 https://www.honda.co.jp/CIVICHATCHBACK

また、ATモデルに限りサンルーフがオプションで装備可能となりました。

エクステリアはもちろんの事、インテリアの質も向上させる非常に魅力的なアイテムです。

引用 https://www.honda.co.jp/CIVICHATCHBACK

ボディサイズは 全長 4,520mm/全幅 1,800mm/全高 1,435mmとなっています。

全高が 1,450mmを僅かにですが、下回っており、スタイルとしてはクーペに近いようなスポーティーな印象を受けます。

引用 https://www.honda.co.jp/CIVICHATCHBACK

全長、全幅ともに標準的なCセグメントスタイルで、取り回しは比較的し易い部類に入ります。

ホイールベースは 2,700mmとロングになっており、高速域での安定性を重視した設計になっています。

スポンサーリンク

新型シビックハッチバックマイナーチェンジのインテリア

引用 https://www.honda.co.jp/CIVICHATCHBACK

インテリアはシビックハッチバックのイメージカラーでもあるブラックで統一されています。

デザインはエクステリア同様ワイド&ローとなっており、走りを感じさせるデザインとなっています。

インパネにはソフトパッドとブラックメタルガーニッシュが装着され、上質さとスポーティーさを演出しています。

引用 https://www.honda.co.jp/CIVICHATCHBACK

特筆すべき装備は、シートヒーター付きパワーシート(運転席/助手席)、夜間でも常に視界を保てる自動防眩ミラー、燃費の他ターボの過給圧などを常時表示できるマルチインフォメーション付き液晶メーターです。

軽快な走りを愉しめるシビックハッチバックならではの装備です。

引用 https://www.honda.co.jp/CIVICHATCHBACK

ラゲッジスペースはハッチバックならではの大開口で、大きな荷物や尺のある荷物でもリアシートの可倒によって積むことができます。

こういった実用性を兼ね備えている点もホンダシビックならではですね。

新型シビックハッチバックマイナーチェンジの性能

新型シビックハッチバックは歴代のシビックと同様に実用性とスポーツ性を兼ね備えた性能を持っています。

今回はそんな新型シビックハッチバックスポーツ性能をパワートレーン、足回りの面からご紹介致します。

パワートレーン

新型シビックハッチバックのパワートレーンを下記に記します。

ATとMTモデルでエンジン特性に僅かな差がありますので、今回、ATモデルは( )で表示します。

引用 https://www.honda.co.jp/CIVICHATCHBACK

エンジン
L15C 1,500cc 直列 4気筒ターボエンジン

最高出力
182ps/5,500rpm(182ps/6,000rpm)

最大トルク
24.5kgf・m/1900-5,000rpm(22.4kgf・m/1,700-5,500rpm)

トランスミッション
6MT(CVT)

燃料(タンク容量 46L)
ハイオクガソリン

燃費 WLTC モード
16.4Km/L

スペックを見るにターボ+1,500ccのダウンサイジングエンジンで、自然吸気エンジンの 2,000cc~2,400cc並みパワーがあります。

実際に試乗した感想としても低速域からパワーがあり、MTでも非常に運転しやすかったです。

また、低中速トルクが豊富なこの手のエンジンにありがちな高回転域のもっさり感もなく、VTECのおかげで高回転まで綺麗に吹け上る所もスポーツドライビングをする上で非常に大きなアドバンテージであると感じました。

引用 https://www.honda.co.jp/CIVICHATCHBACK

エンジンのポテンシャルはこれでもまだ多くのマージンを取っているようで、北米で販売されているシビックハッチバックタイプSIでは同型のエンジンで 205ps/5,700rpm、26.5kgf・m/2,100-5,000rpmと出力レベルだけで見るならば歴代のタイプRモデルをも凌ぐ高性能となっています。

日本国内においてはチューニングマーケットが盛んな事もあり、現状で北米モデルと同等のスペックを持つチューニングメニューも手ごろな価格で登場しています。

このことからチューニングベースとしても非常に優秀な事から、タイプRほどの性能は要らないけど、スポーツ走行をしたい、自分でチューニングをしたいという方にもオススメです。

シャシーパフォーマンス

引用 https://www.honda.co.jp/CIVICHATCHBACK

新型シビックハッチバックは新世代シャシーのおかげで、高い接地点横剛性を持っています。

さらに操縦安定性に優れるサスペンション、スポーティーで安心感のあるステアフィールを生むデュアルピニオンアシストEPSなどを採用し、ジオメトリー変化の少ないリニアなハンドリングを生んでいます。

標準装備されるのは18インチの 235/40タイヤで、剛性不足を感じさせる事無く、見事に履きこなしており、「アウトバーンでの速度域でも愉しめるハンドリング」というコンセプト通りの走りが期待できます。

スポンサーリンク

新型シビックハッチバックマイナーチェンジの安全装備

新型シビックハッチバックは 2020年 1月に行われたマイナーチェンジにより、全車にホンダセンシングが標準装備となりました。

MTモデルにも遂に標準装備となっている点は未来の、先進的なスポーツカーの姿とも言えます。

引用 https://www.honda.co.jp/CIVICHATCHBACK

以下にホンダセンシングの機能の一覧をご紹介致します。

衝突軽減ブレーキ
前走車、対向車、歩行者の衝突回避を支援

歩行者事故低減ステアリング
歩行者との衝突回避をステアリングと音で支援

レーンキーピングアシスト
車線内を走行できるようにステアリング操作を支援

ACC(アダプティブクルーズコントロール)
適切な車間距離を保ち運転負担を軽減

先行車発車お知らせ機能
停車時に先行車が発進した事をお知らせ

標識認識機能
標識の見落とし防止を行い安全運転を支援

オートハイビーム
対向車、前走車を検知して自動でハイ/ロービームを切換え

現代に求められている運転支援機能が盛り込まれていると言えるパッケージです。

これらの機能は任意での ON/OFFが可能で、表示のアイコンはメーターのインジケーターに表示されます。

ホンダ車全般に言える事ですが、他社と比較してメーターのアイコンが見やすく、運転の妨げにならず、自然に安全装備を使えるというのは非常に大きなメリットと言えます。

新型シビックハッチバックマイナーチェンジの価格

新型シビックハッチバックにはグレードが存在せず、単一のハッチバックがラインアップされています。

選択可能なのはトランスミッションが ATである CVTと MTである 6MTのみです。

価格は 2,948,000円~(税込)です。

引用 https://www.honda.co.jp/CIVICHATCHBACK

この車両価格にカーナビなどの装備を付けた場合、乗り出しでおおよそ 350万円程となるでしょう。

装備内容から見るとコストパフォーマンスは中の上といったところでしょうか。

6MTが選択可能という点で考えるとライバル車達(マツダ3、カローラスポーツ、ノートニスモ)と比較して動力性能、質感共にアドバンテージがあり、チューニングベースとしてもターボエンジンモデルである事から優秀であると言えます。

新型シビックハッチバックマイナーチェンジはいかに?内外装と性能装備まとめ

引用 https://www.honda.co.jp/CIVICHATCHBACK

今回のご紹介は如何でしたでしょうか。

新型シビックハッチバックは乗っていて楽しくかつ、実用性もあるスポーツハッチバックとしてのポテンシャルが高いと思いました。

また、内装の質も良く、運転して・乗っていて心地よい室内空間を得られます。

特にマイナーチェンジ後から設定されたサンルーフはインテリアとエクステリアの双方で車の車格をグッと引き上げているので、余裕のある方は是非検討して頂きたいオプションです。

皆さんの車選びの参考になれば幸いです。

それでは楽しいカーライフを!

アイキャッチ画像https://www.honda.co.jp/CIVICHATCHBACK/

スポンサーリンク