フィアット500のグレード別価格と個性的内外装とメリットとデメリット!

イタリア発の人気コンパクトカーであるフィアット500(チンクエチェント)はそのデザインと小回りの利くコンパクトさから世界中で愛されている名車となっています。今回はそんなフィアット500の個性的な内外装についてグレード別に解説します。

輸入車の売却なら外車マスター

あなたは、外車・輸入車の下取りどうしてますか?
スムーズな売却手続きとご契約後の入金スピードに自信があり!
査定はストレスが少ない外車マスターをお勧めします。
・出張査定可能・・・出張費用無料、キャンセル料なし!
・車両引き取り後の減額交渉一切なし!
・高い査定も多数
・外車マスターのみの電話で煩わしさがない
かんたん30秒で!まずは気軽にお見積もりから!いかがでしょうか?

フィアット500(チンクエチェント)はどんな車

今回紹介するフィアット500は初登場が 1936年という歴史のある 一台です。

引用 https://www.fiat-auto.co.jp/about500/

二代目モデルは日本ではルパン三世の愛車の 一台として高い知名度を誇る名車となっています。

丸みを帯びた独特なデザインからくるその愛くるしいデザインから各モデルに世界中で愛好者を持つ人気モデルです。

https://www.fiat-auto.co.jp/500

最新モデルとなる 3代目は初代モデルからの登場 50周年を記念して発売されたモデルとなっています。

内外装のデザインは歴代モデルをリファインしたデザインとなっています。

デザインはもとより使いやすさや走行性能にも高い評価を得ていて、フィアットを支える 一台となりました。

スポンサーリンク

フィアット500(チンクエチェント)のグレードと価格

フィアット500のグレードと価格をご紹介致します。

500 1.2 CULT(チンクエチェント 1.2 カルト)

2,221,000 円(税込)~

引用 https://www.fiat-auto.co.jp/about500/

ベーシックモデルとして位置付けられているグレードです。

オーディオシステムやエアコン空調などの基本装備を備える他、フロント&サイドエアバッグなどの安全装備は後述する上級グレードと同等の装備を備えています。

引用 https://www.fiat-auto.co.jp/about500/

また、このグレードでは唯一の 1,200cc自然吸気エンジンを備えている点もポイントです。

馬力は上級グレードのターボエンジンに劣りますが、約 300ccの余裕からくる扱いやすさと素直な出力特性は街乗りにおいて快適なドライブを提供します。

コンバーチブルモデル 500C CULT
2,850,000 円(税込)~

引用 https://www.fiat-auto.co.jp/about500/

コンバーチブルモデルとして開放感をカジュアルに楽しめるモデルです。

サンルーフとは異なり、ソフトトップの天井が開閉するカブリオレモデルは格段の開放感を与えてくれます。

フィアット500(チンクエチェント)の丸みを帯びたデザインの副産物でもある空力の良さもあり、走行中に開放しても風切り音や入ってくる乱流も少なく、快適なドライブが可能です。

500 TWINAIR CULT(チンクエチェント ツインエア カルト)

2,400,000 円(税込)~

引用 https://www.fiat-auto.co.jp/about500/

基本的な装備はCULTと同じですが、エンジンが上位グレードと同じ 875ccのターボエンジンを搭載しており、1,200ccの自然吸気モデルと比較して 16馬力、燃費で 1.2km/L向上させた刺激のあるエンジンとなっています。

500 TWINAIR DOLCEVITA(チンクエチェント ツインエア ドルチェヴィータ)

2,800,000 円(税込)~

引用 https://www.fiat-auto.co.jp/about500/

インテリア、エクステリアに専用パーツを装着した上級グレードとなります。

エクステリアでは 15インチアルミホイール、明るいキセノンヘッドライト、フロントフォグランプを装備する他、グリル周りを中心にメッキパーツを装備しており、他グレードと比較しても高級感を感じられる仕上がりとなっています。

引用 https://www.fiat-auto.co.jp/about500/

内装もブラック&アイスのエレガントな仕上がりとなり、プレミアムコンパクトカーとしての風格を持っています。

コンバーチブルモデル 500C TWINAIR DOLCEVITA
2,900,000 円(税込)~

引用 https://www.fiat-auto.co.jp/about500/

開放感を持つコンバーチブルモデルのプレミアムモデルです。

パワーアップしたエンジンと共に特別な空間を手に入れましょう。

フィアット 500(チンクエチェント)の個性的内外装

フィアット500の個性的な内外装について解説致します。

フィアット500(チンクエチェント)の個性的な外装について

外装は先述した通り、歴代モデルを踏襲した物となっています。

丸みを帯びて愛らしさを強調しつつも、クーペスタイルに加えて張り出したフェンダーやバンパー下部のエンドはエッジを利かせる事でスポーティーさも感じられるデザインとなっています。

引用 https://www.fiat-auto.co.jp/500-pop

この辺りのバランスは輸入車、特にフランスやフィアットのようなイタリア車は非常にバランスが取れており、国産車にはない雰囲気があるのも特長です。

フィアットの500(チンクエチェント)の個性的な内装について

フィアット500の内装は外装同様に丸みのあるデザインとなっています。

引用 https://www.fiat-auto.co.jp/

雰囲気はレトロですが、ボタン類をセンターに対象に配置する事で始めてでも使った事のあるような馴染みやすい作りこみがなされています。

引用 https://www.fiat-auto.co.jp/

シートはサイドサポートが高めに作られており、コンパクトボディーの短いトレットからくるクイックなハンドリングに対応しています。

【今乗っている外車の買い替えをお考えの方へ】

ディーラーやお店の方の言いなりで車を下取りに出していませんか?

あなたの車の買取価格を後悔しない金額で、次に買う新車の頭金を増やすことができます。

あなたの愛車を最高額で売りましょう。

外車マスターならかんたん30秒で!まずは気軽にお見積もり!

    

フィアット500(チンクエチェント)のメリットとデメリット

フィアット500についてのメリットとデメリットについてご紹介致します。

フィアット500のメリット

最大のメリットはそのデザイン性にあり、内外装共に他の車にはない独特のデザインをしています。

日々の足としても休日のドライブにも楽しさをプラスしてくれるそんな +αがこの車にはあります。

引用 https://www.fiat-auto.co.jp/about500/

加えて、走行性能も高くコンパクトなボディーとホイールベースを活かしたキビキビとして走りが魅力です。

フィアットは過去にラリーに積極的に参加してきた過去を持ち、今でもそのDNAは各モデルに受け継がれています。

フィアット500もその例に漏れず、シャシー性能の良さや車両の完成度の高さからアバルト595のベース車両にもなっています。

フィアット500のデメリット

フィアット500のデメリットはコンパクトカーとして抱える問題が主な点です。

コンパクトカーとしてのボディーサイズを持ちますが、3ドアクーペとなっている事でドアの開閉は普通車と変わらない物となっています。

見た目より使ってみると大きいと感じる事が多い場面に遭遇すると思います。

引用 https://www.fiat-auto.co.jp/

また、ダウンサイジングエンジンである 875ccターボのTWINAIRエンジンは 2気筒エンジンとなっており、パワーや出力特性に優れるメリットがありますが、振動と作動音が大きくなるというデメリットを抱えている為、静粛性を求める人は 1.2Lエンジンモデルを選ぶのが無難と言えます。

スポンサーリンク

フィアット500のグレード別価格と個性的内外装とメリットとデメリットのまとめ

今回のご紹介は如何でしたでしょうか。個性的なデザインを内外装に持つフィアット500はコンパクトカーとしてデザイン、走りが楽しい 一台でした。

引用 https://www.fiat-auto.co.jp/about500/

オシャレな内装を持ちつつも使いやすさがあったり、愛らしいフォルムを持ちつつもしっかりとした走行性能があったりと確かなモノがこの車にはあると感じました。

皆さんの車選びの参考になれば幸いです。

それでは楽しいカーライフを!

アイキャッチ画像 https://www.fiat-auto.co.jp/500/

関連記事🔗フィアット500 のボディカラーと内装色!人気のカラーは?

スポンサーリンク