新型トヨタGR86/スバルBRZの違いは?比較してみて分かった事

人気スポーツカーである 86/BRZがフルモデルチェンジされる事になりました。今回の開発もトヨタとスバルがタッグを組んでおり、兄弟車としてリリースされる予定となっています。今回はそんなトヨタ86/スバルBRZを比較とご紹介を致します。

トヨタGR86とスバルBRZとは

トヨタ86とスバルBRZの販売は 2012年から始まり 2020年 年内に販売を終了したスポーツカーです。

程よいサイズのクーペボディにスバルの水平対向エンジンを持つFRというパッケージングを持っており、価格も 300万円台であった事から人気を博したスポーツカーとして成功を納めました。

引用 https://gazoo.com/

両者は兄弟車という形となり、基本的なプラットフォームを共有しており、価格帯はもちろんの事、性能面に関しても差が無いのが特徴です。

引用 https://trd-motorsports.jp/

スポーツカーという現代ではあまり市場の大きくないカテゴリーではありますが、この 2台が業界に与えた影響は非常に大きく、モータースポーツにおいてはジムカーナ、ワンメイクレースBGR、全日本ラリー、スーパーGTとジャンルを問わず参戦しており、その他自動車競技においても 86/BRZは存在感を示していました。

引用 https://www.hks-power.co.jp/

また、アフターパーツを手掛けるメーカーからも様々なパーツが販売され、前述した競技シーンだけでなく、走行会などの趣味として車を走らせるユーザーにも人気を博していました。

引用 https://toyotagazooracing.com/jp/gr/86/

そんな 86/BRZは初登場から 9年が経ち、フルモデルチェンジのアナウンスがトヨタとスバルから発表されました。

スポンサーリンク

トヨタGR86とスバルBRZの内外装の違い

新型トヨタGR86とスバルBRZの内外装の違いについてご紹介致します。

内装

内装に関しては今のところメーター意匠以外で、86とBRZで大きな違いはありません。

引用 https://toyotagazooracing.com/

メーターはディスプレイ式となり、それに伴ってアニメーションが異なり差別化が図られています。

全モデルの 86/BRZの内装ではカローラをベースにしているようなトヨタ感がありましたが、新型の内装はスポーティーかつスパルタンな印象でどちらかというとスバルの雰囲気を感じます。

引用 https://www.subaru.jp/brz/

サイドブレーキも従来通りレバー式を採用しており、内装にスポーティー感を与えると共に、競技シーンにおけるサイドブレーキの使用やブレーキパット交換等の整備性が高められています。

外装

新型の86/BRZは細部デザインこそ異なりますが、基本的な骨格は同じです。

引用 https://www.subaru.jp/brz/

新型モデルでは力強いフェンダーラインと共に先代から更に磨き上げられた空力性能を持つボディが与えられています。

ボディサイズは全長 4,265mm(+25mm)×全幅 1,775mm(±0mm)×全高1,310mm(-10mm)となっています。

引用 https://www.subaru.jp/brz/

フロントは先代の意匠を感じられるフェンダーデザインで、設けられたエアダクトはブレーキ冷却とタイヤハウス内を負圧にし、高速域でのリフトを低減しています。

引用 https://toyotagazooracing.com/

86GRでは低重心の車両姿勢をイメージさせるデザインで、ヘッドライト、グリル、エアダクトのデザインをGRデザインに沿った形で表現されています。

引用 https://toyotagazooracing.com/

スバルでは伝統のヘキサゴングリルを装着し、ボクサーエンジンからなる低重心をイメージしたデザインとなっています。

引用 https://www.subaru.jp/brz/

リア周りは 一文字となったテールランプが印象的で、デザインと共にシャープになった印象を受けます。

テールゲートはダックテールを内包したようなデザインとなっており、スポイラーレスの状態でもダウンフォースを発生させる他、別途ウィングを付けた際にも整流といった形で空力性能を高めてくれます。

トヨタGR86とスバルBRZのグレード毎の新車価格は?

現時点では新型GR86/BRZのグレード構成や価格については判明しておりません。

そこで、価格設定を大胆に予測してみました。

スバル・BRZ

引用 https://toyotagazooracing.com/

BRZは現段階では新型の通常モデルの発表にとどまっています。

現行モデルでは 260万円~ 450万円という価格帯で販売されています。

新型となり、アップグレードされたエンジンやボディを考慮すると価格は 50万円程のアップが予想されます。

ですので、価格は 290万円~ 400万円と予想します。

内訳はエントリーグレードが 290万円~、ミドルモデルが 320~ 350万円、最上級グレードが 400万円の予想です。

筆者の正直な気持ちとして価格上昇は 30万円程に納めてもらいたいのが本音です。

86GR

500万円~

引用 https://toyotagazooracing.com/

発表されている 86GRは、トヨタ86の中でもトップグレードに位置するグレードと予想します。

GRシリーズにもトップをGRMNとして様々なレベルでのチューニングが施されたモデルがありますが、今回発表された 86GRは写真を見る限りでは変更点はエアロパーツに限られている為、ベースグレードとの価格差は 50万円程と予想しました。

アクセサリーパーツが発表されているSTIモデルも同様に価格になりそうです。

スポンサーリンク

トヨタGRとスバルBRZの安全性能は

スバルBRZにはATモデルにアイサイトの標準搭載が発表されています。

MTについてもオプションやグレードによっては 一部搭載されるでしょう。

MTモデルにおいてもWRXSTIの前例があるので、機能や性能は担保されているので安心できます。

引用 https://www.subaru.jp/brz/

トヨタに関してもToyota Safety Senseが用意され、快適で安全なドライビングをサポートされる事が予想されます。

ATモデルは通常通りで、MTに関してはGRヤリスやカローラスポーツといった車種に搭載されている物と同型の物が搭載されると予想します。

トヨタGRとスバルBRZの走行スペックは?

新型となって大きく進化した走行スペックは排気量が 400cc程拡大された 2,400ccの水平対向エンジンです。

引用 https://www.subaru.jp/brz/

最高出力が向上しただけでなく、中間トルクも太くなり 0-100km/h加速は現行モデルより 1秒以上短縮する 6.3秒となり、スポーツカーとして申し分ない動力性能を持っています。

引用 https://www.subaru.jp/brz/

車両の重量増は現行モデル比較で、50kg程度となっていますが、強靭になったボディ(フロント横曲げ剛性は約 60%、ねじり剛性は約 50%アップ)とパワーアップされたエンジンを考慮するとトータルでの運動性能は向上しています。

更に新型ではボンネット、フェンダー、ルーフがアルミ製となり、重量マスの集中に大きく貢献しています。

引用 https://toyotagazooracing.com/

足回りではGR86とスバルに味付けの違いがあり、GR86ではFRスポーツを楽しむ為のキビキビとした走りを楽しむ事ができ、ドリフト状態においても積極的にアクセルで車体をコントロールできる仕様となっています。

引用 https://www.subaru.jp/brz/

BRZは上質な走りを目指して作られており、どっしりと安定した限界の高い足回りとなっています。

それでもFRらしいコントローラブルさは残っており、走るたのしさを存分に味わえるモデルとなっています。

新型トヨタGR86/スバルBRZの違いは?比較してみて分かった事のまとめ

今回のご紹介は如何でしたでしょうか。

新型トヨタ86GRとスバルBRZは現行モデルから大きく進化を遂げており、走る楽しさを存分に味わえるモデルであると感じました。

引用 https://toyotagazooracing.com/

また、先代モデルよりも 86とBRZの差別化が進んでおり、販売チャンネルだけでなくしっかりと別の車として選べるところも嬉しいポイントだと思いました。

今回のフルモデルチェンジにより動力性能が大幅に向上した事でアフターパーツやモータースポーツにおいても業界を大いに盛り上げてくれる 一台となりそうです。

皆さんの車選びの参考になれば幸いです。

それでは楽しいカーライフを!

引用 https://toyotagazooracing.com/

スポンサーリンク