ダイハツ ハイゼットジャンボ軽トラが人気!価格と安全装備と快適性

デビューから 60周年を迎えたハイゼットは、荷物を運ぶ働く人たちの仲間・相棒として愛用されてきました。中でもハイゼットジャンボは広い荷台と快適なリクライニングシートを装備した快適仕様となっています。今回はそんなダイハツハイゼットジャンボをご紹介していきます。

ダイハツ ハイゼット「ジャンボ軽トラ」が人気の訳

ダイハツハイゼットジャンボの人気の秘訣をポイント別にご紹介致します。

ポイント ① : 快適な室内空間

引用 https://www.daihatsu.co.jp/lineup/truck/

ハイゼットジャンボはベースとなったハイゼットよりもルーフを 90mm、キャビンを 270mm<拡大した事で、リクライニングシートを採用して広々とした室内空間となっています。

シートの質感も通常の軽トラの簡易的な物でなく、乗用車のようにスライドも可能でしっかりとしている為、中・遠距離による移動においても運転手の疲労を軽減してくれます。

シート後方のシートバックスペースも便利で、長尺物を収納できる他、荷台には載せられないような荷物にも対応できる柔軟なスペースとなっています。

ポイント ② : 充実した各種装備

ハイゼットジャンボはハイゼットの上位版としての位置付けとなっている為、充実した装備が魅力となっています。

引用 https://www.daihatsu.co.jp/lineup/truck/

外装の装備ではヘッドライトとフォグランプがLEDとなり、夜間においても快適で安全な視界を確保してくれる他、内装ではリアウィンドウがスモークガラスに、エアバッグはデュアルエアバッグとなり、乗員への配慮がなされた装備が標準装備となっています。

ポイント ③ : 選べる駆動方式とミッション

引用 https://www.daihatsu.co.jp/lineup/truck/

駆動方式は軽快な 2WDと、悪路に強い 4WDが選択可能な他、トランスミッションは 4ATと 5MTが選択可能となっています。

駆動方式とトランスミッションの組み合わせは運転手の好みだけでなく、使用する環境によっても変化するので、自由に選択できるメーカーの柔軟な対応は有り難いポイントと言えます。

スポンサーリンク

ダイハツ ハイゼットジャンボの価格は

ダイハツハイゼットジャンボの価格をグレード別にご紹介致します。

ジャンボ

2WDモデル

5MT
1,116,500円(税込)∼
4AT
1,215,500円(税込)∼

4WDモデル

5MT
1,270,500円(税込)∼
4AT
1,369,500円(税込)∼

引用 https://www.daihatsu.co.jp/lineup/truck/

ハイゼットジャンボのエントリーグレードモデルです。

ベースグレードながらも装備はハイゼットよりも充実しており、LEDヘッドライト&フォグランプの他、キーレス、内装ではデュアルエアバッグとUVカットガラスとリアウィンドウにスモークガラスを装備するなど、室内空間に重きを置いた装備が充実しているのが魅力です。

ジャンボ “SA Ⅲt”

2WDモデル

5MT
1,177,000円(税込)∼
4AT
1,276,000円(税込)∼

4WDモデル

5MT
1,331,000円(税込)∼
4AT
1,430,000円(税込)∼

引用 https://www.daihatsu.co.jp/lineup/truck/

べースのジャンボに運転支援機能であるスマートアシストがついたモデルとなっています。

各種運転支援機能がついている為、長距離や自動車の多い市街地に出る事が多いユーザーにオススメのグレードです。

ダイハツ ハイゼットジャンボの安全装備

上位グレードであるジャンボ “SA Ⅲt” には運転支援機能であるスマートアシストが標準装備されており、多方面でドライバーをサポートしてくれます。

自動ブレーキ

引用 https://www.daihatsu.co.jp/lineup/truck/

障害物と人に段階的に反応してブレーキをアシストしてくれる機能です。

誤発進抑制機能

引用 https://www.daihatsu.co.jp/lineup/truck/

前後の誤発進を防止してくれる機能で、障害物を検知した際に必要以上にアクセルを踏んだ際にスロットを絞り、音声と共に急発進を抑制してくれる機能です。

車線逸脱警報機能

引用 https://www.daihatsu.co.jp/lineup/truck/

約 60km/h以上で白線を検知した際にドライバーへ警報して、車線の逸脱を促します。

先行発進お知らせ機能

引用 https://www.daihatsu.co.jp/lineup/truck/

信号待ちなどで先行車が発進した際に自車が停止し続けていると音声で先行車の発進をお知らせします。

バックソナー

引用 https://www.daihatsu.co.jp/lineup/truck/

後方の障害物を段階的に警告する機能です。荷台に荷物を積んだ際には頼もしい機能です。

スポンサーリンク

ダイハツ ハイゼットジャンボの快適性と実用性

ダイハツハイゼットジャンボは普通車と同様のリクライニングシートを備えている為、室内空間は快適です。

引用 https://www.daihatsu.co.jp/lineup/truck/

シートは撥水素材でできており、現場で働く作業者をサポートしてくれます。

引用 https://www.daihatsu.co.jp/lineup/truck/

荷台においても広大なスペースがあり、多彩な荷物を運搬する事が可能です。

また、ボディには表面積 100%に防錆鋼板(亜鉛メッキ鋼板)を使用し、海でのお仕事も力強くサポートしてくれます。

また、メーカーオプションでアンダーコートと厚メッキによるストロング防錆パック( 27,500円 )もラインアップされています。

引用 https://www.daihatsu.co.jp/lineup/truck/

走行性能の高さも魅力で、軽トラックでは最小の小回り性能 3.6mとなっている他、燃費性能もAT車で  13.2km/L、MT車で 15.3km/Lとなっています。

この燃費性能は 2WDと 4WDでも同等となっていて、パートタイム 4WDの完成度の高さも見逃せません。

ダイハツ ハイゼットジャンボ軽トラが人気!価格と安全装備と快適性のまとめ

今回のご紹介は如何でしたでしょうか。

ダイハツハイゼットジャンボは快適な室内空間と高い利便性を持つ車であると感じました。

仕事の相棒として様々な利便性を持つだけでなく、駆動方式やトランスミッションに関係なく運転支援機能を柔軟に装備する所は仕事で使う車だからこそのポイントだと思いました。

皆さんの車選びの参考になれば幸いです。

それでは楽しいカーライフを!

アイキャッチ画像 https://www.daihatsu.co.jp/lineup/truck/

スポンサーリンク