日産に新たな仲間が登場しました。コンパクトSUVのその名は日産キックス。海外を中心に発売されていた車ですが、2020年 6月に日産の最新技術を搭載して堂々の日本上陸を決めました。今回はそんな日産キックスの装備をご紹介致します。

日産新型キックスとは?

日本国内では過去にパジェロミニのOEM車の名前で販売されていたキックスですが、今回の発売で実に 8年振りの発売となります。

引用 https://www3.nissan.co.jp/

海外では 2016年から現行モデルが発売され、南米・アジア圏を中心に人気を集めており、今年 2020年 6月に日本で正式に発売されました。

国内よりも海外に先行発売されたのは、様々な装備のテストや国内における他社コンパクトSUVの売れ行きを見計らっていたものと思われます。

ライバルはサイズと装備から、トヨタ・C-HR、ホンダ・ヴェゼル、マツダ・CX-30と各社の売れ筋モデルがひしめき合う中での登場となります。

引用 https://www3.nissan.co.jp/

ボディサイズは全長 4,290mm ×全幅 1,760mm ×高さ 1,610mmと国内において非常に取り回しのし易い 5ナンバーサイズです。

海外ではボディの全長が、セグメントの分類となっていますが、国内では車幅が重要視されるので 1,800mm以下であるという点は非常に評価できます。

引用 https://www3.nissan.co.jp/

加えてこのボディ形状はスペースとデザインとのバランスが取れており、見た目と使いやすさの両立が図られています。

引用 https://www3.nissan.co.jp/

内装はレザーを使ってシックにまとめられており、質感の高さはライバルに引けを取りません。

後席のヘッドクリアランス・フットスペースも広く取られていて快適です。

引用 https://www3.nissan.co.jp/

日本仕様の日産キックスの特徴は、e-power専用モデルであるという事とグレードを内装のアップグレードに留めた 2モデルで装備という所です。

価格は Xが 2,759,900円~(税込)、オレンジのツートンインテアモデルが 2,869,900円~(税込)となっています。

グレード数を絞る事で、モデルの装備充実をさせる日産の手法により、全車にプロパイロットを始めとする先進の運転支援機能を標準装備としました。

使いやすさと先進技術、そしてe-powerの3つが日産キックスの鍵と言えます。

スポンサーリンク

日産新型キックスにプロパイロット等全車標準装備が充実

キックスには先進の運転支援機能が標準搭載されています。

以下に装備の一覧を記します。

プロパイロット

引用 https://www3.nissan.co.jp/

巡航運転時・渋滞等の低速走行時にアクセル、ブレーキ、ステアリングをアシストします。

またプロパイロットにはオートクルーズ機能もあるので、前後の車両間隔と車線のキープも行います。

エマージェンシーブレーキ

引用 https://www3.nissan.co.jp/

走行中に前方のクルマや人を検知。

ぶつかる可能性が高まると表示とブザーでドライバーに回避操作を促します。

万一、ドライバーが安全に減速できなかった場合には、ブレーキを作動させて衝突回避をアシストします。

車線逸脱装置

LDW(車線逸脱警報)は、意図せず走行車線を逸脱しそうな場合、メーター内ディスプレイへの警報表示とステアリング振動で注意を喚起。

さらに、インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)が車線内に戻す方向に力を短時間発生させ、ドライバーがクルマを車線内に戻す操作を促します。

引用 https://www3.nissan.co.jp/

DA(ふらつき警報)

ハンドル操作から運転者の注意力が低下していると判断したときに、メーター内のディスプレイ表示とブザーによりドライバーに休憩を促します。

低速加速抑制機能(前進時 / 後退時)

引用 https://www3.nissan.co.jp/

ブレーキペダルと間違えてアクセルペダルを踏み込んだ場合に、エンジン出力を抑制しブレーキを制御。

壁やコンビニなどのガラス、人との衝突回避をアシストします。

フロント&バックソナー

車速約 10km/h以下で前進中にソナーが障害物を検知した場合は、ソナー表示とブザーでドライバーに注意を促します。

オートハイビーム

先行車や対向車のライト、道路周辺の明るさに合わせて、ハイビームとロービームを自動で切り替えます。

手動で切り替えるわずらわしさと、切り替え忘れによる先行車や対向車へのうっかりハイビームがなくなります。

ヒルスタートアシスト

引用 https://www3.nissan.co.jp/

上り坂での発進時、ブレーキペダルからアクセルペダルへと足を踏み替える間は、クルマがブレーキ力を2秒間維持。ゆっくり落ちついて、ペダルを踏み替えられます。

これまでの運転支援機能の性能の引き上げと統合が行われており、より使いやすく、高精度になっています。

これらの機能は運転手の負荷軽減と共に、危険運転を根本から抑止できる装備となっています。

スポンサーリンク

あおり運転や緊急時に便利「SOSコール」も全車装備

引用 https://www3.nissan.co.jp/

交通事故や急病などの緊急時に、位置情報、センサー情報とともに、専⾨のオペレーターが消防指令センターや警察へ迅速に連絡。

緊急⾞両の⼿配のサポートをします。また、あおり運転に遭遇した場合などでも⼿動で通報できます。

引用 https://www3.nissan.co.jp/

近年問題になっている煽り運転や危険運転に遭わない運転も大切ですが、いざというときにはあると安心できますね。

エアバッグの展開時や衝突センサーの状態によってもデータベースとオペレーターの判断により、ボタンを押さなくても自動的に公共機関に連絡を取ってくれるサービスです。

SOSコールは元々、高級車向けのサービスでしたが時が経ってこのように普及してくれたのは技術の進歩と安全への関心が高まってきていると感じています。

日産新型キックス標準装備にプロパイロット等、先進安全技術を搭載!まとめ

今回のご紹介は如何でしたでしょうか。

日産新型キックスは使いやすさとスタイリッシュなスタイリングを持ち、先進の運転支援機能が標準装備されている次世代の SUVという印象を持ちました。

引用 https://www3.nissan.co.jp/

SUVブームにおけるデザイン重視と運転支援機能の充実が図られる現代の車の総集編ともいうべき一台なので、長く乗りたい一台であると筆者は感じました。

今後のスポーツモデル(NISMO)や、SUVデザインが活きるAWDモデル等のラインアップに期待がかかります。

皆さんの車選びの参考になれば幸いです。

それでは楽しいカーライフを!

関連記事🔗日産新型キックスのボディカラーは?評判のお勧めカラーと内外装!

アイキャッチ画像 https://www3.nissan.co.jp/

スポンサーリンク