新型ミニクーパーの価格・値段をグレード別に紹介!2019

輸入車の中でも知名度と人気が高いミニクーパー。2019年上半期の輸入車新車販売台数でも 1位はミニで 6期連続トップとなりました。ミニクーパーは 5つのボディタイプがあり、ラインアップも豊富です。今回はそんな ミニクーパーの価格・値段をグレード別にご紹介いたします。

新型ミニクーパーの値段は?

新型ミニクーパーは、5つのボディタイプと最低 3以上のグレードがラインアップされています。

以下にボディタイプと価格帯をご紹介します。

※MINIモデルの希望小売価格 2020年 5月 2日付け変わりました。

※MINI 3 DOOR / 5 DOOR モデルの希望小売価格 2020年 10月 1日付けで変わりました。

3ドアタイプ
2,670,000~4,700,000円

引用 https://www.mini.jp

歴史あるミニクーパーの 3ドアタイプです。

ミニクーパーと言えばこのシルエットを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

また、全てのグレードでマニュアルミッションを選択が可能で、スポーツユーザーは勿論の事、マニュアル車を乗り継いでいる方にもオススメのタイプです。

5ドアタイプ
2,840,000〜4,200,000円

引用 https://www.mini.jp

3ドアタイプのミニクーパーのホイールベースを延長してゆとりの空間を手に入れた 5ドアタイプです。

初代のミニクーパーと比較して大きなボディとなった事から用意されたモデルで ミニクーパーの正常進化といっていいでしょう。

後席に人を乗せる機会が多い方にオススメのモデルです。

コンバーチブル
3,810,000 〜5,400,000円

引用 https://www.mini.jp

3ドアタイプミニクーパーのオープンモデルです。

ソフトトップを開けた太陽の日差しと爽やかな風、開放感は他のモデルにはない一味違った愉しみが広がっています。

さらにオープンの際には犠牲になってしまうラゲッジスペースも 50 : 50のセカンドシートを倒す事で長尺物も積載可能となっており、実用性も兼ね備えたオープンモデルとなっています。

クラブマン
3,350,000 〜5,690,000円

引用 https://www.mini.jp

一回り大きくなったミニクーパーのワゴンタイプです。

大きくなったボディによりゆとりのある室内空間と、ラゲッジスペースを確保されています。

最上級グレードでは 4WDモデルも用意されており、安定したドライビングが可能となっています。

また、全高が 1,500mm以内 (1,470mm)に抑えられているため都内の機械式駐車場にも駐車が可能なのもポイントです。

クロスオーバー
3,500,000 〜6,070,000円

引用 https://www.mini.jp

オーバーフェンダーにより、ワゴンよりもボディがワイド化されたモデルです。

殆どのグレードで 4WDが選択可能となっており、名実共に走破性の高められたモデルとなっています。

また、クロスオーバーモデルは ミニクーパーで唯一の PHEV ( プラグインハイブリッド ) モデルがラインアップされており、4WDによる力強い走りによるエモーションと高い燃費を実現したテクノロジーが融合した一台となっています。

スポンサーリンク

新型ミニクーパーの価格で違うグレードは?

新型ミニクーパーのグレード構成はボディタイプにかかわらずある程度共通のものとなっています。

今回はミニクーパーのモデル別の価格と、グレードの特徴について解説致します。

装備もちろんの事、グレード毎にエンジンが変わるのが最も大きな特徴です。ということで、まずはグレード毎の簡単な装備の説明と搭載されるエンジンをご紹介致します。

ONE
搭載エンジン
DBA-YS15 1.5L 3気筒ターボエンジン

全てのボディタイプの ONEグレードで採用されているエンジンです。

ONEはエントリーグレードという事もあり、豪華装備は少ないですが、走りに関する基本装備はしっかりとしているのが特徴のグレードです。

COOPER
搭載エンジン

DBA-YS15 1.5L 3気筒ターボエンジン

エンジン型式は ONEと同じですが出力が高められているエンジンを搭載しています。

全てのボディタイプでナビゲーションシステムを標準装備している事もあり、ONEとの価格差を見てもコストパフォーマンスの高いグレードとなっています。

COOPER D
搭載エンジン

B37C15A 1.5L 3気筒ディーゼルターボエンジン
( 3ドア、5ドア )

B47C20A 2.0L 4気筒ディーゼルターボエンジン
( クラブマン、クロスオーバー )

ボディタイプにより搭載される排気量は異なりますが、ディーゼルによるパワフルなトルクと高燃費が自慢のエンジンです。

装備はガソリンモデルと共用です。

COOPER S
搭載エンジン

B48A20A 2.0L 4気筒ターボエンジン

ミニクーパーのハイパフォーマンスガソリンエンジンです。

COOPER Sでは専用のエアロパーツとスポーツシート、ステアリング等のドライビングフィールを高めてくれるパーツが標準装備されています。

COOPER SD
搭載エンジン

B48C20A 2.0L 4気筒ディーゼルターボエンジン

ミニクーパーのハイパフォーマンスディーゼルエンジンです。

クラブマンとクロスオーバーに搭載されているエンジンとは同じ型式になりますが、COOPER SD用にチューニングが施されたものとなっています。

装備はCOOPER Sと共通となっています。

次にミニクーパーのグレードをボディタイプ毎に価格とご紹介していきます。

3ドアモデル

ONE
2,670,000円~

引用 https://www.mini.jp

COOPER/COOPER D
3,230,000円~/3,360,000円~

引用 https://www.mini.jp

COOPER S/COOPER SD
3,900,000円~/4,030,000円~

引用 https://www.mini.jp

5ドアモデル

ONE
2,840,000円~

引用 https://www.mini.jp

COOPER/COOPER D
3,400,000円~/3,530,000円~

引用 https://www.mini.jp

COOPER S/COOPER SD
4,070,000円~/4,200,000円~

引用 https://www.mini.jp

コンバーチブル

COOPER
3,810,000円~

引用 https://www.mini.jp

COOPER S
4,480,000円~

引用 https://www.mini.jp

クラブマン

ONE
3,350,000円~

引用 https://www.mini.jp

COOPER/COOPER D
3,910,000円~/4,040,000円~

引用 https://www.mini.jp

COOPER S/COOPER SD
4,350,000円~/4,480,000円~

COOPER S ALL4
4,590,000円~

引用 https://www.mini.jp

クロスオーバー

ONE
3,500,000円~

引用 https://www.mini.jp

COOPER/COOPER D
4,060,000円~/4,190,000円~

COOPER D ALL4
4,430,000円~

引用 https://www.mini.jp

COOPER S/COOPER SD ALL4
4,730,000円~/5,100,000円~

引用 https://www.mini.jp

☆ PHEV( COOPER SE ALL4 )
5,080,000円

引用 https://www.mini.jp
スポンサーリンク

新型ミニクーパーおすすめのグレードは?

上記にグレードを一挙にご紹介致しましたが、ここで筆者のおすすめグレードをボディタイプ別にご紹介いたします。

3ドア ONE/COOPER S

ラインアップされているなかで最も小型で軽量なミニクーパーです。

引用 https://www.mini.jp

ONEのように気軽にどこでも出かけられる気軽さとエントリーモデルならではのコストパフォーマンスのある ONEは  200万円前半から購入となっており、初めてのマイカーとしてはもちろんのこと、セカンドカーとしてもおすすめできるグレードです。

次におすすめしたいのは COOPER Sです。

引用 https://www.mini.jp

3ドアの軽快なボディで、クイックなハンドリングとパワフルな 2.0Lのターボエンジンで駆け抜ける楽しさは他のボディタイプにはない格別のものとなるでしょう。

ミニクーパーで唯一、MT(3ペダルマニュアルトランスミッション)を選択できるのもポイントです。

5ドア COOPER/COOPER D

3ナビゲーションシステムが標準装備され、専用アプリとの連携でスマートフォンとも柔軟に対応し、ドライブの楽しさをさらに拡張してくれます。

引用 https://www.mini.jp

もちろん、COOPERグレードに搭載されるエンジンはガソリン、ディーゼル共にONEよりもグレードアップされており、ミニらしいキビキビとした走りも堪能できます。

コンバーチブル COOPER S

引用 https://www.mini.jp

開放的なオープンカーでゆとりのあるドライブを楽しむ為には、余裕のある動力性能を持ちたいものです。

また、動力性能だけでなく COOPER Sは豪華なエアロパーツや快適装備が標準装備されているのがポイントです。

特にシートヒーターはオープンカーにとって必需アイテムと言えます。

シートヒーターがあれば冬の寒空でも温かく、快適なドライビングが可能です。

オープンになった際の特別な時間は最高の装備を持って快適に過ごしたいという方にオススメのグレードです。

クラブマン COOPER/COOPER D

クラブマングレードは 3ドア、5ドアよりも車重が重くなっていて、かつ人や荷物を載せる頻度も比較的に高くなると COOPERグレード級のエンジンがあると安心できます。

加えて、COOPERグレードでは 17インチホイールによるスタイリングの良さと、フットライトやドアポケットの照明、ライトパッケージが装備が装備されているところも室内空間の広いクラブマンの実用性をより高めてくれます。

引用 https://www.mini.jp

クロスオーバー COOPER D ALL4

クロスオーバーの最大のメリットは普通車よりも高い車高によって悪路でも力強く駆け抜けられるところです。

そんなクロスオーバーに乗るからには悪路を走破する 4WDとその走りを支えるエンジンパワーが必要です。

引用 https://www.mini.jp

COOPER Dは 2.0Lディーゼルターボの3.0L級のトルクとクロスオーバー最高の燃費を誇り、長い航続距離を持ちます。

また、ALL4はヒートシーターも装備し、冬場の雪道も快適なドライブ空間が待っています。

新型ミニクーパーの値段は、価格、グレードのまとめ

今回のご紹介は如何でしたでしょうか、ミニクーパーは国産車にはない豊富なボディタイプとエンジンを基礎としたグレード構成がなされている事がわかりました。

一部のエンジンはすべてのボディタイプで共有となっているところもミニクーパーの基本設計の良さが分かる一面であります。

また、今回の記事では紹介しきれていませんが、オプションも非常に豊富なラインアップがあり、皆さんのカーライフに合う組み合わせを必ず見つけられる事でしょう。

皆さんの生活スタイルにあった一台を選んでいただければ幸いです。

それでは皆さん良いカーライフを!

アイキャッチ画像 https://www.mini.jp

関連記事🔗新型ミニクーパーの色・カラー紹介!人気のカラーや内装色はどれ?
関連記事🔗新型ミニクーパーの特別仕様車、気になる価格と装備内容を紹介!!

スポンサーリンク