10万円あったら出来る事? 愛車をリフレッシュ&カスタムする!

もし、10万円の資金があったら 愛車に充てて出来る事ってみなさんはどのように使いますか。思い切ったカスタム?それとも愛車のメンテナンスを兼ねたリフレッシュ?今回は、筆者が実際に行った体験も交えて10万円でできるメニューをご紹介致します。

新車の乗り味!10万円リフレッシュメニュー

リフレッシュメニューでは主に 最近車の乗り心地が悪くなったと感じている方や、車の操作に対して反応が鈍くなったと感じている方はもちろんの事、購入から 10年、走行距離 10万キロ付近の過走行車に オススメのメニューをご紹介致します。

タイヤ

タイヤなんて消耗品・・・と思っている方も居るとおもいますが、普段よりも予算をプラスして グレードアップをする事で、乗り味は グッと良くなります。

正直なところ、これは タイヤサイズに寄り切りで 10万円では予算オーバーとなるかもしれませんが、あくまでも通常の予算に プラスとお考え下さい。

グレードアップの 一例として ブリヂストンの オススメタイヤを ピックアップします。

今回オススメする タイヤは プレミアムタイヤの「レグノ」と スポーツタイヤである「ポテンザ RE-71RS」についてご紹介致します。

★ レグノ

“静かなる、走りの正統”の コンセプトの元に開発されたこの タイヤはそのコンセプト通り圧倒的な静粛性を持つ タイヤです。

その性能は、ハイヤーや タクシーといった業界人にも愛用されており、トヨタ・センチュリーにも標準装着されているほどです。

引用 https://toyota.jp/century/

乗った感じはなめらかでかつ、静粛性があり、やや誇張していますが「ノイズキャンセリングをしている感じ」とか「高速道路の綺麗な路面を走っている」という感覚です。

引用 https://tire.bridgestone.co.jp/regno/

筆者のオススメポイント2つあります。

1つ目はサイズが豊富という点です。

車両合うに設計しているタイヤな為、車両による相性問題が少なく、安定的な パフォーマンスを発揮できます。

特に ミニバンでは車重の関係で通常の タイヤでは偏摩耗もしやすいので重要な ポイントです。

2つ目は グリップ力が高いという点です。

以外に思われますが、この タイヤは カーブなどの ライントレースが非常にしやすく、粘りのある素性の良い タイヤで、下手な スポーティータイヤよりも グリップの手応えを感じました。

★ RE-71RS

あのスポーツタイヤ競争を激化させた RE-71Rの後継 タイヤです。

引用 https://tire.bridgestone.co.jp/potenza/

RE-71RSは 71Rと比較して、温まりの速さと ウェットグリップ、耐摩耗性の進化が挙げられます。

71Rではウォームアップに 2,3周はじっくりと温めていかないと駆動方式によっては唐突に滑り出す心配がありましたが、71RSでは アウトラップから手応えを感じ、1周半くらいからは 4輪の設置感を感じます。

耐摩耗に関しては トレットパターンの大幅な変更もあり、摩耗肌が綺麗になりました。

ウェットでは今まで Gで斜めに逃げていた パワーが縦に縦にと行くのを感じ、着実な進化を感じました。

この タイヤは日常では持て余すので、サーキット走行をするという方に是非 オススメな タイヤです。

スポンサーリンク

下回り点検とアライメント

過走行車にオススメなのがこのメニューです。

下回りの点検では主に ブッシュの点検が オススメです。

ブッシュは サスペンションの アーム同士を繋げているもので、大抵の場合はゴム製で、劣化しやすい ポイントです。

ディーラーによっては ブッシュのみの交換を受けているところもあるので要 チェックです。

ブッシュ交換の費用はブッシュ本体が単体で 数千円、工賃が 1か所あたり 1~2万円くらいという感じです。

まとめて交換することで全体の費用を安く抑えられるので整備士の方と相談しつつその車の ウィークポイントを交換するのが オススメです。

引用 https://www.taiyakan.co.jp/

そして、必ずやっていただきたいのはアライメント調整です。

アライメントは サスペンション周りの アームを調整する事により タイヤを適切な角度に調整する“整体”のようなものです。

費用はおおよそ 1~3万円程度でお店や車によって価格は変わります。

https://www.taiyakan.co.jp/

これは費用のわりに効果を多く体感でき、燃費の改善にも役立つ オススメの メンテナンスです。

走りが激変!?10万円チューニングメニュー

交換すると確実に効果を体感できる、ライトチューンメニューを パーツ毎にご紹介致します。

マフラー

引用 https://www.hks-power.co.jp/

ライトチューンの代名詞とも言える パーツ。

10万円では 2本出し等の車両ですと予算的に ギリギリかもしれませんが、音の変化により走りの意欲が高まる オススメの パーツです。

加速性能の向上はもちろんの事、メーカーによっては燃費も改善できる効果があります。

合わせて エアクリーナーフィルターも交換する事で吸排気系が リフレッシュされ、より高い効果を感じる事ができるでしょう。

サスペンション(ショックアブゾーバー)

日本車はチェーンを履く地方を考慮してか、車高が輸入車と比較して高めに設定されています。

車検の適用範囲内で ー20~40mmダウンをする事で エクステリアをグッと引き締まった印象に イメチェンできます。

車高ダウンによって重心が下がり、スムーズな コーナリングをする事が可能になります。

引用 https://www.tein.co.jp/

ショックアブゾーバーも物によって ピンキリですが、今回は TEINFLEXショックアブゾーバーを オススメ致します。

TEINは日本の ショックアブゾーバーを製造している メーカーで、乗り心地の良いのが特徴です。

FLEXシリーズは全長式を採用しており、車高によって乗り味が大きく変化せず、どの車高においても安定した パフォーマンスを発揮しています。

ECU

今や車になくてはならない ECU(エンジンコンピューター)。

ひと昔前では コンピューター本体を書き換える事で パフォーマンスを向上させてきましたが、現在では コンピューターに割り込む形で使用する サブコンピューター(通称:サブコン)を使用して エンジン及び、それに付随する走行性能の向上を可能としています。

引用 https://www.hks-power.co.jp/

サブコンは基本的に カプラーオンで配線への加工も無加工で取り付けできる点が魅力です。

特に近年ではダウンサイジングエンジンによりターボ車が普及した事からパワーも上げやすくいなっています。

スポンサーリンク

高音質で聴こう!10万円オーディオカスタムメニュー

車に無くてはならない オーディオ。

近年では コストダウンの観点から スピーカーが非常に非力な物となっており、交換する事でまるで ライブ会場にいるかのような臨場感を味わう事が可能です。

カーオーディオの世界は非常に深く、ポータブル、ホーム同様に沼に ハマります ( 笑 ) そこで、今回は 一点豪華主義として筆者の オススメスピーカーを オススメ致します。

focal PS 165FX
70,000円

focalはフランスの メーカーで、ホームも高級 オーディオメーカーとして知られています。

カーオーディオでは代理店が変わりながらも日本では 90年代から愛されており、中古でも高値で取引されるほどの人気ぶりです。

引用 https://www.focal-audio.jp/products/flax/

PS 165FXはスピーカーコーン部分に麻を使用することで、Hi-Fiスピーカーとして理想的な剛性と質量、そして内部損失の バランスを実現しています。

音色は明るく、日本人好みの中高音に優れています。純正ナビなどの細い パワーでも スピーカーが ハキハキとし、アンプの追加による更なる アップデートでも伸びしろのある スピーカーです。

大好きな愛車を自分の手でメンテナンス! 10万円で揃える工具

愛車をメンテナンスする事に心のゆとりを感じます。

筆者も整備士ではないので、大掛かりな整備はできませんが、使用していて便利な工具をご紹介致します。

今回ご紹介する工具は近年店舗を拡大しつつある ワールドツールの アストロプロダクツ、ロイヤルホームセンターの商品から オススメ致します。

整備の基礎となるツールセット

APツールセット レッド(83点組)
24,000円

AP 11PC リムーバーセット
5,000 円

エーモンターミナルセット E3
3,000円

AP ターミナルツール 5本組
3,000円

タイヤ交換、車高調整、下回りの整備に

AP 2.0TON アルミレーシングジャッキ
35,000円

AP 2PC 2TONリジットラック
4,000円

AP 1/2 プリセット型 トルクレンチ
4,000円

ガラス、ボディ磨きに

AP 電動ポリッシャー 950W
11,000円

 

オイルなどの油脂類交換に

AP フィルターカップレンチ
500円

AP オイルエキストラクター
5,000円

AP オイル処理ボックス
300円

計  94,800円

これに、ブレーキクリーナーや ウェスなどの小物を合わせても 10万円以内に収まります。

セールを狙う事で、お得な セットとして販売される事もあるので、これから DIYを始めたい人には オススメの セットです。

愛車をリフレッシュ&カスタム!10万円あったら出来る事!のまとめ

今回のご紹介は如何でしたでしょうか。

車は様々な カテゴリーの要素が詰め込まれており、10万円でできる事は多岐にわたります。

皆さんの興味のあるカスタム&リフレッシュはありましたでしょうか。臨時収入の際には是非ご検収下さい!

それでは楽しいカーライフを!

スポンサーリンク