フルモデルチェンジから約 3年、スイフトがマイナーチェンジを果たしました。売れ行きは堅調で、世界中のユーザーから高い評価を得ています。定評のある走りの質感をさらに高めるとともに安全装備も充実させたスズキ・スイフトをご紹介致します。

スズキ・スイフトはどんな車?

スズキ・スイフトはコンパクトハッチバックです。

現行モデルで、3代目となり、初代の登場は 2000年からとなっています。

スイフトのアイデンティティとも言っても良いのはその走りの良さです。

引用 https://www.globalsuzuki.com/

余裕のある足回りは初代から 3代目で参戦している JWRC(ジュニア世界選手権)と全日本ラリー、開発地ともなっている欧州で鍛えられたもので、評価は世界的にも高い仕上がりとなっています。

低速域でのサスペンションの動きと高速域でのボディ剛性の高さからくる安定感は他のコンパクトカーから頭一つ抜けた性能を有しています。

引用 https://www.suzuki.co.jp/car/swiftsport

もちろんホットモデルも初代からスイフトスポーツとしてラインアップされており、軽量なボディに強力なエンジンを搭載したスイフトスポーツ(通称;スイスポ)はラリーのみならず、ジムカーナ、サーキットと幅広いステージで活躍しています。

スポンサーリンク

スズキ・スイフトがマイナーチェンジ後のグレード別価格

マイナーチェンジを行ったスイフトのグレード別価格をご紹介致します。

XG 1.2L 直列4気筒DOHC

2WD 5MT
1,535,600円~(税込)

2WD CVT
1,540,000円~(税込)

4WD CVT
1,697,300円~(税込)

引用 https://www.suzuki.co.jp/

HYBRID MG 1.2L直列4気筒DOHC(マイルドハイブリッド)

2WD CVT
1,633,500円~(税込)

4WD CVT
1,790,800円~(税込)

引用 https://www.suzuki.co.jp/

スイフトのエントリーグレードモデルです。

装備や走りの根幹部分は上位グレードとの差が無いので、充実しているところがポイントです。

RS 1.2L 直列4気筒DOHC

2WD 5MT
1,782,000円~(税込)

2WD CVT
1,786,400円~(税込)

4WD CVT
1,943,700円~(税込)

引用 https://www.suzuki.co.jp/

HYBRID RS 1.2L直列4気筒DOHC(マイルドハイブリッド)

2WD CVT
1,879,900円~(税込)

4WD CVT
2,037,200円~(税込)

引用 https://www.suzuki.co.jp/

スイフトスポーティーモデルです。

外装にはエアロが装備される他、LEDヘッドライトやリヤフォグ等が標準になる他、インテリアにおいても各種オーナメントや本革ステアリングが装備され高い質感を持っています。

HYBRID SZ 1.2L直列4気筒DOHC

2WD 5AGS
2,087,800円~(税込)

引用 https://www.suzuki.co.jp/

装備内容は HYBRID RSに準拠しています。

SZの最大の特徴は 5AGSという 5速の AT変速機となっている点です。

この変速機により燃費向上とダイレクトな加速フィールを体験する事ができます。

スイフトスポーツ 1.4L 直列4気筒DOHC直噴ターボ

2WD 6MT
2,017,400円~(税込)

2WD 6AT
2,088,900円~(税込)

引用 https://www.suzuki.co.jp/car/swiftsport/

人気のスイフトスポーツです。

軽量なボディとパワフルなターボエンジンのフィーリングによって走る楽しさを全身で感じられるモデルです。

マイナーチェンジでリフレッシュな内外装

マイナーチェンジされたスイフトの変更点をご紹介致します。

内装

内装の変更点に大幅な変更はなく、従来どおりのブラックを基調とした落ち着きのあるスポーティーな内装となっています。

引用 https://www.suzuki.co.jp/

目立つ変更点としてメーター中央部にマルチインフォメーションディスプレイが搭載されました。

表示できる情報は、燃費、航続距離、デジタル車速、モーション、パワー&トルク、アクセル&ブレーキ開度等の情報が表示されます。

イグニッション OFFの際には走行時間、燃費の ECOスコア表示がされます。

引用 https://www.suzuki.co.jp/

そして、もう一つは全車に 6スピーカー(フロント 2ツイーター&リア 2スピーカー)を標準装備した点です。

スピーカーは自動車において最もコストダウンし易い部品とも言われていますが、この点を全車標準装備とする事で生産コストを下げて同時に質感を向上させるところはスズキらしいこだわりのある車づくりであると言えます。

外装

引用 https://www.suzuki.co.jp/

マイナーチェンジ前と大きな変化はありませんが、新色としてフレイムオレンジパールメタリックとブラックとのツートンが新たにラインアップされました。

更にマイナーチェンジ前からラインアップされていたバーニングレッドパールメタリック、スピーディーブルーメタリックに新たにブラックツートンがラインアップされました。

現行ラインアップモデルにツートンカラーが 3種類追加される事で、ツートンカラーのラインアップが 4種となり幅が広がったのは嬉しいですね。

スポンサーリンク

マイナーチェンジで最新装備の変更点

今回のスズキ・スイフトのマイナーチェンジの大きな変更点は運転支援機能であるデュアルセンサーブレーキサポートを標準装備とした点にあります。

マイナーチェンジ後に全車に標準装備された運転支援機能は以下の通りです。

引用 https://www.suzuki.co.jp/

・後退時ブレーキサポート

・後方誤発進抑制機能※

・リヤパーキングセンサー

・全車速追従機能付のアダプティブクルーズコントロール※

・車線逸脱抑制機能※

・標識認識機能

・ブラインドスポットモニター(車線変更サポート付)

・リヤクロストラフィックアラート

・オートライトシステム

※は MT・AGS車は非装着

引用 https://www.suzuki.co.jp/

ミドルグレードの RSでは標準装備とされていた装備も含めて、エントリーグレードモデルの XGでも上記の運転支援機能を有しているので、どの車を選んでも安心と言えます。

スズキ・スイフトがマイナーチェンジ価格、内外装、装備の変更点は?のまとめ

今回のご紹介は如何でしたでしょうか。

スズキ・スイフトは基本設計、コンセプト、装備がしっかりとしている事から大幅な変更点はなく、むしろ法改正に対応したマイナーチェンジという意味合いが強いと感じました。

このサイズのコンプリートカーがトヨタ・ヤリス、ホンダ・フィット、マツダ・デミオとライバルは多いです。

ですが、スイフトはその走りの良さと多数のエンジン・ミッションのラインアップで他車を大きくリードしており、皆さんに合う一台が見つかります。

引用 https://www.suzuki.co.jp/

皆さんの車選びの参考になれば幸いです。

それでは楽しいカーライフを!

アイキャッチ画像 https://www.suzuki.co.jp/

スポンサーリンク