フォルクスワーゲンポロのボディカラーと内装色!お勧めのカラーは?

人気コンパクトカーとして支持を得ているフォルクスワーゲンポロは、スタイリッシュなデザインと共にアウトバーン育ちの性能を持つプレミアムコンパクトカーです。今回はそんなフォルクスワーゲンポロのボディカラーと内装色をご紹介致します。

輸入車の売却なら外車マスター

あなたは、外車・輸入車の下取りどうしてますか?
スムーズな売却手続きとご契約後の入金スピードに自信があり!
査定はストレスが少ない外車マスターをお勧めします。
・出張査定可能・・・出張費用無料、キャンセル料なし!
・車両引き取り後の減額交渉一切なし!
・高い査定も多数
・外車マスターのみの電話で煩わしさがない
かんたん30秒で!まずは気軽にお見積もりから!いかがでしょうか?

フォルクスワーゲンポロのボディカラー紹介

フォルクスワーゲンポロは 5色のスタンダートカラーと 1色のスペシャルカラーがラインアップされています。

以下にフォルクスワーゲンポロの全カラーをご紹介致します。

フラッシュレッド

対象グレード
TSI Trendline
車両本体価格(税込)
2,334,000
TSI Comfortline
車両本体価格(税込)
2,639,000~
TSI Highline
車両本体価格(税込)
2,892,000~

https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/polo.html/

鮮やかな色合いが魅力のカラーです。

他車では色物なカラーとしての認識がありますが、フォルクスワーゲンポロでは 4代目を中心に定番となっており、馴染みやすいスタイリッシュなカラーとなっています。

リーフブルーメタリック

対象グレード
TSI Comfortline
TSI Highline
TSI R-Line
車両本体価格(税込)
3,188,000~

https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/polo.html/

クールなブルーが魅力のカラーです。

近年のフォルクスワーゲンのR-Lineはブルーをイメージカラーにしており、与える印象はどこかクールでスポーティーな印象を与えてくれます。

ディープブラックパールエフェクト

対象グレード
TSI Trendline
TSI Comfortline
TSI Highline
TSI R-Line

https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/polo.html/

硬派で高級感のあるブラックです。

コンパクトカーながらブラックが放つ独特の艶と重厚感は、ボディーに静かな力強さを与えてくれます。

ピュアホワイト

対象グレード
TSI Trendline
TSI Comfortline
TSI Highline
TSI R-Line

https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/polo.html/

美しい純白のホワイトです。パールや、メタリックの入っていない純粋なホワイトは車体を大きく見せると共に清廉な印象を与えてくれます。

エナジェティックオレンジメタリック

対象グレード
TSI Comfortline
車両本体価格(税込)
2,672,000~
TSI Highline
車両本体価格(税込)
2,925,000~
TSI R-Line
車両本体価格(税込)
3,188,000~

https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/polo.html/

エネルギッシュなオレンジが魅力のカラーです。

フォルクスワーゲンポロではこのエナジェティックオレンジ専用グレードとして設定されており、ボディカラーだけでなく内装にもオレンジが配色されており、車全体で 一体感を感じられる仕様となっています。

リフレックスシルバーメタリック

対象グレード
TSI Comfortline
TSI Highline

https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/polo.html/

ソリッド感際立つシルバーです。

高級感、スポーティー、スタイリッシュとバランスの取れたカラーとなっており、エアロパーツや仕様に囚われないのが特徴となっています。

スポンサーリンク

フォルクスワーゲンポロの内装色!

フォルクスワーゲンポロの内装色をグレード別にご紹介致します。

TSI Trendline

シート;チタンブラック

https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/polo.html/

ダッシュボードカラー;ディープブラック

https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/polo.html/

エントリーモデルのTrendlineはブラックで統一された内装となっています。

見た目が質素なベースモデルですが、基本的な作りは上級グレードと変わらない事から質感もしっかりと感じられるのが特徴です。

TSI Comfortline

①シート;チタンブラック

https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/polo.html/

ダッシュボードカラー;ライムストーングレー

https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/polo.html/

対象カラー;フラッシュレッド、リーフブルーメタリック、ピュアホワイト、ディープブラックパールエフェクト、リフレックスシルバーメタリック

②シート;チタンブラック

ダッシュボードカラー;エナジェティックオレンジ

https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/polo.html/

対象カラー;エナジェティックオレンジメタリック

エナジェティックオレンジを選択すると事で、専用のインテリアカラーパッケージとなっているスペシャルカラーです。

ダッシュパッド、ドアトリムがボディと同色になるので、ボディカラーとの一体感があるのもポイントです。

https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/polo.html/

Comfortlineはシフトノブ、ハンドルがレザーとなり、質感が増した仕様となっています。

ダッシュパッドは軽快さを感じるライムストーングレーで、レザーとの色合いのバランスに優れています。

TSI Highline

①シート;チタンブラック/セラミック

https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/polo.html/

ダッシュボードカラー;ディープアイアン

対象カラー;フラッシュレッド、リーフブルーメタリック、ピュアホワイト、ディープブラックパールエフェクト、リフレックスシルバーメタリック

https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/polo.html/

Highlineは安全装備を中心にアップグレードされたグレードです。

ダッシュパッドは金属感のあるメタルアイアンとなり、シートはホールド感のあるスポーツシートとなる他、カラーも合わせたチタンブラックになる事で、フォルクスワーゲンポロの持つスポーツ感を感じられます。

②シート;チタンブラック/エナジェティックオレンジ

ダッシュボードカラー;エナジェティックオレンジ

対象カラー;エナジェティックオレンジメタリック

https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/polo.html/

Comfortlineと同様の専用のエナジェティックオレンジをインテリアに備える他、Highlineではスポーツシートにもオレンジのラインが入り、更に 一体感のある仕上がりとなっています。

スポンサーリンク

TSI R-Line

①シート;チタンブラック/セラミック

ダッシュボードカラー;ディープアイアン

対象カラー;リーフブルーメタリック、ピュアホワイト、ディープブラックパールエフェクト

②シート;チタンブラック/エナジェティックオレンジ

ダッシュボードカラー;エナジェティックオレンジ

対象カラー;エナジェティックオレンジメタリック

https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/polo.html/

装備はHighlineと同様です。

スポーツモデルにおけるオレンジはどこかレーシーな雰囲気を与えてくれます。

R-Lineは150㎰にアップグレードされたエンジンに加えて、エクステリアパーツの他、エアロパーツやホイールといったエクステリアパーツを標準装備したスポーティーグレードです。

ブラックを基調とした内装は運転に集中できるドライビング空間となっています。

 

【今乗っている外車の買い替えをお考えの方へ】

ディーラーやお店の方の言いなりで車を下取りに出していませんか?

あなたの車の買取価格を後悔しない金額で、次に買う新車の頭金を増やすことができます。

あなたの愛車を最高額で売りましょう。

外車マスターならかんたん30秒で!まずは気軽にお見積もり!

    

フォルクスワーゲンポロのお勧めのカラーは

フォルクスワーゲンポロのお勧めカラーを 2色ご紹介致します。

・リーフブルーメタリック

https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/polo.html/

オススメカラー その①はスポーティーで爽やかなリーフブルーメタリックです。

カラー紹介でもしましたが、最近のフォルクスワーゲンのイメージカラーとなっている為、ボディデザインとの相性が良いのもポイントです。

・エナジェティックオレンジ

https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/polo.html/

オススメカラー その②は、エネルギッシュなエナジェティックオレンジです。

各グレードに専用モデルとしてラインアップされている程のこだわりようで、ボディカラーだけでなく内装にもボディカラーと同色のカラーが配色される事で非常にプレミアム感のある仕上がりとなっている為、選ばせて頂きました。

フォルクスワーゲンポロのボディカラーと内装色!お勧めのカラーは?のまとめ

今回のご紹介は如何でしたでしょうか。

フォルクスワーゲンポロは選べるカラーバリエーションの他、内装もボディカラーに合わせてラインアップされているプレミアムコンパクトカーです。

https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/polo.html/

国産車においてオプションカラーは割と豊富にありますが、内装まで同時にパッケージされるのは珍しいです。

輸入車独特のカラー選びの楽しさを感じました。

皆さんの車選びの参考になれば幸いです。

それでは楽しいカーライフを!

アイキャッチ画像 https://www.volkswagen.co.jp/

スポンサーリンク