新型SUVヤリスクロスのボディーカラー全色!お勧めカラーと内装色

2020年 9月にトヨタから新型コンパクトSUVヤリスクロスがデビューしました。スポーツコンパクトとして登場したトヨタヤリスの走る楽しさを受け継ぎ、SUVとしての実用性を兼ね備えた 一台として注目されているヤリスクロスのボディカラー/内装色の全色紹介とオススメカラーをご紹介いたします。

トヨタヤリスクロスのボディカラー全色を紹介!

新型ヤリスクロスには 8色のモノトーンカラーと 7色のツートンカラーの計 15色のラインアップとなっています。

以下にボディカラー全色をご紹介いたします。

モノトーンカラー

ホワイトパールクリスタルシャイン

メーカーオプション 33,000円(税込)

引用 https://toyota.jp/yariscross/

トヨタ伝統のホワイトパールです。

車体が上品かつ立派に見え、各部のブラックとの相性も良いカラーです。

シルバーメタリック

引用 https://toyota.jp/yariscross/

銀色のような明るめのシルバーです。

ボディのソリッド感が際立つスポーティーカラーです。

ブラックマイカ

引用 https://toyota.jp/yariscross/

ヤリスクロスに高級感を与えてくれるカラーです。

各部のブラックと合わせたカラーリングは他色には無い存在感を放ちます。

センシュアルュアルレッドマイカ

メーカーオプション 33,000円(税込)

引用 https://toyota.jp/yariscross/

鮮やかなレッドを持つカラーです。

ブラックとの相性も良いスペシャルカラーです。

ベージュ

引用 https://toyota.jp/yariscross/

カーキ色にも感じるカラーです。

アウトドアや自然の中でも落ち着きもあるカラーです。

ブラスゴールドメタリック

引用 https://toyota.jp/yariscross/

カタログカラーにもなったゴールドです。

SUVとしての楽しさを放つカラーです。

グレイッシュブルー

引用 https://toyota.jp/yariscross/

湖をイメージした淡色の温もりのあるブルーです。

ダークブルーマイカメタリック

引用 https://toyota.jp/yariscross/

深海を思わせる濃色ブルーです。

ブラックのとのコンビネーションからスポーティーさを感じられるカラーです。

スポンサーリンク

ツートーンカラー

ブラックマイカ×ホワイトパールクリスタルシャイン

メーカーオプション 77,000円(税込)

ブラック&ホワイトの王道ツートン仕様となっています。

車体が引き締まり SUVの魅力を引き出したカラーリングとなっています。

ブラックマイカ×センシュアルレッドマイカ

メーカーオプション 77,000円(税込)

引用 https://toyota.jp/yariscross/

レッド単色よりもスポーティー感を推しだしたカラーリングとなっています。

ブラックマイカ×ベージュ

メーカーオプション 55,000円(税込)

引用 https://toyota.jp/yariscross/

アウトドアシーンでの相性バッチリなツートーンカラーとなっています。

ブラックマイカ×シルバーメタリック

メーカーオプション 55,000円(税込)

引用 https://toyota.jp/yariscross/

輝くシルバーとスポーティーなブラックの相性が際立つカラーリングとなっています。

ブラックマイカ×ブラスゴールドメタリック

メーカーオプション 55,000円(税込)

引用 https://toyota.jp/yariscross/

カタログカラーにもなったスペシャルなツートーンカラーです。

迷ったらこのカラーを選びたいです。

ブラスゴールドメタリック× ブラックマイカ

メーカーオプション 55,000円(税込)

引用 https://toyota.jp/yariscross/

ブラックマイカ×ブラスゴールドメタリックとのツートーンカラーとなっているカラーリングです。

ミラーとルーフが有彩色となっている本カラーはそのデザインから欧州車テイストを感じられる仕上がりとなっています。

ブラックマイカ×グレイッシュブルー

メーカーオプション 55,000円(税込)

引用 https://toyota.jp/yariscross/

落ち着きのあるブルーにブラックが組み合わされた本カラーは単色仕様よりもスポーティーな仕上がりとなっています。

ボディカラー選びのポイントは?

ボディカラー選びのポイントは、ヤリスクロスの車のデザイン上モノトーンカラーを選択しても、Aピラー、フェンダー、ヘッド・テールランプ、サイドスカート、グリル周りがブラックとなるという所です。

引用 https://toyota.jp/yariscross/

つまり、どのカラーを選ぶにしてもブラックとの相性を考慮する必要があります。

残りのポイントは定番になりますが、汚れに比較的強い淡色(シルバー、ホワイト、ゴールド、ブルー系)を選ぶか、汚れが目立ちやすい濃色(ブラック、レッド系)にするかもポイントになります。好みで選ぶかライフスタイルで選ぶかは選ぶ楽しさも含めて各オーナーさんの判断になります。

トヨタヤリスクロスの人気カラーベスト3とお勧めカラーは

トヨタヤリスクロスの人気カラーベスト 3をご紹介致します。

まだ、発売から間もない為、今回はそのベスト 3を大胆に予想していきます。

第一位:ホワイトパールクリスタルシャイン

第二位:シルバーメタリック

第三位:ブラックマイカ×ブラスゴールドメタリック

引用 https://toyota.jp/yariscross/

第一位はトヨタ伝統のホワイトであるホワイパールクリスタルシャインと予想しました。

新型ヤリスクロスは Aピラー、グリル、フェンダー、ブレーキランプ周りがブラックを基調としている事から、モノトーンカラーを選びながらもブラックとの相性も重視される事から本カラーを選びました。

第二位はシルバーメタリックで、明るめのシルバーによって際立つソリッド感と各部のパーツにブラックが入る事によるスポーティーな仕上がりとなる他、汚れの目立ちにくいシルバーは SUVとの相性も良いのもポイントです。

第三位はブラックマイカ×ブラスゴールドメタリックです。

カタログカラーにもなった本カラーは各部のバランス共に絶妙なカラーリングで、2トーンカラーで最もヤリスクロスのイメージに合ったカラーと言えます。

スポンサーリンク

トヨタヤリスクロスの内装色

ヤリスクロスの内装色は X Gグレードのブラックと Zグレードのダークブラウンの 2色のラインアップとなっています。

ブラック(X、XBパッケージ)

引用 https://toyota.jp/yariscross/

ブラックで統一された内装になります。

シートはヘッドレスト一体式となったシート仕様となり、標準的な内装の仕上がりとなっています。

ブラック上級ファブリック(Gグレード)

引用 https://toyota.jp/yariscross/

ミドルグレードの Gグレードでインパネ及び内装の各種にピアノブラック、メッキの加飾が施されており、高級感がアップしています。

シートはヘッドレストセパレート型の上級ファブリックシートが装備されています。

ラゲッジスペースにはデッキボードも装備され、収納力が格段に向上しているのもポイントです。

ダークブラウン(Zグレード)

引用 https://toyota.jp/yariscross/

最上級グレードの Zグレードでは内装色がダークブラウンとなり、モダンな印象を持っています。

シートはヘッドレストセパレート型の合成皮革とのコンビネーションシートで、シートヒーター付きのパワーシートとなります。

その他では 8インチディスプレイオーディオや照明付きサンバイザーなど細かいところで上級装備を備え、最上級グレードに相応しい装備を持っています。

トヨタヤリスクロスのボディカラー全色!人気カラーと内装色のお勧めは?のまとめ

今回のご紹介は如何でしたでしょうか。

新型ヤリスクロスには多数のボディカラーがあり、グレード毎に異なる仕様の内装がラインアップされており、選ぶ楽しさを持っている車だと感じました。

引用 https://toyota.jp/yariscross/

SUVとしての実用性とヤリス譲りの走る楽しさを兼ね備えた新型ヤリスクロス、発売前から注目の集まっている一台ですが、今後の動きにも注目したい一台です。

関連記事🔗コンパクトSUV・新型ヤリスクロスの価格・内装・最新機能をご紹介

アイキャッチ画像 https://toyota.jp/

スポンサーリンク