その走りの良さとデザインから人気車種となったトヨタ・ヤリス。そのヤリスが 2020年 9月にSUVヤリスクロスとして登場しました。走りの楽しさと余裕のある室内空間を持つヤリスクロスの最新機能と価格・内装をご紹介致します。

新型ヤリスクロスどんな車?

新型ヤリスクロスはトヨタのコンパクトスポーツであるヤリスがベースにSUVとして開発された車です。

ドライバーズカーとしての位置付けであったヤリスに居住性と悪路での走破性を兼ね備えた実用性が与えられたSUVがヤリスクロスです。

引用 https://toyota.jp/yariscross/

外装のデザインや内装の各種にヤリスとの共通点が見られ、エンジン、シャシーはヤリスと同型の物をヤリスクロス用に調整されたシステムを搭載しています。

引用 https://toyota.jp/yariscross/

価格設定は約 200万円~ 280万円で、トヨタSUV内ではライズと C-HRの中間に位置し、他社ではホンダ・ヴェゼルやマツダCX-3、CX-30といった車とライバル関係にあります。

引用 https://toyota.jp/yariscross/

ライバル達と比較するとヤリスクロスは新型シャシーとエンジンによるアドバンテージでスポーツ性・ドア開口部や後部座席スペースが広い事から実用性の部分においてリードしていると考えられます。

スポンサーリンク

新型ヤリスクロスのグレード構成と価格

ヤリスクロスのグレードは 2つのパワートレイン(ガソリン車とハイブリッド)と 3つのグレードで構成され、計 6グレードから選択が可能となっています。

また、各グレードには通常の FFの他 4WDモデルも選択が可能となっているのも特徴です。

Xグレード

ガソリンエンジンモデル 190万円~

ハイブリッドモデル 228万円~

引用 https://toyota.jp/yariscross/

ヤリスクロスのエントリーグレードモデルです。

装備はヤリスのグレードを踏襲していると考えると 7インチディスプレイオーディオやサイドエアバッグ、Toyota Safety Sense.が標準装備されている事が予想され、エントリーモデルと言え過不足のないモデルと言えます。

※ XBパッケージ 180万~

XグレードのガソリンモデルモデルからToyota Safety Senseを外したモデルで、実質ヤリスクロスのエントリーグレードモデルとなっています。

Gグレード

ガソリンエンジンモデル 202万円~

ハイブリッドモデル 240万円~

引用 https://toyota.jp/yariscross/

ミドルグレードとなる Gグレードでは公式アナウンスで 16インチアルミホイール、上級ファブリックシート、8インチディスプレイオーディオ等の Xからのグレードアップパーツが標準装備されます。

更にバックガイドモニターやラゲッジスペースのデッキボードなども標準装備され、充実した装備を持ちます。

ベースの Xグレードから価格はわずかに 10万円ほどのアップに留まっており、本グレードが実質的なヤリスクロスのメイングレードとなる事が予想されます。

Zグレード

ガソリンエンジンモデル 221万円~

ハイブリッドモデル 259万円~

引用 https://toyota.jp/yariscross/

ヤリスクロスの最上級グレードです。

各種装備はグレードアップされ、18インチホイール、LEDヘッドランプ、合成皮革シート、運転席 / 助手席パワーシート(ヒーター付き)、7インチマルチインフォメーションディスプレイが標準装備となります。

装備内容にのみ注目すれば、この価格帯ではトップクラスの装備を持つことから車格が一回り上の車達にも引けを取らない仕上がりとなっています。

※各グレードの 4WDモデルは +20万円程でリリースされています。

引用 https://toyota.jp/yariscross/

ハイブリッドモデルでは車両安定性を第一に設計された E-Fourを装備し、

引用 https://toyota.jp/yariscross/

ガソリンエンジンモデルではダイナミックで力強い走りを可能にするダイナミックコントロール4WDシステムを装備しています。

新型ヤリスクロスの内装

引用 https://toyota.jp/yariscross/

コックピット周りの基本的なデザインはベースであるヤリスを踏襲しています。

前席を取り囲むような形状のインパネはスポーティーな雰囲気を創り出しています。

として全高が高くなった事に合わせてホイールベースも拡大されており、ラゲッジスペースと後席のヘッドクリアランスに余裕のある仕上がりとなっています。

引用 https://toyota.jp/yariscross/

後席は 4: 2 :4 の分割式シートで、多彩なシートアレンジを持つことからコンパクト SUVでありながらも高い収容力を持っています。

ラゲッジスペースにはトヨタの十八番である上下段に分けて使用できるデッキボードを装備しています。

引用 https://toyota.jp/yariscross/

分割シートによるアレンジとデッキボードによる拡張性により、荷物をスマートかつ効率的に積載する事が可能な点は荷物の嵩張るアウトドアやスポーツにおいて大きな魅力です。

スポンサーリンク

新型ヤリスクロスの最新機能

新型ヤリスクロスには以下 4つの注目するべき最新機能を装備しています。

ハンズフリーパワーバックドア

HYBRID Z、Z、HYBRID G、Gにメーカーオプション

引用 https://toyota.jp/yariscross/

スマートキーを携帯していれば、足を出し入れするだけで、バックドアが自動開閉する機能です。

荷物を持ったままでも便利に開閉できる装備です。Gグレードからオプション選択できるのもポイントです。

トヨタチームメイト / アドバンスドパーク

ハイブリッド車にメーカーオプション

引用 https://toyota.jp/yariscross/

駐車したいスペースの横に停車後、アドバンスト パーク スイッチを押して駐車位置を確認。

その後、開始スイッチを押すと、カメラとソナーによって周囲を監視しながら、ステアリング・アクセル・ブレーキ操作を制御し、駐車操作をアシストして駐車を完了させます(シフト操作は手動)。

コンパクトと言え、駐車が心配と思う人にオススメのオプションです。

アクティハイビームシステム( AHS )

HYBRID Z、Zにメーカーオプション

引用 https://toyota.jp/yariscross/

先行車や対向車に光が当たる部分だけを自動的に遮光できるので、ハイビームを保持したまま走行できる頻度を高めます。

高速道路やアウトドアで街灯の少ない道路でも快適かつ対向車に迷惑をかける事なく道を照らす事が可能です。

S-VSC(横風対応制御付)& ACA & TRC

引用 https://toyota.jp/yariscross/

高速走行中の強い横風を検知して S-VSCが作動。車線からの逸脱を抑制することで、安全な走りをサポートします。

週末の移動で高速道路を安全に走る為のヤリスクロスらしい装備と言えます。

どの装備もひと昔前では 1,000万円級の高級車に装備されていたもので、それらを 200万円代のヤリスクロスで装備できる点は技術の進化とメーカーのたゆまぬ努力が伺えます。

対象グレードを選択している方々には是非オススメしたいオプションでもあります。

コンパクト SUV・新型ヤリスクロスの価格・内装・最新機能をご紹介まとめ

今回のご紹介は如何でしたでしょうか。トヨタのコンパクト SUV・ヤリスクロスは手頃な価格と走る楽しさ、実用性を兼ね備えた期待の一台であると感じました。

引用 https://toyota.jp/yariscross/

また、オプションにもトヨタ初・ SUV初の先進的な装備がラインアップされ、トヨタのヤリスクロスへの意気込みを感じられる一台です。

皆さんの車選びの参考になれば幸いです。

それでは楽しいカーライフを!

関連記事🔗新型SUVヤリスクロスのボディーカラー全色!お勧めカラーと内装色

アイキャッチ画像 https://toyota.jp/yariscross/

スポンサーリンク