トヨタC-HRのボディカラー全色!人気カラーと内装色のお勧めは?

そのデザイン性とハイブリッドシステムによる高い燃費性能で多くのユーザーから支持を得ているトヨタの人気コンパクトSUVであるC-HR。今回はそんな人気SUVのトヨタC-HRのボディカラーをご紹介いたします。後半には内装色についてもグレード別に解説していきます。

トヨタC-HRのボディカラー全色を紹介!

トヨタC-HRには 2トーンカラーが3種、モノトーンカラーが 7種(+1の特別カラー)のラインアップとなっています。

今回はカラー別に特徴や機能についてご紹介いたします。 ※はオプションカラー

2トーンカラー

ブラック〈202〉×ホワイトパールクリスタルシャイン〈070〉[2NA]

メーカーオプション 55,000円(税込)

引用 https://toyota.jp/c-hr/

王道のブラック&ホワイトの 2トーンカラーです。

ルーフがブラックになる事で、全高がより低く見え、C-HRのスタイルをよりスポーティーにするカラーです。

ブラック〈202〉×メタルストリームメタリック〈1K0〉[2NK]

メーカーオプション 33,000円(税込)

引用 https://toyota.jp/c-hr/

ソリッド感のあるグレーに高級感のあるブラックとの組み合わせです。

ボディラインが良く見えて張り出したフェンダーがスポーティー感を演出しています。

ブラック〈202〉×エモーショナルレッドⅡ〈3U5〉[2TB]

メーカーオプション 77,000円(税込)

引用 https://toyota.jp/c-hr/

鮮やかなレッドに高級感のあるブラックの 2トーンカラーです。

ブラックによって車体が引き締まり、スポーティー感のあるカラーリングとなっています。

モノトーンカラー

ホワイトパールクリスタルシャイン〈070〉

メーカーオプション 33,000円(税込)

引用 https://toyota.jp/c-hr/

トヨタの人気カラーです。

純白のホワイトが車体の品格を上げるとともに車体を大きく、迫力のあるスタイリングにしてくれます。

メタルストリームメタリック〈1K0〉

引用 https://toyota.jp/c-hr/

明るい銀色のシルバーです。

車体のソリッド感が大きく見えるカラーでかつ、機能的なカラーであるのが特徴です。

ブラックマイカ〈209〉

引用 https://toyota.jp/c-hr/

高級感のあるブラックです。

マイカ塗装により太陽の当たり具合で見え方が変わる表情豊かなブラックです。

エモーショナルレッドⅡ〈3U5〉

メーカーオプション 55,000円(税込)

引用 https://toyota.jp/c-hr/

鮮やかなレッドです。

グリルやバンパーのブラックとの相性が良いのもポイントです。

イエロー〈5A3〉

引用 https://toyota.jp/c-hr/

鮮やかなイエローが光るカラーです。

SUVとしての走りの強さがクーペスタイルのC-HRに凝縮されたカラーです。

オキサイドブロンズメタリック〈6X1〉

引用 https://toyota.jp/c-hr/

金属感のあるカラーです。

カーキにも似たこのカラーはブロンズメタリックにより、やや光沢が抑えられており、他色には無い独特の仕上がりとなっています。

ネビュラブルーメタリック〈8X2〉

引用 https://toyota.jp/c-hr/

鮮やかなブルーからスポーティー感を感じられるカラーです。

カローラスポーツなどを筆頭にトヨタのスポーツカラーとなっているブルーはクーペスタイルのC-HRにも相性バッチリです。

★ ダークブルーマイカ

引用 https://toyota.jp/c-hr/

2020年 8月に新たにラインアップされた特別仕様車であるMode-Nero Safety Plusに設定された新色です。

引用 https://toyota.jp/c-hr/

合わせてホイール・フロントスポイラーもブラック塗装仕上げとなる為、全体がダークでモダンかつスポーティーな独特の仕上がりとなっています。

スポンサーリンク

ボディカラー選びのポイントは?

ボディカラー選びで迷っている方にトヨタC-HRのボディカラー選びで役に立つポイントを 3点に絞ってご紹介いたします。

ポイント ① ライフスタイルに合わせる

引用 https://toyota.jp/c-hr/

トヨタC-HRはSUVというパッケージングですが、その優れたデザイン性からスポーティー、都市、アウトドアと様々な表情を見せてくれます。

それぞれの皆さんの思うシチュエーションでカラー選びをする事をオススメします。

ポイント ② 機能で選ぶ

引用 https://toyota.jp/c-hr/

カラーにもそれぞれの機能というものがあります。

代表的な物だと、グレー系のカラーは汚れが目立ちにくい、レッド系は他色よりも鮮やかに、ホワイトは膨張色で他色よりも大きく見えるという特徴があります。

ポイント ③ リセールバリューで考えてみる

引用 https://toyota.jp/c-hr/

そもそもカラーに興味が無いという人は一考して頂きたいです。

トヨタで人気のカラーはパールホワイトやその 2トーンカラーなどのホワイト系が人気です。

査定の際にはプラスに働くことが多いので、オプションカラーの価格で迷っている人にもオススメです。

トヨタC-HRの人気カラーベスト3とお勧めカラーは

トヨタC-HRの人気カラーベスト3をご紹介いたします。

第一位;ホワイパールクリスタルシャイン

第二位;ブラック&エモーショナルレッドⅡ

引用 https://toyota.jp/c-hr/

第三位;ネビュラブルーメタリック(筆者オススメ)

やはり人気カラー第一位はトヨタのベストセラーでもあるホワイトパールクリスタルシャインです。

第二位は鮮やかなレッドとブラックの 2トーンカラーです。カタログモデルでもあったカラーで車体デザインとのマッチングも素晴らしいです。

第三位はスポーティーなブルーです。全高が抑えられたクーペスタイルのC-HRにはオススメのカラーです。

スポンサーリンク

トヨタC-HRの内装色

C-HRの内装色は総じてブラックを基調とした落ち着きとスポーツ感のある仕上がりとなっています。

今回はグレード別でシートカラーと形状についてご紹介いたします。

S、S-Tグレード

引用 https://toyota.jp/c-hr/

スタンダートなファブリックのシートです。

エントリーモデルにおいてもサイドサポートの厚いスポーツタイプのシートを装備しているところは外見だけでなく走りにこだわったC-HRのアイデンティティと言えます。

G、G-Tグレード

引用 https://toyota.jp/c-hr/

Sグレードからグレードアップし、ブラックを基調とした内装にオーキッドブラウンが入ったモダンなインテリアとなっています。

シート材質もブラックの上級ファブリックとブラウンの本革とのコンビネーションシートとなっています。

引用 https://toyota.jp/c-hr/

本グレードよりメーカーオプションでブラックの本革シートが選択可能となっています。

ブラックの本革は上質で内装の質感をより引き上げてくれます。

GR SPORT

引用 https://toyota.jp/c-hr/

トヨタスポーツラインであるGR SPORTでは専用のスポーツシートが装備されます。

サイドサポートとショルダーがせり出しており、シートのホールド性が確保されています。

素材はアルカンターラと皮革の組み合わせにより高級感のある仕上がりとなっています。

Mode-Nero Safety Plus

引用 https://toyota.jp/c-hr/

シートは上級ファブリックと本革が組み合わされ、シートヒーターが標準装備されています。

引用 https://toyota.jp/c-hr/

インパネはエクステリア同様にブラックに統一されています。

ドアトリム・インパネが専用のピアノブラック仕上げとなっており、高級感の中にもスポーティーさを感じられる特別なインテリアカラーです。

トヨタC-HRのボディカラー全色!人気カラーと内装色のお勧めは?のまとめ

今回のご紹介は如何でしたでしょうか。

トヨタC-HRには多彩なボディカラーと質感のある内装を持つコンパクトSUVです。

また、6MTにターボエンジンの搭載だけでなく、スポーツタイプのシートを装備するなど、内外装の両面からスポーティーさを感じる事ができる一台であると感じました。

皆さんの車選びの参考になれば幸いです。

それでは楽しいカーライフを!

アイキャッチ画像 https://toyota.jp/c-hr/

スポンサーリンク