トヨタの新型ハッチバック「カローラスポーツ」の価格と性能をご紹介

トヨタのスポーツハッチバックとして人気を得ているカローラスポーツ。先代モデルのオーリスから世界戦略車として本モデルに統一され、全方位に進化した 一台となっています。今回はそんなカローラスポーツの性能と価格、そして気になるチューニングについてもご紹介致します。

カローラスポーツのインテリア

カローラスポーツのインテリアはブラックを基調に直線的なデザインとなっています。

引用 https://toyota.jp/corollasport/

ボディ骨格の強さをインテリアにも反映させており、張り出したダッシュボードにストレートに伸びるコンソールから車体の堅牢性をイメージさせてくれます。

引用 https://toyota.jp/corollasport/

内装のカラーはグレードにもよりますが、ブラック、レッド、サドルタンの 3色から選択が可能となっています。

引用 https://toyota.jp/corollasport/

更に上級グレードの Zではシートがスポーツシート(シートヒーター付き)となり、よりホールド性の高いシートとなっています。

引用 https://toyota.jp/corollasport/

室内の収納はカローラ譲りの使いやすさを重視に設計されており、前席にはもちろんの事後席にもドリンクホルダーが装備されています。

センターコンソールの前後にはスマートフォンを置けるポケットが設けられており、車内の荷物をスマートに収納できます。

引用 https://toyota.jp/corollasport/

ラゲッジスペースは開口部の大きいハッチバックの利点を活かしたものとなっています。

後席を倒す事でトランクルームとフラットな状態となり、嵩張る荷物でも楽々収納が可能です。

また、トランクルームには軽量かつ分割開閉が可能なデッキボードが装備されています。

スポンサーリンク

カローラスポーツのエクステリア

引用 https://toyota.jp/corollasport/

カローラスポーツのエクステリアはフロントのフェイスリフトを始めとする低重心かつシャープなデザインとなっており、スポーティーな外観を持っています。

引用 https://toyota.jp/corollasport/

リアビューはフロントのシャープな印象を持ちつつも重圧感のあるものとなっており、スポーティーかつ迫力のある仕上がりとなっています。

ボディサイズは 全長 4,375mm × 1,790 × 1,460となり、先代モデルよりもボディサイズが拡大していますが、最小回転半径は 5.1mと 0.2m以上も小さくなっており、取り回しはよりしやすくなっています。

カローラスポーツのパフォーマンス

カローラスポーツにはガソリンターボエンジンとハイブリッドシステムを搭載した 2種類のパワートレインから選択が可能となっています。

ハイブリッドモデル

エンジン

1,800cc 直列 4気筒

最高出力
98ps/5200rpm

最大トルク
14.5kgf ・ m/3,600rpm

モーター

最高出力
72ps

最大トルク
16.6kgf ・ m

システム総出力
122ps

燃費(WLTCモード)
25.6 ~ 30.0Km/L

引用 https://toyota.jp/corollasport/

ハイブリッドモデルはプリウスのシステムを搭載しており、燃費とパワーの両立が図られています。

ハイブリッド用に扱いやすいエンジンとされていますが、車体に対して 1,800ccという充分な排気量のエンジンが与えられており、走りは余裕があります、加えてモーターの鋭いパワーはカローラスポーツを楽々加速させてくれます。

ガソリンターボエンジンモデル

排気量
1,200cc 直噴ターボエンジン

最高出力
116ps/5,200-5,600rpm

最大トルク
18.9kgf ・ m/1,500-4,000rpm

燃費(WLTCモード)
15.2-16.4Km/L

引用 https://toyota.jp/corollasport/

ターボによって低回転から 2,000ccエンジン並みのトルクを発生させており、加速に不満はなさそうです。

走りの方も堅牢なシャシーとボディによってパワーを余すことなく路面に伝える事が可能となっています。

ハイブリットモデルよりも約 80kg軽量となっており、軽快なハンドリングが得られるのも特徴です。

★おすすめオプション

AVS(アダプティブ・バリアブル・サスペンション)、最上位グレードの Zに用意されているオプションです。

装着によってドライブモードセレクトが通常の ECO/NORMAL/SPORTS の 3種類に加えてCOMFORTと SPORTS+が選択可能となっています。

引用 https://toyota.jp/corollasport/

開発は KYBとの共同開発で、スポーツ性とコンフォート性の両立が高次元で図られており、カローラスポーツの高いシャシー剛性を活かすものとなっています。

価格も 11万円(税込)とサスペンションにしてはリーズナブルなのもポイントです。

スポンサーリンク

カローラスポーツの価格とグレード

カローラスポーツの価格とグレードとパワートレイン別にご紹介致します。

ハイブリッド/HYBRID

HYBRID GZ

2,841,000円~(税込)

HYBRID G

2,660,000円~(税込)

HYBRID GX

2,488,000円~(税込)

ガソリンターボエンジンモデル

GZ

CVT
2,566,000円~(税込)
4WDCVT
2,764,000円~(税込)
6MT
2,521,000円~(税込)

G

CVT
2,385,000円~(税込)
4WDCVT
2,583,000円~(税込)
6MT
2,340,000円~(税込)

GX

CVT
2,202,000円~(税込)
4WDCVT
2,400,000円~(税込)
6MT
2,169,000円~(税込)

グレード解説

GZグレード

引用 https://toyota.jp/corollasport/

18インチホイール、Bi-BeamLEDヘッドランプ、LEDフォグランプ、7インチのカラーマルチインフォメーションディスプレイ、シートヒーター付きスポーツシート、外装にはサテンクロムメッキ仕様となりスポーティーかつモダンな仕上がりとなっています。最上級グレードらしい装備のグレードアップが図られています。

Gグレード

引用 https://toyota.jp/corollasport/

16インチアルミホイールにボディ各種にメッキパーツ、オート電動格納式ミラー、パーキングブレーキサポート、バックモニター、本革巻きステアリングが標準装備されています。

ミドルグレードらしい充実した装備によって非常にコストパフォーマンスの高いモデルとなっています。

GXグレード

引用 https://toyota.jp/corollasport/

カローラスポーツのエントリーグレードです。

LEDヘッドランプ、カラーマルチインフォメーション付きメーター、そして 7インチディスプレイオーディオ(CarPlay,Android Auto)を搭載しています。

★特別仕様車“Style Package”

引用 https://toyota.jp/corollasport/

ベースグレードの Gを元に、足元をクールに引き締める漆黒のブラックホイール、ボディにはクロムメッキが装飾されています。

引用 https://toyota.jp/corollasport/

内装には合成皮革とファブリックのコンビで機能性も高いレザテックを使用したものとなっており、見た目だけでなく、質感も大幅に向上しています。

カローラスポーツのチューニング

カローラスポーツはシャシー性能に優れ、チューニングベースに優れた素体となっています。

特にターボエンジンモデル搭載モデルは、高いポテンシャルを秘めておりライトチューンで大きな出力アップが狙えます。

TOM’Sフルコンプリートのカローラスポーツ                             引用https://www.tomsracing.co.jp/

今回はトヨタのオフィシャルチューナーとして SUPER GTにも参戦しているトムス(TOM’S)からパフォーマンスをアップさせるパーツをご紹介いたします。

TOM’S/トムス

① POWER BOX

41,800円(税込)

引用 https://www.tomsracing.co.jp/

ターボエンジンのブーストアップを行うサブコンピューターです。

エンジンルーム内の圧力センサーに割り込ませてブースト制御を行い、馬力 12ps、トルク 2.6kgf・m向上させます。

この数値はノーマルで、吸排気系をチューンアップする事で更なる出力アップが可能です。

出力アップが簡単にできる所はターボエンジンの面白さのひとつと言えます。

★ 電子スロットルコントローラー「LTS Ⅲ」

41,800円(税込)

引用 https://www.tomsracing.co.jp/

POWER BOXと合わせて取り付けたいのがこの電スロコントローラーです。

電子スロットル特有の反応のもたつきを解消するパーツで、ターボながら鋭いスロットルレスポンスをする事が可能となっています。

② エアクリーナー「スーパーラム」

6,600円(税込)

引用 https://www.tomsracing.co.jp/

吸気抵抗を低減しながらエンジン内部の塵やホコリの侵入を防ぐ特殊 3層フォームを使用した高効率フィルターです。

③エキゾースト「トムスバレル」

引用 https://www.tomsracing.co.jp/

ステンレス
150,000円(税抜)
チタンテール
180,000円(税抜)
カーボンテール
220,000円(税抜)

高品質のステンレス材の使用と、シンプルな構造により、優れた耐久性と迫力あるサウンドを実現しています。

テールカッターは、スタンダードなステンレスとレーシーなチタンとカーボンの 3種類を設定されています。

※装着には専用のリアデフューザー 75,000円(税抜)が必須となります。

④スポーツサスペンションキット

162,8000円(税込)

引用 https://www.tomsracing.co.jp/

ハイグリップタイヤにも対応するスポーツサスペンションキットです。

減衰調整も可能で、乗り心地を調整可能です。車高は全長調整式なので、純正車高から自由に設定が可能です。

※ AVS装着車には不適合

⑤スポーツブレーキパッド 前後セット

17,600(税込)

引用 https://www.tomsracing.co.jp/

ブーストアップで出力アップした動力性能に耐えるスポーツパッドです。

低温の街乗りからワインディングまで扱いやすい仕上がりとなっています。

トヨタの新型ハッチバック「カローラスポーツ」の価格と性能をご紹介まとめ

今回のご紹介は如何でしたでしょうか。

カローラスポーツにはスポーティーかつ質の高い装備が標準装備されており、走る楽しさを味わえるものとなっています。

引用 https://toyota.jp/corollasport/

パワートレインも燃費とパワーを両立したハイブリッドとチューニングベースとして高いポテンシャルを秘めて 6MTも選択が可能なターボエンジンモデルの 2つから選べる点もカローラスポーツの魅力の一つだと感じました。

今回のご紹介は如何でしたでしょうか。

それでは楽しいカーライフを!

スポンサーリンク