2020年 6月トヨタの人気SUVであるハリアーがフルモデルチェンジを果たしました。発売から 2か月程の現在で既に 5万台のオーダーが入るほどの人気ぶりを見せるトヨタ・新型ハリアーの進化と性能について解説していきます。後半には気になる価格とグレードについてもご紹介していきます。

トヨタ・新型ハリアーのエクステリア

新型のハリアーは先代モデルのデザインを踏襲しながらも、迫力の増したデザインとなっています。

引用 https://toyota.jp/harrier

ヘッドライトは改良型のLEDを採用する事でよりシャープなデザインを可能としました。

引用 https://toyota.jp/harrier

ボディはクーペスタイルとなり、Aピラーから Cピラーにかけての流れるように落とし込まれて都市型SUVとしての品格をさらに高めたモデルとなっています。

引用 https://toyota.jp/harrier

リアは 一直線のLEDコンビネーションとなり、コンセプトカーのように薄く、ダックテールのように張り出したデザインとなっています。

ボディサイズは全長 4,740×全幅 1,855×全高 1,660mmで先代モデルよりも全長 15mm×全幅 20mm大きくなっています。

対して全高は 30mm低くなっており、クーペスタイルと合わせてワイド&ローのデザイン性に優れたものとなっています。

尚、サイズ拡大による取り回しの問題についてはハンドル切れ角を拡大させる事で解消しており、最小回転半径は先代モデルと同様の 5.7mとなっています。

トヨタ・新型ハリアーのインテリア

インテリアは内装にレザーを多用した高級感のある仕上がりとなっています。

引用 https://toyota.jp/harrier

デザインは直線的なもので、乗馬の鞍をイメージした高く幅広いコンソールがハリアーのSUVとしての力強さを感じられます。

引用 https://toyota.jp/harrier

後席は 30mm拡大されたホイールベースの恩恵もあり、大人 3人が座っても不自由ない余裕のあるスペースとなっています。

引用 https://toyota.jp/harrier

カーナビゲーションは先代モデルのインダッシュ式からオンダッシュタイプに変更され、Z以上のグレードでは 12.3インチの大画面ディスプレイを装備しています。(G以下では 8インチ)機能も満載で、コネクテッドシステムに加えてスマートフォンとの連携機能を搭載しています。

引用 https://toyota.jp/harrier

また、Z以上ではアメリカの名門オーディオメーカーである JBLのプレミアムサウンドシステムが奢られています。

スピーカーはフロント 3wayのリア 1wayに+サブウーファー 1基という構成で、ハリアー専用にチューニングされたものとなっています。

ソフト面では mp3や Bluetoothなどで圧縮された音源を CD相当にアップサンプリングする Clari-Fi(クラリファイ)機能を装備しています。

オーディオは自動車の中で最もコスト削減をし易い部門の一つですが、故にアップグレードの効果は絶大で誰もが音の良さを体感できます。

★ 調光パノラマルーフ(電動シェード付き)

引用 https://toyota.jp/harrier

最上級の Zグレードで選択可能なサンルーフです。

このルーフは電動シェードとは別に調光が可能なサンルーフで、二枚のガラスの間にある特殊なフィルムによって車内の調光が瞬時に行えるものとなっています。

この技術は市販車だとメルセデスベンツの Sクラスなどの一部の高級サルーンにしか採用されていない特殊な装備です。

調光モードにすると障子に光が差したような柔らかな光が車内に入り、モダンな和の空間を演出します。

Z以上のグレードが予算の範囲内であれば間違いなく選びたいオプションです。

スポンサーリンク

トヨタ・新型ハリアーのパフォーマンス

走りの質は先代モデルから更にブラッシュアップされており、大型になったボディとは裏腹に走りの楽しさも味わえる乗り味になっています。

シャシー&ボディ

引用 https://toyota.jp/harrier

ボディ拡大によるスタビリティ向上の恩恵を受けながらも車両重量はボディ各部のハイテン材の見直しや補強の見直し・エンジンなどのパワートレインの改良により、ガソリンモデルで約 50kg、ハイブリッドモデルで約 60kgの軽量化を実現しています。

引用 https://toyota.jp/harrier

シャシーは RAV4に採用されている GA-Kプラットフォームを基盤とし、走りの質と限界が高められた堅牢なシャシーを持ちます。

加えて新型ハリアーはスムーズなストロークを可能とした新開発のサスペンションと各部のノイズ対策が行われたボディユニットによって上級サルーン並みの静粛性を有しています。

パワートレイン

新型ハリアーのパワーユニットは自然吸気のガソリンエンジンとハイブリッドシステムの 2つがラインアップされています。

ガソリンエンジン

M20A-FKS型 直列 4気筒エンジン

最高出力
171ps/6,600rpm

最大トルク
21.1kgf・m/4800rpm

燃費(WLTCモード)
15.4km/L 4WDモデルは14.7km/L

引用 https://toyota.jp/harrier

直噴化されたエンジンにより出力・燃費性能が 20%ほど向上しているのが特徴です。

軽量化されたボディと相まってエンジンモデルでも先代のような鈍さを払拭しているコストパフォーマンスの高いユニットです。

ハイブリッドユニット(ガソリンエンジン+モーター)

A25A-FXS型 直列 4気筒エンジン

最高出力
178ps/5,700rpm

最大トルク
22.5 kgf・m/3,600-5,200rpm

3NM(フロントモーターユニット)

最高出力
120ps

最大トルク
20.6 kgf・m

4NM(リアモーターユニット4WDのみ装備)

最高出力
54ps

最大トルク
12.3kgf・m

燃費(WLTCモード)
22.3km/L 4WDモデルは 21.6km/L

引用 https://toyota.jp/harrier

直噴化されたエンジンにより、ハイブリッドモデルでのエンジンパワーも大きく向上しました。

合わせてモーターユニットの小型軽量化により車体の運動性能もアップしています。

トヨタ・新型ハリアーの運転支援機能

運転支援機能で特筆すべき装備は Gグレード以上で装備されるデジタルインナーミラーです。

引用 https://toyota.jp/harrier

車両後方の映像を高精度カメラで映し出す物です。

荷物や搭乗者が居ても良好な視界を確保すると共に、広角レンズの採用によってミラーよりも広い視界を確保しています。

切り替えレバーにより鏡面モードとの切換えも瞬時に可能となっています。

引用 https://toyota.jp/harrier

運転支援機能は Toyota Safty Senseを全グレードで標準装備しています。

スポンサーリンク

トヨタ・新型ハリアーの価格とグレード

トヨタハリアーの価格とグレードを一挙にご紹介いたします。

Sグレード

引用 https://toyota.jp/harrier

ハイブリッドモデル
358万円(税込)~/4WD E-four 380万円(税込)~

ガソリンモデル
299万円(税込)~/4WD 319万円(税込)~

引用 https://toyota.jp/harrier

ハリアーのエントリーグレードモデルです。

エントリーモデルにおいても 8インチのディスプレイオーディオや LEDヘッドライトを標準で採用しており、質感が高いのが特徴です。

なによりハリアーを乗り出しで 300万円~で買えるのは非常にコストパフォーマンスの高いグレードと言えます。

Gグレード

引用 https://toyota.jp/harrier

ハイブリッドモデル
400万円(税込)~/4WD E-four 422万円(税込)~

ガソリンモデル
341万円(税込)~/4WD 361万円(税込)~

引用 https://toyota.jp/harrier

ハリアーのミドルグレードで、7インチメーターディスプレイ、プロジェクター式 LEDヘッドライト、18インチホイールを採用した大本命のグレードと言えます。

引用 https://toyota.jp/harrier

また、内装色は通常色のブラックの他にオプションでブラウンとグレーの 2色から選択が可能です。

Zグレード

引用 https://toyota.jp/harrier

ハイブリッドモデル
452万円(税込)~/4WD E-four 474万円(税込)~

ガソリンモデル
393万円(税込)~/4WD 413万円(税込)~

引用 https://toyota.jp/harrier

ハリアーの最上位グレードで、12.3インチの大画面カーナビゲーションシステムと JBLのプレミアムサウンドシステムを標準装備されています。

ホイールも 19インチとなり、エレガントなスタイリングとなっています。

インテリアカラーは Gグレード同様に ブラウンと グレーから選択が可能です。

Leather Package

Gハイブリッドモデル
482万円(税込)~/4WD E-four 504万円(税込)~

Gガソリンモデル
423万円(税込)~/4WD 443万円(税込)~

Zハイブリッドモデル
430万円(税込)~/4WD E-four 452万円(税込)~

Zガソリンモデル
371万円(税込)~/4WD 391万円(税込)~

引用 https://toyota.jp/harrier

G/Zグレードから +30万円で選択可能なパッケージです。

ステアリング・シートは本革となり、ヒーター&クーラーが運転席と助手席で装備されています。(ステアリングはヒーターのみ)加えて助手席も電動シートになり、質感が大幅に向上しています。

トヨタ・新型ハリアー堂々のフルモデルチェンジその進化と性能についてご紹介まとめ

今回のご紹介は如何でしたでしょうか。

新型ハリアーは旧モデルから全方位で進化を遂げており、堂々たるデビューを果たしました。

引用 https://toyota.jp/harrier

デザインはよりシャープになりスポーティーかつエレガントな SUVでかつ、デザイン・装備・価格の面から見ても弱点が 一切ない ハリアーは今後も人気を集める 一台になると感じました。

グレード構成も分かりやすく、価格設定とそれぞれのグレードに長所がある事によりどのグレードを選んでも満足度の高いモデルとなっています。

今回のご紹介は如何でしたでしょうか。

それでは楽しいカーライフを!

関連記事🔗トヨタ新型ハリアーのボディカラー全色!人気カラーと内装色のお勧め

アイキャッチ画像 https://toyota.jp/harrier

スポンサーリンク