スズキ新型アルト・フルモデルチェンジ!低価格と低燃費・内外装一新

スズキの人気軽自動車であるアルトがフルモデルチェンジを果たしました。低価格のパッケージはそのままに、待望のハイブリッドモデルが登場して更に魅力の増した  一台となりました。今回はそんなスズキ・新型アルトの情報をお届け致します。

スズキ新型アルトとは

スズキ・新型アルトは 2021年 12月 10日に発表されたアルトの新型モデルとなります。

初代モデルから 一貫して運転のしやすさ、使い勝手のよさ、経済性の高さなどを兼ね備えた実用的な軽自動車として確実に進化してきました。

引用 https://www.suzuki.co.jp/car/alto/

内外装デザイン 一新の他に、待望のハイブリッドモデルが登場しました。

R06D型エンジンとマイルドハイブリッドの搭載でさらなる低燃費を実現し、WLTCモード燃費では軽自動車トップの 27.7km/Lを達成し、軽自動車の中でもトップクラスの低燃費性能を誇ります。

引用 https://www.suzuki.co.jp/car/alto/

安全面では、0次安全の強化としてガラスエリアを拡大して視界を広くしたほか、夜間の歩行者も検知するデュアルカメラブレーキサポートなどを搭載する「スズキ セーフティ サポート」と 6エアバッグを全車に標準装備した事で、安全・安心して乗れる 一台となっています。

スポンサーリンク

スズキ新型アルト嬉しい低価格(グレード別紹介)

スズキ新型アルトのグレード別価格と装備についてご紹介致します。

A

2WD
943,800 円(税込)~
4WD
1,075,800 円(税込)~

引用 https://www.suzuki.co.jp/car/alto/

スズキアルトの廉価グレードと言えるグレードで、装備と価格が最小限に抑えられたグレードです。商用車やチョイ乗りがメインという方にオススメのグレードです。

L

2WD
998,000 円(税込)~
4WD
1,129,700 円(税込)~

引用 https://www.suzuki.co.jp/car/alto/

ガソリン車モデルの上級グレードで、アルトのミドルグレードモデルとも言えるモデルです。

ホイールキャップやカラードアハンドル、運転席のシートヒーターなど装備が大幅に充実しているのもポイントです。

更にオプションのアップグレードパッケージによって装備をHYBRIDモデルと同様に仕立て上げられるのも特長です。

HYBRID S

2WD
1,097,800 円(税込)~
4WD
1,228,700 円(税込)~

引用 https://www.suzuki.co.jp/car/alto/

マイルドハイブリッドシステムを搭載したHYBRIDモデルのエントリーグレードモデル、アルト全体のグレードではミドルハイグレードと言える立ち位置となります。

カラードアミラー、インテリアでは各所にサテンメッキ仕様の装飾が施されるなど、ワンランク上の質感を持つグレードとなっています。

HYBRID X

2WD
1,259,500 円(税込)~
4WD
1,379,400 円(税込)~

引用 https://www.suzuki.co.jp/car/alto/

スズキアルトの最上級グレードで、フルオートエアコン、チルトステアリング、運転席のシートリフター、LEDヘッドライト、アルミホイールの採用などにより快適性が大幅にアップしています。

引用 https://www.suzuki.co.jp/car/alto/

更にオプションで全方位モニター付きディスプレイオーディオを選択すれば、死角を極限まで減らせるうえ、ナビゲーションシステムシステムに連動したヘッドアップディスプレイも標準装備される充実した装備が魅力のグレードとなっています。

スズキ新型アルトの内外装 一新

スズキ新型アルトの内外装についてご紹介致します。

スズキ新型アルトの外装

引用 https://www.suzuki.co.jp/car/alto/

「気軽」「安心」「愛着」をコンセプトとし、ベーシックなスタイルによって、誰もが気軽に安心して乗れる親しみやすいデザインを基に、評判の良かった先代モデルをベースに各部にエッジを効かせながらも丸みの帯びたデザインとする事でフレッシュかつ先進的な印象を受けます。

スズキ新型アルトの内装

引用 https://www.suzuki.co.jp/car/alto/

エクステリアと同様に「気軽」「安心」「愛着」をコンセプトとし、抑揚のある面や線で厚みと立体感を表現した毎日乗っても飽きのこないデザインとなっています。

引用 https://www.suzuki.co.jp/car/alto/

また、シート素材にはあらゆる世代で親しまれているデニム調を採用しており、シート背面はブラウンとし、シート全体で親しみやすさを演出しています。

スズキ新型アルト軽での低燃費はトップクラス

HYBRIDモデルには実用速度域(低速~中高速まで)で高い燃費性能と軽快な走りを実現するR06D型エンジンとISG(モーター機能付発電機)と専用リチウムイオンバッテリーを組み合わせた独自のマイルドハイブリッドシステムを搭載しており、WLTCモード燃費では軽自動車トップの 27.7km/Lを達成しています。

引用 https://www.suzuki.co.jp/car/alto/

ガソリンエンジンモデルには低燃費と力強い走りを両立するR0 6A型エンジンと、減速時のエネルギーで発電・充電し、無駄な燃料消費を抑える「エネチャージ」を採用。

発電によるガソリン消費を必要最低限に食い止めるとともに、エンジンへの負担を軽減して軽快な走りにも貢献しており、23.5km/Lを達成しています。

スポンサーリンク

予防安全技術「スズキセーフティサポート」

スズキ新型アルトでは夜間の歩行者も検知するステレオカメラ方式の衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」をはじめ、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、ハイビームアシスト、後退時ブレーキサポート、後方誤発進抑制機能が統合されたスズキセーフティサポートを全車に標準装備しています。

引用 https://www.suzuki.co.jp/car/alto/

また、6エアバッグ(運転席・助手席SRSエアバッグ、フロントシートSRSサイドエアバッグ、SRSカーテンエアバッグ)と軽量衝撃吸収ボディーTECT(テクト)が標準装備され、ワンランク上の安全装備を装備しています。

スズキ新型アルト・フルモデルチェンジ!低価格と低燃費・内外装 一新のまとめ

今回のご紹介は如何でしたでしょうか。スズキ新型アルトはスズキセーフティサポートを中心に安全装備が充実した 一台であると感じました。

エクステリアでは親しみやすさを、インテリアでは収納を増やす等の改良によって、使い勝手の良い、馴染むクルマとして着実に進化しています。

皆さんの車選びの参考になれば幸いです。

それでは楽しいカーライフを!

アイキャッチ画像 https://www.suzuki.co.jp/car/alto/

関連記事🔗スズキ新型アルトボディカラー全色と内装色!おすすめカラーは何?

スポンサーリンク