クラウン新型 2022クロスオーバーの価格と内外装!納期情報は?

新しいクラウンをテーマに開発されたクラウンは新時代のフラッグシップとして新たに 4つのコンセプトマシンとして登場しました。その第一段としてクラウンクロスオーバーが販売開始となりました。今回はそんなクラウンクロスオーバーの価格と内装色、グレード構成についてご紹介致します。



クラウン新型クロスオーバーとは?

トヨタクラウンのフルモデルチェンジを記念して、トヨタはクラウンをこれまでのセダンとしてではなく、セダンも含めた 4種類のボディタイプで展開する新しいラインアップをする事が発表されました。

引用 https://global.toyota/jp/

その第一段として登場したのがこのクラウンクロスオーバーです。

大径ホイールが目立つ、クロスオーバーデザインで、SUVブームの流れを汲みつつもセダンの走行性能をも淩駕りょうがする、セダンとSUVの中間的な存在として注目が集まっています。

引用 https://toyota.jp/crown/

クラウンは “いつかはクラウン” のキャッチコピーを皮切りに、おじさんの車としてのイメージが良い意味でも悪い意味でも強く定着していました。

引用 https://toyota.jp/

今回に限らず、クラウンはアスリート、RSといったスポーティーグレードを展開する事でどうにか客層を広げたいというサインを出してきました。

引用 https://toyota.jp/

ですが、クラウンという車格を維持するためには価格を下げる事ができないという縛りもあった為、客層の大きな変化は無かったというのが実情です。

特に、レクサスの日本上陸により、スポーツラグジュアリーセダンのアリスト・高級セダンのセルシオの穴も埋める必要があった為、クラウンの価値はより高まる方向に行ってしまった事も原因のひとつと言えます。

引用 https://toyota.jp/crown/

そんな中で今回のクラウンはクラウンとしての品格を維持しつつも、V型エンジンの廃止、ベースのFF化等の変更によって価格を下げる事にも成功しています。

加えて、デザインも欧州車のような外観にした事で若者や女性といったこれまでのクラウンとは大きく異なる客層を呼び込む工夫が凝らされています。

スポンサーリンク

クラウン新型クロスオーバーのグレード別価格

クラウンクロスオーバーは 2つのエンジン仕様によってグレード構成が大きく異なります。

燃費性能を求めたCROSSOVER XとG、ターボエンジンの搭載によってパワフルな走りを可能としたRSシリーズの 2つに大別されます。

引用 https://toyota.jp/crown/

特長としてはどちらもハイブリットモデルで、4WDであるという事です。

基本的な動力はエンジン+モーターのフロントで負担し、燃費性能を追求しています。

リアはモーターによる駆動でフロントをアシストし、車体の安定性に加えて 4WDとして抜群のトラクション性能を有しているのがクラウンクロスオーバーの特長と言えます。

2.5L自然吸気エンジン+モーターハイブリット 4WD 5人乗りモデル

CROSSOVER X

4 350 000 円(税込)~

引用 https://toyota.jp/crown/

クラウンクロスオーバーのエントリーグレードモデルです。

装備は充実しており、Bi-Beam LEDに19インチホイールを装備しています。

CROSSOVER G

4 750 000 円(税込)~

引用 https://toyota.jp/crown/

Xの装備に加えて自動防眩ミラー、電動チルト&テスコピックステアリング、全ドアからドアの施錠&開錠が可能なスマートエントリー&スタートシステム、ディスプレイオーディオを装備する他、シートは表皮がファブリックから上級ファブリックになり、運転席 6wayから、ランバーサポートを含めた 8wayにグレードアップします。

Xグレードとの価格差は 50万円と安くありませんが、装備は大幅なアップグレードが施される為、このグレードが売れ筋モデルとなりそうです。

CROSSOVER G“Advanced”

5 100 000 円(税込)~

引用 https://toyota.jp/crown/

Gグレードの装備に加えてパーキングサポートブレーキ、パノラマビューモニター、ナビ連動ヘッドアップディスプレイ、デジタルキー、ハンズフリートランク、リアドアのイージークローザーが装備されます。

Gグレードから 35万円アップとなりますが、日常ユースでの装備を充実させたい方にオススメのグレードです。

CROSSOVER G“Leather Package”

5 400 000 円(税込)~

引用 https://toyota.jp/crown/

Gグレードの装備に加えて、大径の 21インチホイール、アダブティブハイビーム、ブラインドスポットモニター、4眼ヘッドライト、リバース連動ミラー等の安全装備を中心にアップグレードされます。

快適面ではステアリングヒーター、シートヒーター&ベンチレーション付き本革シートが装備されます。

Gから 65万円の価格アップとなりますが、クラウンとしての装備、品を備えているのが特徴です。

クラウンとしての装備を求める方にお勧めのグレードです。

スポンサーリンク

CROSSOVER G“Advanced・Leather Package”

5 700 000 円(税込)~

引用 https://toyota.jp/crown/

上記のAdvancedとLeather Packageの両グレードの装備が施される上級グレードです。

日常ユース、快適性、安全装備の全てが満足に叶えられたハイグレードモデルです。

2.4Lターボエンジン+モーターハイブリットモデル 4WD 5人乗り

CROSSOVER RS

6 050 000 円(税込)~

引用 https://toyota.jp/crown/

2.4Lターボエンジンを搭載するスポーティーモデルです。

Leather Packageの装備に加えて、専用のエクステリアパーツとしてホイール、エンブレムの他、パドルシフト、アダブティブダンパーとそれに伴うドライブセレクトモードの選択が可能となります。

走りの装備が与えられた新しいクラウンを味わいたい人にはオススメのグレードです。

CROSSOVER RS“Advanced”

6 400 000 円(税込)~

引用 https://toyota.jp/crown/

クラウンRSの装備に加えて、日常ユースを快適にするAdvancedの装備が加わったクラウンクロスオーバーの最上級グレードです。



愛車サブスクリプションのKINTO

クラウン新型クロスオーバーの内外装

クラウンクロスオーバーの内外装についてご紹介致します。

クラウンクロスオーバーの外装

クラウンのフラッグシップとしてのありかたを再定義する為にデザインされたものです。

これまでの伝統的であったセダンスタイルから、大径ホイールを装着するクロスオーバーデザインへと進化しました。

引用 https://toyota.jp/crown/

クラウンクロスオーバーでは大径ホイール&タイヤに拘りをもって作られており、リフトアップデザインを支える “命” としてツライチかつタイヤが大きく見えるようにタイヤを新設計しています。

引用 https://toyota.jp/crown/

クーペスタイルを意識したクロスオーバーデザインにより、これまでよりもスポーティーなデザインとなっています。

ボディサイズは全長 4 930mm×全幅 1 840mm×全高1 540mmとこれまでのクラウンよりもひと回り大きいサイズとなりました。

クラウンクロスオーバーの内装

インテリアは開放感がありつつも優雅なデザインとなっています。

引用 https://toyota.jp/crown/

心地良い空間を目指した内装は、大きくなったクラウンのボディサイズを活かした余裕ある空間となっています。

リアシートはフロント同様にサイドサポートを深く取った物となっていて、高速・長距離の移動も快適に過ごす事が可能となっています。

引用 https://toyota.jp/crown/

インターフェースには直感的に操作できるディスプレイオーディオを標準装備しています。

サイズは 12.3インチHDディスプレイで、音声認識にも対応していてステアリングスイッチから呼び出し可能で、運転中に手を離す事無く操作が可能です。

引用 https://toyota.jp/crown/

トランク容量は 450Lで、ゴルフバック 2つを収容可能です。

また、トランクスルーも可能で、長尺物を後席中央に収容できます。

収納スペースも充実しており、各ドアにはペットボトルを収納できる他、フロントカップホルダー、コンソール、センターアームレストに収納が可能となっています。

★アクセサリーコンセント

AC100V・1500Wの出力が可能なコンセントをセンターコンソール後部とラゲッジルーム右側に設置されています。

ガソリン満タンの状態で消費電力 400Wの使用の場合で約 6日間の電力供給が可能となっています。

アウトドアではもちろんの事、災害時にも役立つ装備です。

クラウン新型クロスオーバーの納期情報

・納期情報

クラウンの納期は現在、発注後 6か月+α(オプション内容等による)という情報があります。

更にグレードCROSSOVER X、CROSSOVER G、CROSSOVER G“Leather Package”とターボエンジンを搭載するクラウンクロスオーバーRSは、生産開始予定が年明け 2023年 1月からという事もあり、更に長期化する事が予想されます。

・納期を早める事はできる?

現段階では納期を上記よりも早める事は難しいと言えます。

限りなく低い可能性ですが、店舗によってはキャンセルが発生する車両もあると思いますので、最寄りの店舗や、付き合いのあるディーラーに声をかけてみるのも良いでしょう。

クラウン新型 2022クロスオーバーの価格と内外装!納期情報のまとめ

今回のご紹介は如何でしたでしょうか。

新型クラウンクロスオーバーでは、グレードが幅広く展開され、ハイブリットモデルオンリーとなりましたが、ハイブリットの中でもエンジンを 2種類展開するというこれまでにはない新しいラインアップとなりました。

引用 https://toyota.jp/crown/

セダンというかせから外れたクラウンには新しい魅力が詰まっていると感じました。

皆さんの車選びの参考になれば幸いです。

それでは楽しいカーライフを!

アイキャッチ画像 https://toyota.jp/crown/

関連記事🔗クラウン新型クロスオーバーボディカラーと内装色が一新!お勧めは何



スポンサーリンク