クラウン新型クロスオーバーボディカラーと内装色が一新!お勧めは何

革新と挑戦を掲げてこれまでのクラウンから大きく進化を遂げたクラウンクロスオーバーは、新時代のフラッグシップとして進化しました。今回はそんなクラウンクロスオーバーの豊富なボディーカラーとグレード毎に異なる内装カラーとシート材質についてご紹介致します。


新型クロスオーバーボディーカラー全色紹介

クラウンクロスオーバーは先代のラインアップから大きく変わって、2トーンカラーを基軸とした新しい提案がなされています。

尚、エントリーグレードであるCROSSOVER Xは、090ホワイトパール1j6シルバー202ブラックのみとなります。

バイトーン(2トーン)カラー

ブラック〈227〉×プレシャスホワイトパール〈090〉[2XW]

メーカーオプション
165 000 円(税込)

引用 https://toyota.jp/crown/

王道のブラック&ホワイトの 2トーンカラーです。

ルーフ、ボンネットがブラックになる事で、これまでの 2トーンカラーにはないクロスオーバーらしいスポーティーさを備えています。

ブラック〈227〉×プレシャスメタル〈1L5〉[2ZA]

メーカーオプション
165 000 円(税込)

引用 https://toyota.jp/crown/

ブラックとソリッド感が際立つ 2トーンカラーです。

大径ホイールとの相性も非常に良いのも特徴です。

ブラック〈227〉×プレシャスシルバー〈1J6〉[2ZB]

メーカーオプション
165 000 円(税込)

引用 https://toyota.jp/crown/

ブラックと銀色のシルバーが魅力の 2トーンカラーです。

プレシャスシルバーは、ホワイトとメタルグレーの中間に位置するカラーです。

ブラック〈227〉×エモーショナルレッドⅡ〈3U5〉[2YZ]

メーカーオプション
165 000 円(税込)

引用 https://toyota.jp/crown/

ブラックとレッドのカラーリングが美しい 2トーンカラーです。

鮮やかでスポーティーなレッドはクラウンクロスオーバーのスポーティーな面を押し出すカラーと言えます。

ブラック〈227〉×プレシャスブロンズ〈4Y6〉[2XZ]

RS・RS“Advanced”は選択不可

メーカーオプション
165 000 円(税込)

引用 https://toyota.jp/crown/

モダンなブロンズとブラウンの 2トーンカラーです。

カタログカラーにもなっているカラーリングで、新しいクラウンクロスオーバーのキャラクターにマッチしているカラーです。

ブラック〈227〉×プレシャスレイ〈5C4〉[2YA>]

RS・RS“Advanced” 専用カラー

メーカーオプション
165 000 円(税込)

引用 https://toyota.jp/crown/

RS専用カラーとなっているスポーティーな 2トーンカラーです。

レーシングイエローの系譜であるプレシャスレイはクラウンクロスオーバーの中で、最もレーシーなカラーとなっているのが特徴です。

スポンサーリンク

モノトーンカラー

プレシャスホワイトパール〈090〉

メーカーオプション
55 000 円(税込)

引用 https://toyota.jp/crown/

人気のオプションカラーであるホワイトパールです。

開口部の大きなグリルが特徴的に映るカラーです。

プレシャスメタル〈1L5〉

メーカーオプション
55 000 円(税込)

引用 https://toyota.jp/crown/

ソリッド感際立つ、ガンメタ系のシルバーです。

全幅が大きくなった事もあり、車両の迫力を感じられるカラーです。

プレシャスシルバー〈1J6〉

メーカーオプション
55 000 円(税込)

引用 https://toyota.jp/crown/

美しい銀色のシルバーです。

ホワイトパールとプレシャスメタルの中間に位置する、ボディラインの美しさが際立つカラーです。

ブラック〈202〉

引用 https://toyota.jp/crown/

ラメやパールの無い、美しい艶を持つ 202ブラックです。

各部のメッキパーツが際立つのが特徴です。

エモーショナルレッドⅡ〈3U5〉

メーカーオプション
55 000 円(税込)

引用 https://toyota.jp/crown/

鮮やかでスポーティーなレッドが特徴なカラーです。

これまでのクラウンにはない華やかで女性らしさも感じられるカラーです。

プレシャスブロンズ〈4Y6〉

RS・RS“Advanced”は選択不可

メーカーオプション
55 000 円(税込)

引用 https://toyota.jp/crown/

モダンなブロンズカラーが特徴のカラーです。

落ち着きのあるカラーが欲しい方にオススメのカラーです。

 

KINTOは購入でもシェアでもない、新しいクルマの持ち方

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
故障修理/自動車税/車両オプション代
/任意保険/各種メンテナンス/登録諸費用がコミコミ!
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

頭金0円、月々定額で始める愛車のサブスクリプションサービスKINTO!

詳しくはこちら⇒⇒愛車のサブスクリプションサービスKINTO!



新型クロスオーバーの内装色!

クラウンクロスオーバーでは内装色と共にシート表皮が変わります。

今回はグレード別にカラーリングとシート表皮についてご紹介致します。

CROSSOVER X ブラック
シート表皮:ファブリック+合成皮革

引用 https://toyota.jp/crown/

クラウンクロスオーバーのエントリーグレードである本モデルは、背中は通気性の良いファブリックで、サイドサポートは滑りにくく、張りのある合成皮革となっています。

CROSSOVER G・GAdvanced” ブラック
シート表皮:上級ファブリック+合成皮革

引用 https://toyota.jp/crown/

Xと同様のブラックですが、肌触りの良い上級ファブリックとなっています。

クラウンの快適性が更に高まっているのが特徴です。

CROSSOVER G“Leather Package” “AdvancedLeather Package
シート表皮:本革 ブラック

引用 https://toyota.jp/crown/

レザーパッケージでは 3つのカラーリングから選べます。

シートは本革シートとなり、非常に質感の高いものとなっています。

更に、機能面ではシートベンチレーション&ヒーターが備わり、春夏秋冬いつでも快適に過ごせるのが特徴です。

ブラック/ダークチェスナット

引用 https://toyota.jp/crown/

フロマージュ

引用 https://toyota.jp/crown/

CROSSOVER RS・RS“Advanced” ブラック/イエローブラウン
シート表皮:本革

引用 https://toyota.jp/crown/

本革シートとしての機能はそのままに、カラーリングがブラック&イエローブラウンとなっているのが特徴です。

ボディーカラーの限定 2トーンに合わせられており、室内も 2トーンとなる事でスポーティーな仕上がりとなっています。

スポンサーリンク

新型クロスオーバーお勧めカラーは

筆者オススメのオススメカラー 2色をご紹介致します。

ブラック〈227〉×プレシャスブロンズ〈4Y6〉[2XZ]

引用 https://toyota.jp/crown/

クラウンクロスオーバーの顔とも言えるこの 2トーンカラーは、カタログカラーにもなっているスペシャルカラーです。

落ち着きがありつつも、どこか挑戦的でかつ品のある仕上がりとなっています。

ブラック〈202〉

引用 https://toyota.jp/crown/

クロスオーバーとなり大きく変化を遂げたクラウンですが、クラウンらしい気品のある佇まいとなっています。

202ブラックは、混じり気の無い艶のあるブラックで高級車としての風格、そして威厳を放っています。



愛車サブスクリプションのKINTO

クラウン新型クロスオーバーボディカラーと内装色が 一新!お勧めは何のまとめ

今回のご紹介は如何でしたでしょうか。

新型クラウンクロスオーバーには豊富なボディーカラーと、グレード別に異なるシート材質がラインアップされており、かなり力の入ったモデルであると感じました。

クロスオーバーとなり色々と戸惑う声もありますが、クラウンの名に相応しい装備と内装、そしてボディーカラーのラインアップとなっています。

皆さんの車選びの参考になれば幸いです。

それでは楽しいカーライフを!

アイキャッチ画像 https://toyota.jp/crown/

関連記事🔗クラウン新型 2022クロスオーバーの価格と内外装!納期情報は?

スポンサーリンク