トヨタ新型ルーミーには新たなボディーカラーが加わってマイナーチェンジされました。日常シーンが多い車だから、ボディーカラーや内装色はしっかりと選びたいですよね。今回はそんなトヨタルーミーのボディーカラー・内装色をご紹介致します。

トヨタ新型ルーミーのボディーカラー!

マイナーチェンジされたトヨタルーミーには全 12種類のボディーカラーがラインアップされています。

以下にボディーカラーを一挙にご紹介致します。

オプションカラー/ツートーン

ブラックマイカメタリック×ファイアークォーツレッドメタリック

55,000円(税込)

引用 https://toyota.jp/roomy/

鮮やかなレッドとクールなブラックのコントラストがスポーティーなツートーンカラーです。

ブラックマイカメタリック×パールホワイトⅢ

77,000円(税込)

引用 https://toyota.jp/roomy/

王道のブラック&ホワイトツートーンにおいても高級感を求める方にオススメのカラーです。

ブラックマイカメタリック×ブリリアントカッパークリスタルマイカ

77,000円(税込)

引用 https://toyota.jp/roomy/

優しいブリリアントカッパーとクールなブラックの組み合わせが美しいツートーンカラーです。

オプションカラー/モノトーン

レーザーブルークリスタルシャイン

33,000円(税込)

引用 https://toyota.jp/roomy/

深みのあるエメラルドグリーンがメッキパーツを彩るカラーリングです。

クールバイオレットクリスタルシャイン

33,000円(税込)

引用 https://toyota.jp/roomy/

バイオレットカラー高級感とスポーティー感が欲しい人にオススメのカラーです。

プラムブラウンクリスタルマイカ

33,000円(税込)

引用 https://toyota.jp/roomy/

高級家具のように塗装されたブラウンは落ち着きと高級感を求める人にオススメのカラーです。

ブリリアントカッパークリスタルマイカ

33,000円(税込)

引用 https://toyota.jp/roomy/

美しい銅のカラーです。色合いが明るく、キュートなピンクを思わせるカラーリングです。

パールホワイトⅢ

33,000円(税込)

引用 https://toyota.jp/roomy/

人気のパールホワイトは、ルーミーに高級感と迫力を与えてくれます。

スタンダードカラー

ターコイズブルーマイカメタリック

引用 https://toyota.jp/roomy/

湖をイメージした本カラーは明るく、かつスポーティーな印象を与えてくれます。

ファイアークォーツレッドメタリック

引用 https://toyota.jp/roomy/

ワインレッドのようなレッドで、赤は派手過ぎて苦手という形にもオススメのカラーです。

ブライトシルバーメタリック

引用 https://toyota.jp/roomy/

硬派なシルバーはソリッド感が際立つカラーリングです。

明るめのシルバーですが、全カラーの中で最も汚れが目立ちにくいカラーです。

ブラックマイカメタリック

引用 https://toyota.jp/roomy/

高級感のあるブラックです。

ラメのような輝く塗装となっていて、従来の 303ブラックよりも汚れに強いというメリットがあります。

スポンサーリンク

トヨタ新型ルーミーのボディーカラーでお勧めの色は

ルーミーのオススメカラーは、マイナーチェンジ後に追加された以下の 2色がオススメです。

・ターコイズブルーマイカメタリック

引用 https://toyota.jp/roomy/

・クールバイオレットクリスタルシャイン

引用 https://toyota.jp/roomy/

ビックマイナーチェンジとは違い、前期型のデザインも色濃く残っている為、マイナーチェンジならではのカラー選びという事で上記の 2色を上げさせて頂きました。

いずれのカラーも派手過ぎず、地味過ぎないオシャレなカラーリングです。

トヨタ新型ルーミーの内装色

ルーミーの内装色はグレードによって異なります。

尚、ミドルグレードの G、最上級グレードのカスタム共に、フロントウォークスルー等のギミックは同様に可能となっています。

X、Gグレード:ブラック&アッシュブラウン

引用 https://toyota.jp/roomy/

エントリー、及びミドルグレードクラスの両グレードはブラック&アッシュブラウンの内装となっています。

ブラックをベースとした内装にブラウンがあしらわれたモダンなインテリアとなっています。

カスタムグレード:ブラック

引用 https://toyota.jp/roomy/

カスタムグレードの内装はブラックでまとめられています。

X、Gグレードと異なるのはシートの素材でカスタムグレードのファブリックシートは撥水機能付きとなり、濡れた荷物や、万が一飲み物をこぼしても乾きやすい使い勝手の良いシートとなっています。

スポンサーリンク

ボディーカラーの選び方

ボディカラー選びで迷っている方にトヨタルーミーのボディカラー選びで役に立つポイントを 3点に絞ってご紹介いたします。

ポイント ①
ライフスタイルに合わせる

トヨタルーミーはトールワゴンというパッケージングで、日常ユースでの使用がメインとなる方が大半だと思います。

それを考慮してか、ルーミーのカラーバリエーションは比較的にどれも親しみやすいカラーとなっている為、好みで選んで問題ありません。

ポイント ②
機能で選ぶ

カラーにもそれぞれの機能というものがあります。

代表的な物だと、グレー系のカラーは汚れが目立ちにくい、レッド系は他色よりも鮮やかに、ホワイトは膨張色で他色よりも大きく見えるという特徴があります。

ポイント ③
リセールバリューで考えてみる

そもそもカラーに興味が無いという人は一考して頂きたいです。

トヨタで人気のカラーはホワイトやその 2トーンカラーなどのホワイト系が人気です。

あとはマイナーチェンジや特別仕様車として新たにラインアップされたカラーは希少価値が高い為、査定の際にはホワイト系と共にプラスに働くことが多いので、オプションカラーの価格で迷っている人にもオススメです。

トヨタ新型ルーミーお好みのボディーカラーはある?お勧めの色と内装色のまとめ

今回のご紹介は如何でしたでしょうか。

マイナーチェンジされたトヨタルーミーは新たなボディーカラー 2色が追加された他、内装色もグレードによってカラーだけでなく、機能性も異なる一台でした。

引用 https://toyota.jp/roomy/

特にカスタムグレードの撥水機能は非常に便利で、座り心地を損なうことなく汚れに強いシートとなっていて、アウトドアはもちろん子育て世代にもオススメできる装備であると感じました。

皆さんの車選びの参考になれば幸いです。

それでは楽しいカーライフを!

関連記事🔗トヨタ新型ルーミーマイナーチェンジ価格とより一層進化した点はどこ?

アイキャッチ画像 https://toyota.jp/roomy/

スポンサーリンク