トヨタルーミーが新たにマイナーチェンジを果たしました。販売チャンネルの統合やタンクとの統合も話題となっていますが、マイナーチェンジにより新機能も多数搭載し、グレード構成も刷新されています。今回はそんなトヨタルーミーの価格と進化したポイントをご紹介致します。

トヨタ新型ルーミーの概要

マイナーチェンジを果たしたトヨタルーミーをグレードに分けてご紹介致します。マイナーチェンジを果たしたルーミーは選べる 2つの“顔”を持っており、グレードによってフロントデザインの異なる 2種類から選択が可能です。

引用 https://toyota.jp/roomy

カスタムでは迫力のあるフロントグリルが際立ち、その顔立ちはどことなくアルファード/ヴェルファイアを思わせます。

リアのランプもクリアテールランプとなり、スポーティーな風合いとなっています。

ホイールもカスタムではブラックとメッキ塗装のものが標準装備され、フロントフェイスの迫力に負けない足元となっています。

引用 https://toyota.jp/roomy

G,Xではフロントフェイスはスッキリとしたデザインとなっており、親しみやすいデザインとなっています。

リアのランプはレッドとなっており、視認性に優れます。

カスタムと比較すると迫力のないデザインと思われがちですが、エアロパーツの形状はカスタムと共通となっている為、オプションパーツの選択によりスポーティーな風合いに仕上げる事ができる 一台となっています。

引用 https://toyota.jp/roomy

インテリアは共通となり、多彩なシートアレンジによって様々なシーンに対応します。

ドアポケット等の各種収納も装備され、フル乗車時にも快適なドライブを楽しむことができます。

スポンサーリンク

トヨタ新型ルーミーのグレードと価格

トヨタ新型ルーミーのグレードの特徴と価格をご紹介致します。

X

2WD
1,556,500円(税込)~
4WD
1,732,500円(税込)~

引用 https://toyota.jp/roomy

エントリーグレードモデルとなる Xは各ランプがハロゲンでマニュアルエアコンとなるなど装備が簡素化されていますが、助手席には電動パワースライドドアが標準装備されており、割り切った使い方をする人にはオススメのグレードです。

なによりも運転支援機能であるスマートアシストを標準装備している為、運転支援機能に関してはミドルグレードの Gと大差ない点もポイントです。

G

2WD
1,743,500円(税込)~
4WD
1,919,500円(税込)~

引用 https://toyota.jp/roomy

ミドルグレードとなる Gはその装備と価格のコストパフォーマンスの良さが売りの 一台です。

LEDのヘッドランプ、テールランプにブラックピラー、インテリアはシルバー架装のエアコンレジスター、ステアリングホイール仕様となり、質感の高い装備となっています。

引用 https://toyota.jp/roomy

機能も充実していて、オートエアコン、マルチカラーインフォメーションディスプレイが付いて各種データを表示してくれます。

G-T

2WD
1,864,500円(税込)~
4WD
設定なし

引用 https://toyota.jp/roomy

Gグレードにパワフルなターボエンジンを搭載したグレードです。

ノンターボエンジンと比較して約 30馬力アップしたターボエンジンは実に 1,500ccクラスと同等のパワーを持ち、燃費も 16.8Km/Lと非常に優秀です。

高速道路や荷物や人を乗せての移動が多い方にはオススメのグレードです。

後輪にもスタビライザーを装備し、リアタイヤの接地性及びロールが抑えられる事でスポーティーな走りを楽しめるのもポイントです。

カスタムG

2WD
1,914,000円(税込)~
4WD
2,090,000円(税込)~

引用 https://toyota.jp/roomy

Gグレードベースに専用のメッキパーツを各種にあしらったルーミーの最上級グレードです。

エクステリアでは前後のメッキグリルの他、LEDイルミネーション付きフォグランプが標準装備されます。

引用 https://toyota.jp/roomy

インテリアでは本革ステアリングにメッキドアハンドル、シートは撥水機能付きのシート表皮となり機能性が高められています。

内外装でメッキパーツによるトータルコーディネートが施されたカスタムは純正で高い完成度を持っている点もポイントです。

カスタムG-T

2WD
2,046,000円(税込)~
4WD
設定なし

引用 https://toyota.jp/roomy

カスタムにターボエンジンを搭載したモデルです。

15インチアルミホイールを装備し、スポーティーな仕上がりとなっています。

スポンサーリンク

トヨタ新型ルーミーマイナーチェンジでより一層進化した点は

マイナーチェンジされたルーミーにはいくつかの新機能があります。

①ウェルカムパワースライドドア

引用 https://toyota.jp/roomy

Xグレード以外の全てのグレードに追加される本機能は降車の際に登録しておくと、キーを持って車に近づくだけでドアロックのオープンとパワースライドドアが自動でオープンします。

雨の日などでドアが開くの待つ必要がなくなり、スムーズな乗車が可能です。

②予約ロック機能

引用 https://toyota.jp/roomy

パワースライドドアが閉まりきる前にロック操作をするとドアの閉止を待たずに施錠する事が可能です。

③進化した運転支援機能

引用 https://toyota.jp/roomy

マイナーチェンジされたルーミーでは全車にスマートアシストを標準装備しています。

特にカスタムG、カスタムG-Tでは全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール(停止保持機能あり) も新たに搭載し、長距離ドライブをサポートします。

④電子パーキングブレーキ

引用 https://toyota.jp/roomy

カスタムに標準装備される電子パーキングブレーキはこれまでの足踏み式からボタン式の物に変わり、運転席の足元スペース広く取る事が可能となりました。

トヨタ新型ルーミーマイナーチェンジ価格とより一層進化した点はどこ?のまとめ

今回のご紹介はいかがでしたでしょうか。

マイナーチェンジされたトヨタ・ルーミーは運転支援機能を全車に装備した安全なクルマへと進化しました。

運転支援機能が全車に標準装備というのは非常に心強いなと筆者は感じました。その他の細かな所も使いやすいよう改良されており、マイナーチェンジらしい正常進化であると感じました。

引用 https://toyota.jp/roomy

また、兄弟車であるタンクの統合や、スペイド・ポルテの生産終了などもあり、今後のルーミーはそれらのニーズにも答える必要があり、重要な役割を担う一台です。

皆さんの車選びの参考になれば幸いです。

それでは楽しいカーライフを!

スポンサーリンク

関連記事🔗トヨタ新型ルーミーお好みのボディーカラーはある?お勧めの色と内装色

アイキャッチ画像 https://global.toyota/jp/