スバル新型WRX S4フルモデルチェンジ!価格と内外装と進化した点

スバルのフラッグシップスポーツセダンとして登場した WRX S4が待望のフルモデルチェンジを果たしました。新開発エンジンに加えて、エアロダイナミクスを高めたボディ、新型アイサイトXなど多数の新装備も魅力なWRXの進化をご紹介致します。

あなたの愛車!お得に車を買い替える方法

ディーラーや販売店の下取り価格に言いなりの価格で契約したら絶対に損します.

損をしないためにも「下取りは必ず一括査定サイト」を使うこと!
《ズバット車買取比較》一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がるのです。

実際に20~50万円程度の価格差は、《ズバット車買取比較》車一括査定を使うと生まれます。
愛車をより高く売るチャンス《ズバット車買取比較》がお勧めです。

安心の実績!《ズバット車買取比較》で、あなたも愛車を最高値で売りませんか?

 

★☆ ご利用は簡単!入力は32秒で簡単!★☆

 

スバル新型 WRX S4とは

スバル WRX S4の初登場は 2014年で、スバルフラッグシップスポーツセダンとして、兄弟車であるWRX STIと同時に発売されました。

WRX S4とWRX STIは性格の異なる 2台であり、S4はAT専用で乗り心地を考慮しつつもスポーツセダンとしてのパフォーマンスを味わえ、STIはMT専用でこちらは完全に走りを重視したモデルでスポーツ走行に振ったモデルとなります。

引用 https://www.subaru.jp/wrx/s4/

WRX S4はATモデル限定という事もあり、アイサイトの運転支援機能が魅力の 一台でレヴォークのセダンモデルとしての見方が正しいとも言えます。

エンジンもSTIモデルと同等の出力を持ちながらも低速からトルクフルであり、CVTとシンメトリカルAWDの組み合わせも抜群で路面状況を問わず瞬時に鋭い加速をする事が可能です。

高性能に加えて、故障も少なく安全性も高い事からスピード警察の交通機動隊への採用実績もある信頼性の高い 一台です。

引用 https://www.subaru.jp/wrx/s4/

そんなS4は 7年の販売期間を経て 2021年にフルモデルチェンジを果たしました。

今回はSTIよりも 一足先のデビューとなりWRXの先陣を切る事となりました。

スバル新型 WRX S4グレード別 価格

スバルの新型 WRX S4のグレードと価格の 一覧です。

今回のグレード構成は前モデルよりも更に少ない展開で、ベースモデルとなるGT-Hと専用RECAROシートを中心に快適なドライブをサポートするSTIグレードの 2種に通常モデルのアイサイトと大きく進化したアイサイトXを搭載したEXを合わせた計 4グレードで構成されています。

GT-H
4,004,000 円(税込)~

GT-H EX
4,389,000 円(税込)~

STI Sport R
4,389,000 円(税込)~

STI SportR EX
4,774,000 円(税込)~

スポンサーリンク

GT-H/GT-H EXグレードの特長

引用 https://www.subaru.jp/wrx/s4/

2グレード構成のベースモデルという事もあり、装備は非常に充実しています。

アイサイトに関しても従来モデルよりも更にアップグレードされており、安全性の高いものとなっています。

引用 https://www.subaru.jp/wrx/s4/

これまでのドライブモードセレクトやアルミペダル、パドルシフトなどS4の走りを味わえる装備に加えて、内装ではシートヒーター、アンビエントライトを装備するなど高級セダンとしての 一面も持つグレードとなっています。

STI SportR/ STI SportR EXグレードの特長

引用 https://www.subaru.jp/wrx/s4/

スポーツモデルとして最上位グレードに設定されおり、快適なドライビングをサポートする装備が搭載されています。

内外装の各部がブラックに変更されており、全体的にスポーティーな雰囲気を感じられます。

特筆すべき装備としてはホールド性の高いRECAROシートと、ZF製電子制御ダンパーによる更に細かいドライブモードセレクトが可能な点です。

引用 https://www.subaru.jp/wrx/s4/

RECAROシートはS4の為に仕立て上げられた専用品です。

RECAROコンフォートシートに当たるSTYLE-JCをベースにランバーとサイドサポートが強化された WRX S4専用のシート形状です。

スポーツセダンとして位置付けられている WRX S4に相応しいシートと言えます。

引用 https://www.subaru.jp/wrx/s4/

ダンパーはZF製の電子制御ダンパーで、運転状況と車体の動きを複合的にセンシングして減衰力を瞬時にコントロールします。

これにより、タイヤの性能を極限まで引き出すハイパフォーマンスの走りと高級車のようなしなやかな走りを選択可能な次世代のダンパーです。

★ EX(アイサイトXの専用装備)

GT-H EXとSTI SportR EXには最新のアイサイトXが装備されています。

アイサイトXの機能はこれまでのアイサイトから更に機能を進化させた次世代の高度運転支援システムです。

引用 https://www.subaru.jp/wrx/s4/

搭載に伴って、デジタルコックピット、11.6インチセンターインフォメーションディスプレイ、ドライバーモニタリングシステム、ウェルカムライティングなど、安全面以外の装備も充実しています。

EXの価格差は約 39万円ですが、上記の装備と高度運転支援機能を搭載している点から考えると非常にリーズナブルです。

 

\★☆ ご利用は簡単!入力は32秒で簡単!★☆/

愛車をより高く売るチャンス《ズバット車買取比較》 

 《ズバット車買取比較》でしっかり見比べることで納得のいく買取をしてもらいませんか?

スバル新型 WRX S4の内外装

新型 WRX S4の内外装についてご紹介致します。

スバル新型 WRX S4の外装

SUBARU共通のデザインフィロソフィー “DYNAMIC x SOLID” をさらに進化させた “BOLDER”「WRX S4」のキャラクターに適応させ、「Aggressive」というデザインコンセプトのもとに創り上げています。

引用 https://www.subaru.jp/wrx/s4/

今にも走り出しそうな前傾軸、ヘキサゴングリルからはじまる塊感、内側から外側に張り出したフェンダーにより、「 一目で走りへの期待を駆り立て、あらゆるシーンでパフォーマンスを感じられる」デザインを実現しています。

引用 https://www.subaru.jp/wrx/s4/

また、樹脂ガーニッシュの部分にはエアアウトレットが用意され、前後のホイールハウス内の空気を積極的に排出し、揚力と乱流を低減しています。 

スバル新型 WRX S4の内装

ボクサーの水平をモチーフに、直線的なデザインとなっています。

アイサイトX搭載のEXでは大型ディスプレイとデジタルコックピットが標準装備される為、より先進的な内装となっています。

引用 https://www.subaru.jp/wrx/s4/

エアコンルーバーはこれまでの形状から大きく変更され、シルバーガーニッシュ仕上げのデザインと共に美しい仕上がりとなっています。

引用 https://www.subaru.jp/wrx/s4/

内装の各部にはレザーとステッチが配され、快適かつ高級感のある室内空間を演出しています。

グレード・オプションでシート材質をセレクトオーダーできるのも魅力的です。

スポンサーリンク

スバル新型 WRX S4進化した点

スバル新型 WRX S4の進化した点について走行性能を中心にご紹介致します。

引用 https://www.subaru.jp/wrx/s4/

走行性能でまず注目したいのは新開発の 2.4L水平対向 4気筒ターボエンジンです。

型式はFA24で、最高出力 275ps/5,600rpm、最大トルク 38.2kgf・m/ 2,000-4,800rpm、燃費はJC08モードで 12.7km/Lとなっています。

エンジンの特長としては低回転からパワフルで、どこからでも吹け上るハイパフォーマンスエンジンと言えます。

引用 https://www.subaru.jp/wrx/s4/

先代モデルよりも 25ps、13.6kgf・mの出力ダウン、燃費は 0.9km/Lアップとやや控えめな印象を受けますが、低回転域のレスポンスアップと+400ccの余裕を全域で感じられるのが試乗した感想となります。

引用 https://www.subaru.jp/wrx/s4/

ここからは筆者の推測となりますが、今回よりターボをウェストゲート・バイパスを電子制御式に変更しています。

更にこのエンジンは元々アセント(北米向けSUV)に搭載され、ハイパフォーマンスモデルへの搭載は “初” が故にスバルとしても様子見している段階とも言えます。

年次改良やECUのアップグレードなどにより、眠れる潜在能力が解放される日もそう遠くはないと考えています。

引用 https://www.subaru.jp/wrx/s4/

シャシーとボディは、スバルグローバルプラットフォーム×フルインナーフレーム構造を採用し、ステアリング応答性を高めつつ、しなやかに曲がる事を意識した作りとしています。

剛性もフロント横曲げ 14%、ねじり 28%高められています。

スバル新型 WRX S4フルモデルチェンジ!価格と内外装と進化した点 まとめ

今回のご紹介は如何でしたでしょうか。

スバル新型WRX S4はプラットフォームやエンジン、アイサイトを進化させて確実に進化していました。

高いパフォーマンスはそのままに走りと居住性の質感が大幅に向上しているというのが筆者の感想です。

引用 https://www.subaru.jp/wrx/s4/

WRX S4は STIとは双子の兄弟ともいうべき車なので、スポーツに偏るのではと心配していましたが、安全性能を軸に質感と高いパフォーマンスが活きている WRX S4のキャラクターを崩さずに進化させてくれたのは非常に嬉しいと思いました。

2021年内では全国で展示スケジュールも公開されている為、是非 一度、見て頂きたい 一台です。

皆さんの車選びの参考になれば幸いです。

それでは楽しいカーライフを!

アイキャッチ画像 https://www.subaru.jp/wrx/s4/

関連記事🔗スバル新型 WRX S4ボディカラー 8色と内装色!お勧めカラーは

 

あなたの自動車保険がもっと安くなるかも?

ディーラーや保険会社に言われるまま、自動車保険、ず~と同じ保険会社に入っていて見直してない方にチャンスです。
今より少しでも安くなる方法を試してみませんか。

自動車保険の無料一括見積もり依頼サービスをちょっと使って2~3万円安くなる方法をご紹介します。


『保険スクエアbang! 自動車保険』
は、最大20社の自動車保険に一括で見積もり依頼ができるサービスです。

・3~5分で入力でき、複数の保険会社に見積もり依頼ができます!
・250万人以上の方が利用しています。
・見積もり後、すぐに見積もり結果が分かります。
・安くなった平均保険金額約25,000円位

こんなに安くなると一度、一括査定サイトはいかがですか

1回3~5分で・・・登録完了  

保険スクエアbang! 自動車保険公式サイトはこちら

\『保険スクエアbang! 自動車保険』無料一括見積もり依頼サービスは/

スポンサーリンク