シビックタイプR新型2022!パフォーマンスとスペック&カラーをご紹介

2022.7/21にお披露目となったシビックタイプR新型 2022は、究極のFFスポーツとして君臨するシビックのピュアスポーツモデルです。今回はそんなシビックタイプRのパフォーマンスと装備、スペックとボディカラーについてご紹介致します。

シビックタイプRの外装

先代モデルよりも無駄が削ぎ落されてスタイリッシュになったベースモデルを踏襲しているのが新型シビックタイプRの特徴と言えます。

そのスッキリさからベースモデルと共通部分が多いようにも感じますが、ベースモデルと共用しているパネルはフロントドアとルーフのみというからタイプRへの拘りが感じられます。

引用 https://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/

エアロダイナミクスを極限まで高めた新型ではダウンフォースはもちろんの事、冷却にも配慮がされたモデルとなっています。

大型ブレーキと幅広タイヤを納める為、フェンダーはオーバーフェンダー仕様となっており、全幅はベースモデルの 1 800mmから先代同様 + 50~80mm程の拡大となりそうです。

引用 https://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/

リアには専用のディフューザー、エキゾースト、ウィングが目立ちます。

リアウィングは形状を最適化し、アルミダイキャスト製の軽量ステーも採用して強大なダウンフォースと低ドラッグを実現しています。

引用 https://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/

エキゾーストはアクティブサウンドコントロールシステムも採用しており、低速でのトルク確保と高回転域での抜けの良さも追及した逸品です。

シビックタイプRの内装

インテリアはタイプRの伝統でもあるレッドを採用したレーシーな雰囲気に仕上げられています。

引用 https://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/

エアコンアウトレットはベースモデル同様にインパネと 一体化しているものですが、タイプRでは艶消し塗装にする事で太陽光の反射を極限まで減らし、運転に集中できるよう配慮されています。

ハンドルはレッドステッチの入ったバックスキンで、非常にスパルタンな仕上がりとなっています。

引用 https://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/

シートはドライバーに掛かるGからドライビングポジションを保持できるよう、サポートが高く設定されています。

加えて、シート繊維も軽量なものにする事でシートの軽量化も行っています。

引用 https://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/

メーターはドライブモードに対応したグラフィックが用意されており、+Rモードでは高回転を見易く、シフトインジケーターも見やすくするものとなっています。

スポーツ走行時は積極的に高回転を使う他、水温や油温などに異常がないかを人目で確認できる為、非常に便利です。

引用 https://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/

ナビゲーションシステムにはサーキット走行でのデータロガーを効率よく取るHonda LogRが装備されており、水温・油温・油圧・ブースト圧などのデータをディスプレイに表示可能です。

引用 https://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/

加えて、サーキット毎のラップタイムをタイプRオーナーと競えるラップタイマーも装備しています。

引用 https://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/

 

国内 13サーキット(JAF/FIA認定)でスピードリミッターをOFFにできる機能を搭載しています。

GPSによりコースを特定し、安全かつ確実に速度制限(180km/h)を解除できる仕様となっています。

スポンサーリンク

シビックタイプRのパフォーマンス・スペック

エンジンは先代モデル同様の 2 000ccVTECターボエンジンであるK20Cが搭載されます。

引用 https://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/
引用 https://www.honda.co.jp/auto-archive/civic/type-r/

スペックは馬力で 10ps、トルクで 20N・mアップした最高出力 330ps、最大トルク 420N・mとなっています。

レスポンスを追及したというこの新型シビックタイプRでは、軽量クランク、水冷エキマニ、改良型ターボチャージャーの採用により、数値以上の変化を体感できるという事から期待が高まる 一台となっています。

引用 https://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/

ブレーキは先代同様にフロントに 350mmの 2ピースローター&対向 4POTキャリパーを装備しており、ストッピングパワーに優れています。

新型ではホイールが 19×9.5Jとなり軽量化に寄与する半面、タイヤサイズは 265/30R19と拡大しメカニカルグリップを高めているのが特徴です。

引用 https://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/

 

先代モデルでもチューニング業界ではブーストアップしたエンジンパワーを受け止める為、255/265幅がトレンドであった事から、純正採用となりタイヤサイズに合わせてアライメントやサスペンションの各部が補強・最適化された事は大きな進化と言えそうです。

 

引用 https://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/

 

加えて、足回りではドライビングモードに適した減衰力を提供するアダプティブダンパーを装備し、スポーツ走行からロングドライブまでを快適に過ごす事が可能です。

シビックタイプRの安全装備

新型シビックには進化したHonda SENSING(ホンダ センシング)を搭載予定です。

カメラの改良により、夜間・雨天時の精度を更に向上させた改良型となっています。

引用 https://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/

 

更に、ベースモデルでは上級グレードのEXとe;HEVにのみ装備されていたハイビームの照射範囲を自動的に変更するアダプティブドライビングビームを標準装備しており、夜間運転時の視界を大幅に改善してくれます。

シビックタイプRのボディーカラー

シビックタイプRのボディーカラーは全 5種となっています。

チャンピオンシップホワイト

引用 https://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/

タイプR伝統のチャンピオンシップホワイト

ソニックグレーパール

引用 https://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/

ステルス戦闘機のようなグレー、新たなタイプRのカラーとして人気上昇中です。

クリスタルブラックパール

引用 https://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/

高級感漂うブラックパール、ウィングやデフューザーと共にブラックとなり、他を圧倒する迫力を持ちます。

フレームレッド

引用 https://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/

タイプRの赤を全身に纏う、エネルギッシュなカラーリングです。

レーシングブルーパール

引用 https://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/

先代モデルで人気のあったレーシングブルーを新型にもラインアップ、爽やかなブルーと赤バッチのコントラストがレーシーなカラーリングです。


車のサブスク【SOMPOで乗ーる(そんぽでのーる)】

・車検代や税金などの支払いの煩わしさがないところが助かります。

シビックタイプRの価格とグレード

グレードはタイプRのみの 1グレードで、価格は予想で 510万円~となりそうです。

引用 https://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/

ベースモデルの価格上昇が 30万円程のアップであった事から先代タイプRの価格が 475万円で、軽量化が施されたTYPE R・Limited Editionは 550万円となっている事からもその中間の価格となることが予想されます。

《車買取》30秒で無料一括査定。愛車を一番高く売るなら♪

 

新型シビックタイプR、進化したパフォーマンスとスペックをご紹介まとめ

今回のご紹介は如何でしたでしょうか。

新型シビックタイプRでは先代モデルのタイプRを更に熟成・進化させたモデルとなっています。

先代モデルとは言え、極限まで高められたタイプRは開発コンセプトであるUltimate SPORT 2.0に相応しいと感じました。

引用 https://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/

初販のエンジンの仕様についてはタイプRの敷居を下げる為に、常用域もかなり視野に入れたという事から、よりスパルタンな特別仕様にも期待したい 一台です。

皆さんの車選びの参考になれば幸いです。

それでは楽しいカーライフを!

アイキャッチ画像 https://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/

関連記事🔗新型シビックの内外装!気になる新型ハイブリッドe:HEVの新型価格

関連記事🔗新型シビックのボディーカラーをご紹介!内装色人気色ズバリお勧めは

スポンサーリンク