新型SUVカローラクロス日本でのサイズ感は?驚きの価格と荷室の広さ

トヨタのグローバルスタンダードカーであるカローラからSUVモデルであるカローラクロスがデビューしました。カローラの実用性に加えてSUVの性能を備えたカローラスポーツの価格やボディサイズの拡大によって気になるサイズ感をご紹介致します。

あなたの愛車!お得に車を買い替える方法

ディーラーや販売店の下取り価格に言いなりの価格で契約したら絶対に損します.

損をしないためにも「下取りは必ず一括査定サイト」を使うこと!
《ズバット車買取比較》一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がるのです。

実際に20~50万円程度の価格差は、《ズバット車買取比較》車一括査定を使うと生まれます。
愛車をより高く売るチャンス《ズバット車買取比較》がお勧めです。

安心の実績!《ズバット車買取比較》で、あなたも愛車を最高値で売りませんか?

★☆ ご利用は簡単!入力は32秒で簡単!★☆

新型SUVカローラクロスとは

カローラクロスはカローラTOURINGのプラットフォームをベースにしたSUVです。

引用 https://toyota.jp/corollacross/

トヨタの中ではC-HRとハリアーの中間に位置するモデルとして用意されていますが、デザイン・個性に溢れたC-HRやRAV4のダイナミック&スポーツさを受け継ぎつつも、実用性を持つヤリスクロスやライズ、上質かつエレガントなハリアーの要素も受け継ぐ、トヨタSUVの全ての遺伝子を持つ 一台であるとも言えるカローラを名乗るのに相応しい 一台と言えます。

引用 https://global.toyota/jp/

ボディサイズをSUVに拡大した 一方で、日常の使い勝手を常に優先しており、プラットフォームには改良を加えつつも熟成されたものを使用している事から、カローラクロスとしては初代となりますが、その完成度はカローラの歴史を継ぐ 一台として間違いありません。

 

\★☆ ご利用は簡単!入力は32秒で簡単!★☆/

愛車をより高く売るチャンス《ズバット車買取比較》

カローラクロス日本でのサイズ感は?

カローラクロスの日本でのサイズ感は普通か、やや大型と言えるでしょう。

カローラクロスのボディサイズは全長 4,490mm/全幅 1,825mm/全高 1,620mmです。

既に発売されているカローラはボディサイズが全長 4,495mm×全幅 1,745mm×全高 1,460mmであり、主に大きくなっている全幅が狭い道路などでボディの大きさを実感すると思います。

引用 https://global.toyota/jp/

ですが、最小回転半径は 5.2mとカローラTOURINGと同等を維持しており、車格が 一つ上のハリアーの 5.5mよりも取り回しは確実に良いのは間違いありません。

引用 https://toyota.jp/corollacross/

オプションではパノラマビューモニターも用意されており、駐車の際も後方だけでなく車両周辺をリアルタイムでサポートしてくれます。

スポンサーリンク

カローラクロスのグレードと価格は 199万9千円~

カローラクロスのグレードは大きく分けて 2つのラインで販売されており、ハイブリットシステムを搭載するモデルとガソリンエンジンを搭載するモデルが存在します。

ガソリンエンジンモデル

ガソリンエンジンモデルには 1,800ccの自然吸気直列 4気筒エンジンを搭載しています。

燃費はWLTCモードで 14.4Km/Lと標準的ですが、パワーは必要 十分で、大きくなったSUVの車体を引っ張ってくれます。

ハイブリッドモデル

ハイブリッドモデルではカローラTOURINGと同じ 1.8L+モーターを備えるハイブリットシステムが搭載されます。

引用 https://toyota.jp/corollacross/

燃費 26.2Km/Lと優秀で、モーターによるトルク感溢れる加速は 2,500cc級エンジンの低速トルクを与えてくれます。

G“X” (4WD)
1,999,000 円(税込)~

引用 https://toyota.jp/corollacross/
引用 https://global.toyota/jp/

カローラクロスのエントリーグレードモデルです。

トヨタセーフティーセンス、LEDヘッドライト、電子パーキングブレーキ、7インチディスプレイオーディオなど、一通りの装備を標準装備しているコストパフォーマンスの高いグレードです。

G (2WD)
2,240,000 円(税込)~
HYBRID G (2WD)
2,590,000 円(税込)~
HYBRID G (E-Four)
2,990,000 円(税込)~

HYBRID G E-Four

引用 https://toyota.jp/corollacross/

スポーティーシートにパーキングブレーキサポート、スマートエントリーキーを備えたミドルグレードモデルです。

S (2WD)
2,400,000 円(税込)~
HYBRID S (2WD)
2,750,000 円(税込)~
HYBRID S (E-Four)
2,959,000 円(税込)~

引用 https://global.toyota/jp/

17インチアルミホイールに、専用のエアロパーツ、インテリアでは本革センターコンソール、左右独立温度コントロール機能がついたエアコンを装備するハイミドルグレードモデルです。

他にもコンソール内のUSB端子が増えるなど、充実した装備が魅力です。

Z (2WD)
2,640,000 円(税込)~
HYBRID Z (2WD)
2,990,000 円(税込)~
HYBRID Z (E-Four)
3,199,000 円(税込)~

引用 https://toyota.jp/corollacross/

最上位グレードのZグレードではヘッドランプがBi-BeamLEDヘッドライトへアップグレードされる他、LEDフォグランプ、ハンズフリーパワーバックドアも標準装備となります。

インテリアでは自動防眩ミラー、運転席パワーシートに運転席/助手席にシートヒーターが標準装備となり快適性が大幅に向上しています。

引用 https://toyota.jp/corollacross/

価格はベースとなるカローラTOURINGとほぼ同等を維持しているのも特徴です。

また、HYBRIDモデルには 4WDがラインアップされており、ラゲッジスペースに若干の減少がありますが、E-Fourによる絶大な安定感と後輪サスペンションが独立懸架になる乗り味はHYBRIDシステムの重量増を感じさせないものとなっています。

スポンサーリンク

カローラクロスの快適な車内と荷室の広さ

カローラクロスの室内空間は広々としており、快適な物となっています。

引用 https://toyota.jp/corollacross/

フロントシートはもちろん、後席においてもボディのリアゲートにかけてのラインが緩いためヘッドクリアランスもしっかりと確保されており、乗員全員が快適に過ごす事が可能です。

引用 https://toyota.jp/corollacross/

また、カローラクロスは後席の創りにも拘っており、リアシートのサイドサポートをやや高めにする事でホールド性を高めています。

悪路を走るSUVのリアシートでは近年、このようにしてホールド性を高めている車種が増えてきているので、その辺りのトレンドをしっかり押さえているのもポイントと言えます。

引用 https://toyota.jp/corollacross/

ラゲッジスペースはSUV化によって拡大した開口部の広さやそれに伴う室内空間の大きさが実用性を高めています。

5名乗車の際にも確実にラゲッジスペースが確保されているのは、非常に便利でシートや足元に余計な物を置かずに広々と使えるところは快適性のアップにも繋がります。

引用 https://toyota.jp/corollacross/

セカンドシートは 6:4可倒式で荷物や乗車人数に合わせて自由なシートアレンジが可能です。

最新トヨタセーフティセンス

カローラクロスには最新のトヨタセーフティセンスが搭載されており、これまでの機能に加えてパーキングサポートブレーキとバックガイドモニターをG“X”を除く全グレードに標準装備し、駐車場など狭い場所でも安心して運転が可能となっています。

引用 https://toyota.jp/corollacross/

さらに、障害物の有無にかかわらずペダル踏み間違い時の急加速を抑制するプラスサポートを設定しています。

新型SUVカローラクロス日本でのサイズ感は?驚きの価格と荷室の広さのまとめ

今回のご紹介は如何でしたでしょうか。

トヨタの新型SUVあるカローラクロスは国内においても取り回しがしやすく、実用性に溢れた 一台であると感じました。

また、SUVの名に恥じず、しっかりと 4WDモデルをラインアップしているところにもトヨタの拘りとカローラクロスという車の性能の高さを裏付けるものであると感じました。

引用 https://toyota.jp/corollacross/

個人的にはトヨタのSUVのいいとこ取りをした 一台で、デザインも凝りすぎていない事から初めてSUVというジャンルの車を買う人にもオススメしたいです。

皆さんの車選びの参考になれば幸いです。

それでは楽しいカーライフを!

 アイキャッチ画像 https://global.toyota/jp/

あなたの自動車保険がもっと安くなるかも?

ディーラーや保険会社に言われるまま、自動車保険、ず~と同じ保険会社に入っていて見直してない方にチャンスです。

今より少しでも安くなる方法を試してみませんか。

自動車保険の無料一括見積もり依頼サービスをちょっと使って2~3万円安くなる方法をご紹介します。


『保険スクエアbang! 自動車保険』
は、最大20社の自動車保険に一括で見積もり依頼ができるサービスです。

・3~5分で入力でき、複数の保険会社に見積もり依頼ができます!

・250万人以上の方が利用しています。

・見積もり後、すぐに見積もり結果が分かります。

・安くなった平均保険金額約25,000円位

こんなに安くなると一度、一括査定サイトに1回3~5分・・・登録完了

 

\『保険スクエアbang! 自動車保険』無料一括見積もり依頼サービスは/

スポンサーリンク