2020年 6月に発売が予定のダイハツの新型タフト。人気の軽自動車メーカーであるダイハツから遂に待望のクロスオーバーSUVが登場しました。特徴的な大きなガラスルーフを装備し、SUVとしての性能を内装外装で揃えているダイハツタフトの情報をご紹介致します。

ダイハツ新型タフトはどんな車!

引用 https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/
引用 https://www.daihatsu.com/jp/news/

新型ダイハツタフトの初登場は 2020年東京オートサロンで、「Waku Waku」をベースにしたコンセプトカーである「TAFTコンセプト」として展示されました。

引用 https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/

ブース名からもわかる通り “遊び心” をテーマにしたものとなっており、車づくりの段階から大開口のガラスルーフや汚れに強いシート・内装を装備し、アウトドアシーンを主眼においたうれしい機能的なポイントが多いのも特徴です。

ダイハツとしてのラインアップでは唯一のクロスオーバーSUVとなるモデルなだけに待望の 1台と言える車です。

引用 https://www.daihatsu.com/jp/facilities/hw/learned/event/

また、ダイハツは過去にもタフトという車を販売しており、1974年~1984年の約 10年間日本国内で販売されていました。

この旧タフトは現在の車で言う所ジムニーのような小型車でありながら強固なラダーフレームを採用し、パワフルな走りを見せました。

その走りは高く評価され、国内販売が終了してからも海外で改良が加えられながら生産されました。

新型タフトのライバルの大本命は同クラスの軽自動車SUVスズキハスラーと言われており、旧タフトもスズキジムニーのライバルであったことから、因縁の対決と言えます。

スポンサーリンク

ダイハツ新型タフトのグレード別価格

ダイハツ新型タフトは 3グレード構成となっており、エントリーグレードの X、ミドルグレードの G、ターボエンジンを搭載した Gターボがラインアップされており、各グレードには FFの2WDと 4WDを発売予定です。

以下に新型ダイハツタフトの価格を記します。

・X
( F  F ) 1,353,000円~(税込)
(4WD) 1,479,500円~(税込)

・G
( F  F ) 1,485,000円~(税込)
(4WD) 1,611,500円~(税込)

・G ターボ
( F F ) 1,606,000円~(税込)
(4WD) 1,732,500円~(税込)

各グレードの価格差は 10数万円ほどに留まっている事を見ると、どのグレードにおいても満足度の高い車であるという予想ができます。

ダイハツ新型タフトの特徴は大きなガラスルーフ装備

ダイハツ新型タフトの最大の特徴は、スカイフィールトップと言われる大きなガラスルーフです。

引用 https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/

従来のサンルーフのような屋根に空いた穴というよりもルーフ全体が窓のようになっており、非常に開放感のあるものとなっています。
UV(紫外線)、IR(赤外線)のカット機能もあるので、室内においても快適に過ごせるところもポイントです。

前席シート後部まで伸びるこのガラスルーフは驚く事に全グレードに標準装備となっています。

★ガラスルーフの豆知識と新型タフトのガラスルーフの秘密

ガラスルーフはいくつかの車種で、オプション扱いとなっているのを見かけると思います。

オプションを選択する事でガラスが付く事になります。

しかし、実はルーフに穴を開けるというのはボディ剛性を確保する上で非常に都合が悪く、加えて軽量なボディの鉄板から肉厚なガラスが装着される事で重量増にもなる事から、サンルーフを装着した車はボディを中心とした車体の補強が行われる事があります。(ハイパフォーマンスなスポーツカーやスーパーカーにサンルーフ設定が無いのはこのような理由によるもの)

引用 https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/

このような経緯もあり、サンルーフはユーザー視点ではオプション価格が高く、メーカー視点では売れない割に生産性もイマイチという双方のデメリットが目立ちました。ですが、サンルーフは外観においてもその存在感を示し、車内において高い開放感がある事から 一部のユーザーから根強い人気がありました。

全車標準装備とした新型タフトは設計段階からガラスルーフを付けることを前提にされており、不要な補強がなくなる事で重量増を抑えてかつ大開口を手に入れ、全車標準とし生産性を高める事で価格も抑え、ダイハツタフトのアイデンティティにもなるというメリットの大きい事であると考えられます。

スポンサーリンク

ダイハツ新型タフトはどんな車!価格と大きなガラスルーフ装備とは?まとめ

今回のご紹介は如何でしたでしょうか。

引用 https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/

新型タフトは大きなガラスルーフを標準装備しながらも高いコストパフォーマンスがあると感じました。

クロスオーバーSUVとしては後発の新型タフトですが、その価格と装備を考えると人気がでそうな 1台と言えます。

遊び心をテーマにしている事から純正オプションパーツも豊富にある事が予想されます。

発売間近となっていますが、今後も期待のかかる 一台と言えます。

皆さんの車選びの参考になれば幸いです。

それでは楽しいカーライフを!

関連記事🔗ダイハツ新型タフトのボディカラーは?お勧めカラーと内外装をご紹介

アイキャッチ画像 https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/

スポンサーリンク