新型のスズキソリオ/ソリオバンディットが今年 12月に登場しました。スタイリッシュな外装と内装の質感を向上させた完成度の高いモデルです。今回はそんな進化したスズキソリオ/バンディットのボディカラーと内装色をご紹介致します。

スズキソリオ/ソリオバンディットのボディーカラー!

スズキソリオとソリオバンディットのボディカラーを一挙にご紹介致します。

ソリオ/ソリオバンディットカラー

メロウディープレッドパール

引用 https://www.suzuki.co.jp/car/solio/
引用 https://www.suzuki.co.jp/car/bandit/

高級感のあるレッドパールです。

ワインレッドのような深みのあるレッドで、パールが入っていることにより深みがありながらも鮮やかな雰囲気を持っている上品なカラーです。

フレイムオレンジパールメタリック

引用 https://www.suzuki.co.jp/car/solio/
引用 https://www.suzuki.co.jp/car/bandit/

エネルギッシュなオレンジです。

コントラストの明るい色なので、エアロや車体のプレスラインがはっきりとわかる仕上がりです。

スピーディーブルーメタリック

引用 https://www.suzuki.co.jp/car/solio/
引用 https://www.suzuki.co.jp/car/bandit/

明るめのスポーティーなブルーです。

ソリオ/バンディット共にエアロを標準装備されている為、スポーティーなカラーもしっかりと着こなしています。

ピュアホワイトパール

メーカーオプション 22,000円(税込)

引用 https://www.suzuki.co.jp/car/solio/
引用 https://www.suzuki.co.jp/car/bandit/

ソリオ/バンディット唯一のホワイトカラーです。

オプション設定とされていますが、そのホワイトの迫力と高級感は多色にはない魅力があります。

オプション設定とされている事もあり、塗装品質は他色よりも高く、クリア層が暑いのもポイントです。

スーパーブラックパール

引用 https://www.suzuki.co.jp/car/solio/
引用 https://www.suzuki.co.jp/car/bandit/

オプション設定となっているブラックパールです。

このカラーはスイフトスポーツに採用されているカラーでもあり、塗装の中にガラスの粉末が入っている事で独特のカチッとした光の反射はスポーティーかつブラックの迫力を持ち合わせたスペシャルカラーです。

スポンサーリンク

ソリオ専用カラー

ネオンブルーメタリック

引用 https://www.suzuki.co.jp/car/solio/

クールなミントグリーンです。

ソリオ専用カラーとなっており、街中でのさり気ないオシャレさとアウトドアシーンにも映えるカラーリングです。

クラッシーブラウンメタリック

引用 https://www.suzuki.co.jp/car/solio/

モダンなブラウンカラーにメタリックの入ったソリオ専用カラーです。

メロウディーブレッドパールよりも暗めなで大人の渋いカラーです。

スターシルバーメタリック

引用 https://www.suzuki.co.jp/car/solio/

ソリオ専用カラーのシルバーで、バンディットでラインアップされているプレミアムシルバーメタリックよりも明るいシルバーで銀色のような色合いとなっています。

ソリオバンディット専用カラー

グリッターバイオレットパール

メーカーオプション 22,000円(税込)

引用 https://www.suzuki.co.jp/car/bandit/

スポーティーさと高級感を兼ね備えたソリオバンディット専用カラーです。

専用エクステリアとライティングデザインを持つソリオバンディットにマッチしているカラーです。

プレミアムシルバーメタリック

メーカーオプション 22,000円(税込)

引用 https://www.suzuki.co.jp/car/bandit/

ソリオの明るいスターシルバーメタリックよりも、ガンメタ寄りでソリッド感の際立ったカラーリングです。

スポーティーな外観を持つバンディットの為に用意されたシルバーカラーです。

ソリオバンディット専用 2トーンカラー

ソリオバンディットにはオプション設定で 2トーンカラーが設定されています。

ルーフがブラックになる事でどのカラーもスタイリッシュなエクステリアとなっています。

メロウディープレッドパール ブラック 2トーンルーフ

メーカーオプション 44,000円(税込)

引用 https://www.suzuki.co.jp/car/bandit/

カタログカラーにもなっているソリオバンディットの専用カラーです。

高級感のあるメロウディープレッドパールにピラーをブラックにする事で、上品さが加わった美しいエクステリアとなっています。

フレイムオレンジパールメタリック ブラック 2トーンルーフ

メーカーオプション 44,000円(税込)

引用 https://www.suzuki.co.jp/car/bandit/

エネルギッシュなオレンジにブラックの合わさった専用カラーです。

ルーフ・ピラーがブラックとなった事でスポーティーさがプラスされたスペシャルカラーです。

スピーディーブルーメタリック ブラック 2トーンルーフ

メーカーオプション 44,000円(税込)

引用 https://www.suzuki.co.jp/car/bandit/

スポーティーなスピーディーブルーメタリックにブラックを合わせた 2トーンカラーです。

スポーティーさが一辺倒だったブルーにブラックが合わさる事で高級感がアップしています。

プレミアムシルバーメタリック ブラック 2トーンルーフ

メーカーオプション 66,000円(税込)

引用 https://www.suzuki.co.jp/car/bandit/

ソリッド感を持つシルバーメタリックに、ブラックを合わせた 2トーンカラーです。

元々硬派なスポーティーカラーでしたが、ブラックが入る事で、スパルタンさが増しています。

スズキソリオ/ソリオバンディットのボディーカラーで人気お勧めの色は

筆者が選ぶオススメカラーをご紹介致します。

ソリオ
ピュアホワイトパール

引用 https://www.suzuki.co.jp/car/solio/

オプション設定に指定されているカラーですが、その品質とキャラクターはバンディットよりも大きなグリルを持つソリオにピッタリのカラーリングです。

標準で Aピラーがブラックに塗装されている為、ホワイトがスタイリッシュに際立つのもポイントです。

ソリオバンディット
メロウディープレッドパール ブラック 2トーンルーフ

引用 https://www.suzuki.co.jp/car/bandit/

ダーク系のカラーリングによりソリオバンディット独特のライティングデザインを活かしている事からオススメしました。

専用の 2トーンカラーであり、かつカタログカラーにもなっているこのカラーはやはり他のカラーリングと比較しても美しさ、カッコよさ、高級感のどれをとっても頭一つ抜けている完成度の高さを誇ります。

スズキソリオ/ソリオバンディットの内装色

次に内装色についてのご紹介致します。

ソリオ内装色

ブラック×ネイビーブルー

引用 https://www.suzuki.co.jp/car/solio/

ソリオの内装はブラックを基調にブルーとホワイトのラインが入っているのが特徴のカラーリングとなっています。

日常の普段使いに溶け込むカラーとなっていて、落ち着ける雰囲気があります。

ソリオバンディット内装色

ブラック×ブラウン

引用 https://www.suzuki.co.jp/car/bandit/

ソリオバンディットの内装はブラックとブラウンを基調としたカラーリングとなっています。

インパネの一部もブラウンとなっていおり、室内はぬくもりを感じるモダンな雰囲気を持っています。

スポンサーリンク

ボディーカラーの選び方

ソリオ/ソリオバンディットのカラーをご紹介致しましたが、中には色選びで迷っていたり、カラーは何でもいいけど車に合う色にしたいという方もいらっしゃると思います。

今回はそんな迷える色選びのポイントを 3つに絞ってご紹介致します。

①カタログカラーで選択する

カラー選びに迷っていて、失敗したくないと考えている方にオススメの選び方です。

カタログに載っているカラーはある程度のボディのデザイン設計段階で選ばれているカラーであり、そのカラーを元に各部の細かいラインやエアロをデザインしていきます。

その為、色合いは自然でボディデザインにマッチしたカラーリングとなります。

②機能で選ぶ

好みの色がある程度決まっている方にオススメな選び方です。

カラーによって様々な機能があり、例えば黒は太陽光を吸収する他、汚れが目立ちやすい。

シルバーは汚れが目立ちにくいが、艶は少なく見えやすい、赤は紫外線を吸収しやすい、などです。

この他にも各カラーによって様々な機能がありますので、好みの色がある程度決まっている方は機能についても調べてみる事をオススメします。

③下取り価格を予想して選ぶ

査定に有利なカラーを選びたい方にオススメのカラーです。

査定アップで選ぶならオプションのホワイトやバンディットのカタログカラーのツートンなどが対象です。

オプションカラーかカタログカラーから選ぶのが無難と言えます。

スズキソリオ/ソリオバンディットのボディカラーと内装色・人気色のまとめ

今回のご紹介は如何でしたでしょうか。

スズキソリオ/ソリオバンディットのボディカラーは豊富であり、選ぶ楽しさを感じました。

引用 https://www.suzuki.co.jp/car/bandit/

特にバンディットはツートンカラーも選択可能な他、スタンダードカラーも 一部でソリオとの差別化を図るなどコストの掛けられたモデルであると感じました。

今回のご紹介は如何でしたでしょうか。

それでは楽しいカーライフを!

関連記事🔗新型スズキソリオ/バンディットの価格と洗練された内外装・スペックは
アイキャッチ画像 https://www.suzuki.co.jp/car/

スポンサーリンク