新車選び先ずは外観、次にボディカラー色の選び方の三つポイントは?

新車・中古車選びは、先ずは外観・ボディカラー・性能・快適な乗り心地・価格ですよね。最近では地球に優しい。今回は特に新車ボディカラー色の選び方を三つのポイント(カタログ・機能・下取り)に絞りご紹介いたします。各社、車両ボディカラーを随時紹介したいと思います。

ポイント① カタログカラーで選択する

カラー選びに迷っていて、失敗したくないと考えている方にオススメの選び方です。

カタログに載っているカラーはある程度のボディのデザイン設計段階で選ばれているカラーであり、そのカラーを元に各部の細かいラインやエアロをデザインしていきます。

その為、色合いは自然でボディデザインにマッチしたカラーリングとなります。

ポイント② 機能で選ぶ

引用 https://gazoo.com/column/daily/

好みの色がある程度決まっている方にオススメな選び方です。

カラーによって様々な機能があり、例えば黒は太陽光を吸収する他、汚れが目立ちやすい。

シルバーは汚れが目立ちにくいが、艶は少なく見えやすい、赤は紫外線を吸収しやすい、などです。

この他にも各カラーによって様々な機能がありますので、好みの色がある程度決まっている方は機能についても調べてみる事をオススメします。

ポイント③ 下取り価格を予想して選ぶ

査定に有利なカラーを選びたい方にオススメのカラーです。

査定アップで選ぶならオプションのホワイトやバンディットのカタログカラーのツートンなどが対象です。

オプションカラーかカタログカラーから選ぶのが無難と言えます。

新車選び先ずは外観、次にボディカラー色の選び方の三つポイントは?のまとめ

ボディカラー選びで迷っている方にのボディカラー選びで役に立つ三つポイント参考になりましたか?

まだ、迷っている方は、オプションカラーかカタログカラーから選ぶのが無難と言えます。

また、記事の画像やカタログのボディカラーを参考に、色だけでなく実車を確認ください。

皆さんの車選びの参考になれば幸いです

それでは楽しいカーライフを!

スポンサーリンク

軽自動車社車両ボディカラー

スズキ

スペーシア

ハスラー

ラパン

スバル

ダイハツ

キャスト

タフト

タント

ムーブキャンパス

トヨタ

ニッサン

ルークス

ホンダ

N-BOX

N-ONE

N-WGN

マツダ

ミツビシ

ekクロス

スポンサーリンク

小型乗用車/普通自動車

BMW

MINI

スズキ

ソリオ/ソリオバンディット

スバル

ダイハツ

ブーン

ロッキー

トヨタ

C-HR

RAV4

カローラツーリング

シエラ

ハリアー

プリウス

ヤリス

ヤリスクロス

ライズ

ルーミー

ニッサン

キックス

ノート

ホンダ

マツダ

CX-30

CX-8

ミツビシ

デリカD5

スポンサーリンク